BIGBANG T.O.Pが7月8日に除隊決定!ソロ活動の予定は?

みなさん、こんにちは!

今回は、BIGBANGのメンバーT.O.Pの除隊が決定したことで、気になる今後の活動やソロ活動などについてご紹介していきたいと思います!

BIGBANGの関連記事

スポンサードサーチ

T.O.Pが除隊決定!

(参照:Twitter)

BIGBANGの中でも絶大の人気を集めていたメンバー、T.O.P(タプ)さん。

そんなT.O.Pさんの除隊日が決定したことが5月21日、明らかになりました!

T.O.Pさんは現在兵役中で、社会服務要員として服務中です。

2017年2月9日に兵役入隊(入所)し、江南(カンナム)警察庁で義務警察として兵役服務していました。

しかし驚くことに兵役中に大麻使用の疑いで起訴され、義務警察を職位免除となってしまったのです。

そんなT.O.Pさんが勤務中のソウル・ヨンサン区庁は、T.O.Pさんの除隊日が「7月8日」に決定したことを明らかにしました。

ファンのみなさん!タプさんの除隊日は「2019年7月8日」ですよ!

除隊日が明かされたということもあり、ファンのみなさんは今後の活動などの予定なども期待する時期ではないでしょうか?

というかT.O.Pさんが入隊してからもう約2年も経つんですね・・・早いな~。

除隊日が決定したということで、入隊してからのT.O.Pさんのことについてまとめてご紹介していきたいと思います!

T.O.Pさんは2017年2月に入隊し、義務警察として軍服務をスタートさせました。

タプさんといえば日本語はあまり得意なメンバーではありませんでしたが、メンバーを愛する、素敵でかっこいいメンバーですよね。

兵役入隊直前のライブでは涙を流し、タプさんとファンとは感動の渦にいました。

しかし、兵役に入隊したわずか数日後、「韓国人気アイドルBIGBANGのT.O.Pが大麻の容疑で警察に摘発された」という報道が飛び込んできたのです・・・!

ソウル地方警察庁麻薬犯罪捜査隊は、最近大麻使用の疑いがあったT.O.Pに対して、毛髪検査を実施。

ファンが”嘘であってほしい”と願うなか、「大麻吸引の陽性反応が出た。」という結果が公表されたのです。

ちなみに兵役中の大麻使用ではなく、入隊前の2016年10月、龍山区の自宅で元アイドル練習生の女性と4度にわたって大麻を吸引したとされています。

はじめはT.O.Pさん本人が大麻吸引の事実を否定をしていたのですが、最終的に容疑を認めたようでした。

T.O.Pさんが兵役中に大麻を使用しているという事実は、ある情報提供者からリークされたものとされています。

どんな関係の方が警察に報告したのかは明かされていないものの、T.O.Pさん自身もこのようなことが起き混乱していたことでしょうね。

この報道を受けたT.O.Pさんの所属事務所であるYGエンターテインメントは、「会社で確認した結果、報道された内容は事実だ。」と、しっかり認めた資料を提出しました。

さらに服務中でありながら問題になったのが、T.O.Pさんと一緒に大麻を使用していたという女性が、元恋人と噂される「ハン・ソヒ」という練習生であったこと。

このことが明かされた直後から、ファンの方々の怒りの声は多く見られるようになりました。

というのも、このハン・ソヒという女性は、本当にとても多くの問題を起こしている練習生。

ハン・ソヒは大麻使用に関しても、「先に勧めてきたのはT.O.Pのほうだ」や「電子タバコは私のものではない」など、自身のSNSで暴言のようなことをつぶやいていました。

それまでにもSNSに悪質なコメントをよく投稿していたハン・ソヒは、とうとう2018年1月9日、韓国番組の作家「カン・ミンヒョク」に告訴されてしまったほど。

長い練習生生活を送っているのに、未だにデビューできないというところも、このように問題があったからなんでしょう。

T.O.Pさんが大麻使用のみならず、そんな性格の悪さを露骨に出している練習生と一緒に大麻を使用していたということに対しても、ファンとしては怒りの声が向いてしまうのは仕方がないことですよね。

これまで大人気のトップスターとして知られていたT.O.Pさんが、兵役中に大麻使用で起訴されるという事実によって、これまでのイメージを下げることになってしまいました。

T.O.Pさんは服務中に浮上した過去の大麻喫煙の疑いで刑事起訴され、義務警察を職位免除。

その後、社会服務要員に転換されたT.O.Pさんは、ヨンサン区庁の竜山工芸館で代替服務を遂行してきました。

除隊日が決定したということで、T.O.Pさんに対するメディアなどにも注目が集まっているようですね。

繰り上げ除隊?

(参照:Twitter)

T.O.Pさんの除隊日が2019年7月8日に決定しましたが、実はこの除隊日は繰り上げされているということが明らかになりました。

現在ソウル龍山(ヨンサン)区庁で社会服務要員として軍代替服務中のT.O.Pさんですが、当初はもう少し先の除隊日が予定されていたのだとか。

除隊日決定の前まで、T.O.Pさんは2019年8月中に兵役除隊の予定となっていたそうなんです。

しかし、2018年に行われた国防改革2.0の「服務期間短縮規定」によって、除隊日が繰り上げられたのだそうです。

そういえば、ちょっと前に韓国アイドルの服務期間短縮などが話題になっていたことがありましたよね。

T.O.Pさんの除隊にも、服務期間短縮規定というものが適応され、結果的に除隊日が繰り上げということになったのです。

約1ヶ月の繰り上げというのは、期間としても一気に早まった気がしますね!

除隊日が繰り上げられたことによって、兵役軍務をしているT.O.Pさんの服務期間も、残すところわずかとなりました。

2017年2月に義務警察として入隊したT.O.Pさんですが、兵役中に過去の大麻吸引疑惑が明らかとなったことについては先ほどもご紹介しましたね。

それにより職位解除となりましたが、実は職位解除以降にもT.O.Pさんに対する議論は絶えなかったのだとか・・・。

T.O.Pさんは職位解除をされた翌日の6月6日、精神安定剤を過剰に服用して病院に搬送されました。

この事件は、韓国のみならず日本でも大きな話題となりましたよね。

当時の報道によると、T.O.Pさんは普段から服用している精神安定剤をいつも通り服用して眠りにつくものの、その後目を覚ますことがなかったため病院に搬送されたそう。

BIGBANGが知れ渡る各国で不安の声が広がりましたが、幸い命に別状はなく、4日間の入院をしたのち別の病院に移りました。

また、T.O.Pさんは2018年、連休や祝日の間に病気休暇を挟んで、長期間の休暇を取っていたようです。

9月にチュソク連休と、休務日の間に病気休暇を挟んで、おそらく意図的に9連休にしたのではないかとされているのだそう。

さらにこれよりも前の6月にも、韓国の祝日に同様の方法で4連休を取っているそうです。

T.O.Pさんは他の服務要員よりも、病気休暇を平均の3倍ほど使ったことも伝えられているのだとか。

そしてT.O.Pさんは、龍山区庁に勤務を開始した昨年1月26日から、合計でなんと19日もの病気休暇を出しているそうなのです。

このため韓国内では「特別待遇なのではないか?」という疑惑が浮上・・・。

しかし区役所はこれに対して、「芸能人だからと言って特別に病気休暇を許可したわけではない」と疑惑を否定しています。

これに対しT.O.Pさん本人も「パニック障害などの疾患があって病気休暇を取った」と話したものの、T.O.Pさんの病気休暇に関してはいずれも診断書が提出されていませんでした。

そのため、特別待遇の疑惑は現在も晴れてはいないようです。

そんなT.O.Pさんが日にちを繰り上げで除隊することは、おそらく韓国中が注目するだろうと言われています。

ただ、兵役中に大麻吸引や特別待遇疑惑などの問題が浮上したため、韓国内では繰り上げ除隊について歓喜の声は思ったほど多くは見られていないようです・・・。

スポンサードサーチ

ソロ活動は行うのか

(参照:Twitter)

繰り上げにより予定よりも早い除隊が決定したT.O.Pさんですが、ファンのみなさんが気になるのはやはり今後の活動についてですよね!

T.O.Pさんを除くほかのメンバーたち(ジヨンさん、テヤンくん、テソンくん)は現在、それぞれが兵役入隊中です。

マンネメンバーのスンリ(V.I)くんは、ご存じのとおり”バーニング事件”の関与やその他の事件で問題になっています。

そのため、BIGBANG5人全員が兵役を終えてグループ活動を再開するには、まだまだ時間がかかるということですね。

BIGBANGのなかでは一番はじめにT.O.Pさんが除することになりますが、グループ活動が再開できるようになるまではソロ活動をしていくことが予想されるでしょう。

これまでにもすでにソロ活動を経験しているT.O.Pさんだけに、ソロ活動をしていくことはそれほど負担なことではないと思われます。

除隊後のパフォーマンスがどうなっているか、今までと変わっていないのか、それともちょっと変わったのか・・・など、とても気になることだらけですね(笑)。

メンバー全員がそろわなくても、ユニットのような形で活動を再開することもできますから、それまでソロ活動をして繋いでいくのかな・・・?と個人的には予想しています。

しかしインターネット上では、おそらくT.O.Pさんのイメージや今の状態のなかでソロ活動をするのは難しいのではないかと言われているんですよね。

たしかにこれまで色々な問題があっただけに、やはりソロ活動をして上手くいくとは限らないのかもしれません・・・。

ソロ活動をするとしても、やはり年下女性との大麻吸引の事実や特別待遇などの疑惑がどうしても引っかかってしまい、以前のようにただ「カッコいい!」と純粋な思いで見ることが難しいようです。

これまでのT.O.Pさんがソロ活動をしたら間違いなく盛り上がるでしょうし、注目度も高まるでしょう。

しかし今の状況のままでは、違う意味で注目が集まってしまうとも言われています。

そして何より、日本ではT.O.Pさんの除隊を待ちわびる声が多く見られていますが、韓国内でT.O.Pさんに対する反応は正直あまり良いものではないのだとか。

除隊はもちろん、今後の活動やソロ活動にすら良いイメージを持たれていないようです。

韓国のインターネットユーザーたちは、とてもシビアにT.O.Pさんの件を捉えているようですね。

理由も理由ですから、無理もありません。

そのため今後T.O.Pさんの姿を見ることができるのは、おそらくメンバー全員が除隊してからになるのではないかと予想されていますね。

とはいっても、除隊後T.O.Pさんは芸能界に復帰することは間違いないのではないかと思われます。

韓国内では、T.O.Pさんのソロ活動については難しいと言われているもののBIGBANGを脱退することはないのではないかと言われているのだとか。

活動が無くても脱退さえしなければ・・・というファンの方も多いことでしょう。

しかし残念なことに、現在BIGBANGは元メンバーであるスンリくん(V.I)が関与したとされる「バーニングサン事件」によってかなりイメージダウンしてしまっている状態です。

スンリくんはクラブ”バーニングサン”での事件、さらに売春あっせん事件などに関与しているとされており、逮捕状が請求されている状態・・・。

さらにさらに、スンリくんの事件から新たに所属事務所YGエンターテインメントにも脱税疑惑が持ち上がるという始末。

この件により、BIGBANGに対する議論が相次いでいるというのが現状ですね。

ファンとしては「ソロ活動をするのかしないのか」というところに注目したいところですが、自分のみならず周囲で起きている状況の悪さをT.O.Pはどのようにして乗り越えるのかも気になるところです。

除隊後T.O.Pさんの今後の行方に、大きな関心を集めることは間違いないでしょう。

BIGBANGの関連記事

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、BIGBANGのメンバーT.O.Pの除隊が決定したことで気になる今後の活動やソロ活動などについてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・除隊日が7月8日に決定した!

・改定によって除隊日が繰り上げられた!

・ソロ活動の可能性は低いと言われている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)