EXOチャンヨルの作業室に中国人ストーカーが侵入!彼女と鉢合わせ騒動!

みなさん、こんにちは!

今回は、EXOチャニョルくんの自宅に中国人ストーカーが侵入したことや自宅に女性がいたことなど、話題になっていることをまとめてご紹介していきたいと思います!

EXOファン必見!EXOおすすめ記事

2019.02.05

スポンサードサーチ

チャンヨルの作業室に中国サセンファンが不法侵入!

(参照:Twitter)

本名:パク・チャニョル

ハングル表記:박찬열

出身地:韓国・ソウル特別市

生年月日:1992年11月27日生まれ

血液型:A型

身長:186cm

家族構成:父、母、姉1人

特技:楽器演奏(ギター、ベース、ドラム、ジャンベなど)

能力:Flame(火)

今や世界で大人気のK-POPグループEXOのメンバーであるチャニョルくんの作業室に、なんとサセンが侵入したとして大きな話題となっています。

2019年4月に、EXOのメンバーであるチャニョルくん作業室に中国人のサセンファンが侵入するという事件が起こっていたことが明らかになりました。

チャニョルの所属事務所であるSMエンターテインメントは、サセンが作業室に侵入したという事件を警察に通報したことを報告すると共に、ストーカー同然のサセンファンに対し自制を呼びかけています。

韓国メディアによると、「4月上旬、チャニョルの作業室に中国人のサセンファンが侵入しようとしていた」という報道をしています。

中国人のサセンファンがチャニョルくんの作業室に侵入しようとした際に、その作業室には人がいたものの、チャニョルくん留守にしていたようです。

作業室にいた人物はサセンファン達の行動を撮影し、その動画をチャニョルくんに送信。

その後、その動画を受け取ったチャニョルくんはサセンファンたちの行動を確認した後、警察に通報を行ったそうです。

チャニョルくんが所属するSMエンターテインメント側は、サセン侵入報道があった同日に「チャニョルとMQが共に使用している作業室に持続的なサセンファンによる侵害があり、通報するに至った」と発表。

さらに、「度を超えたプライバシーの侵害により、アーティストの苦痛と被害が深刻である」と明かし、プライバシー侵害行為を行うサセンファンへの自制を呼びかけました。

韓国の人気アイドルたちを長年追っていると、どうもファンとアイドルとの距離感が分からなくなることがあるんですよね。

自分がではなくて、例えばマスターたちが海外まで追って写真を撮り続けたり、朝早い収録などでも大群で待ち構えて写真を撮ったりしてるじゃないですか。

これが韓国のファン文化なのですが、これが悪化していくと距離感を見失って、歩いているアイドルと無理やり腕を組んだり、私生活までも付きまとってストーカー化したり。

チャニョルくんに対するこの行動って、もうファンでも何でもなくただのストーカー行為ですからね・・・。

作業室というプライベートな空間にサセンが侵入しようとしていたなんて、考えるだけで物凄く恐ろしいことですから、チャニョルくんの精神が心配すぎます。

EXOはもともと、デビュー当初からサセンファンによる被害が深刻だったと言われていますよね。

だからこそ関係者たちがもっとアイドルたちの生活に気を配ってほしいところなのですが、やはり私生活まで一つ一つ注意して見ているということは不可能でしょう。

ストーカー行為と同じことで立派な犯罪なのにもかかわらず、堂々とそんなことをできてしまうサセンの行動って、昔から本当に理解が出来ません・・・。

EXOもデビューして結構経ちますが、いつになってもサセンファンからの被害や迷惑行為はなくなることがありませんね。

今回、SMエンターテインメントは「サセンファンへの自制」を訴えかけていましたが、こんなことで自身の過ちに気付きサセン行為を辞めるなんてことはないでしょう。

サセンをしている人は、「サセン」が自分を指していることにさえも気付いていないかもしれません。

それほど恐ろしくて”普通”が通じない存在だから、何年も困っているんですよね・・・。

チャンヨルは不在・・・同居人に女性の存在?!

(参照:Twitter)

中国人のサセンファンが侵入したという報道によると、サセンファンがチャニョルの作業室に侵入しようとした際、その場所にはチャニョルくんではない別の人がいたと言われていますね。

サセンファンたちの行動を撮影した後、その動画をチャニョルくんに送信した人物です。

報道によるとどうやらそこにいた人物は女性だったそう。

そのためネット上では、その人物がチャニョルくんの彼女なのではないかという疑問が浮上しているのです。

今年4月初旬ごろ、チャニョルくんの作業室に中国のサセンファンが侵入し、警察に逮捕される事件が起こっていたことが明らかになっています。

その際、サセンファンが「チャニョルくん本人は不在だったものの、一人の女性がその作業室にいた」ことを目撃しているそう。

そのことが明らかとなり、ファンのあいだではこの女性の正体について、思わぬ波紋が広がっているようです。

事件があった今年4月、長い期間チャニョルくんのサセン(ストーカー行為)をしていた中国人のサセンファンが、チャニョルくんの作業室内に無断侵入しようとしました。

この際サセンは、部屋の呼びリンを何度も押したり、玄関ドアを強引に開けて押し入ろうとしたりしていたとのこと。

このときチャニョルくんの作業室には一人の女性が留守番しており、彼女は恐怖のあまりサセンファンが映った防犯カメラの映像をチャニョルくんに送信。

そしてこの映像を見たチャニョルくんがすぐに警察に通報し、サセンファンは住居侵入と出入国管理法違反で逮捕されたそうです。

この事件の際、サセンファンはチャニョルくんの作業室に女性が居たことを目撃。

その後、「この女性の正体は誰なのか?」と、ファンのあいだで騒動となり、チャニョルくんは度重なる被害を被ってしまったのです。

そもそもこの事件の重要なところは、「ストーカー行為を悪化させたサセンが作業室にまで侵入したという犯罪行為そのもの」なんですよ。

しかし、登場人物に女性がいたというだけで、そちらの女性の方に話題が向いてしまっているというのです。

「その女性は誰なのか」「彼女なのか」という騒動は、あまりにも論点をずらし過ぎという感じがしてチャニョルくんを心配しているという気持ちが全く感じられません。

作業室であるならば、音楽制作である以上チャニョルくんの単独作業でない限り女性がいても不思議ではありませんよね。

人気が高ければ高いだけ、騒がれ方も異常だな・・・と感じてしまいます。

サセンがアイドルのプライベートを脅かしているという時点でファンとしても不安で仕方がないのに、現場にいた女性の方が話題になっているのが不思議ですね。

EXOはデビュー当時から本当にサセン被害が尋常ではないくらい多く、これまでにも宿舎に侵入されたということがあったんです。

その当時はメンバーの下着が盗まれた・・・なんて噂も飛び交っていたりして、それだけ普通ではない行為ができるサセンがほとんどなんですよね。

しかも今回の場合、チャニョルくんの事件でありながら、別のグループのファンたちまで「作業室で女と会ってる」「彼女を隠すのに最適な場所」なんて煽っているのだとも言われています。

そのため、完全なストーカー被害を受けているチャニョルくんが、さらに別のことでまで被害を受けていることになってもう何が何だか・・・。

これって日本の考えだったら即逮捕ってくらいの犯罪行為なのに・・・それでもサセンって自分の行為の罪深さを理解できないから怖い存在なのですよね。

女性が一人で作業室の留守番をしていたということは、当然チャニョルくんとそこまで浅い関係性ということでもなさそう。

しかしそれが仕事の関係者かもしれないし、その女性が誰なのか?という論点のずれた話題がとにかく多く見られていました。

というかそもそも、この女性はたった一人だったんですよね。

その女性かなり怖かったでしょうね・・・。

通報で警察が間に合ったからまだ良かったものの、もしサセンがニヤニヤしながら侵入したチャニョルくんの作業室でまさかの女性と遭遇してしまっていたら、冗談じゃなく何をしていたか分からないですよ。

作業室にいた女性の存在が誰だとしても、大人気アイドルだからこそ大きな話題となってしまいましたね。

スポンサードサーチ

仕事仲間と弁解・・・

(参照:Twitter)

チャニョルくんの作業室に一人で留守番していたとされている謎の女性について、話題が大きく広がっています。

この女性の存在について、チャニョルくん(EXO)の所属事務所であるSMエンターテインメント関係者は「事件のあった部屋は、チャンヨルの作業室でもあるため、目撃された女性は一緒に音楽作業をするクルー(仕事仲間)の一人です」と説明しました。

”女性”ということでかなり話題が集中してしまっていましたが、所属事務所から「仕事仲間の一人」と発表されたことで謎が解けたとも思われましたが・・・。

チャニョルくんの作業室に、なぜ女性の仕事仲間が一人で留守番をしていたのかということで、ファンのあいだでは納得できないという声が多く見られましたね。

大人気アイドルともなれば、やはり女性と作業室にいるという空間自体が認められないのでしょう。

さらに所属事務所は、「度を越えたプライバシー侵害によって、アーティストたちの苦痛と被害が深刻なだけに、自制をお願いします。」と、秩序ある行動を呼びかけました。

こんな呼びかけの言うことを聞くような人間ならば、犯罪まがいの事件が起こることもそもそもないのですがね・・・(汗)。

所属事務所は、目撃されたこの女性はあくまで仕事仲間であることを強調しています。

とはいうものの、この女性は一人だったということですから、チャニョルくんがいたらこの女性と二人きりだったという可能性もあるわけですよね。

インターネット上では、そのような可能性なども浮上しさらにさまざまな憶測が広がっているという状況のようです。

作業室いた人物が女性であった、という点から浮上した、チャニョルくんの作業室にいた女性は誰か?という疑問。

ですが所属事務所は、「音楽作業を行うために集まったクルーの一人である」と、あくまでも仕事仲間を主張しています。

今回はチャニョルくんの作業室に女性がいたという件が問題視されていますが、話題の方向がすり替えられてしまった理由はある記者が原因だと言われているようです。

ある記者は、作業室に侵入した中国人のサセンのことよりも、作業室にいた女性のことにフォーカスを当てた記事を書いていたのだとか。

そこから急速にその事実だけが広まってしまい話題になったそうです。

しかし、多くのファンの方々は、もともとチャニョルくんやEXOのスタッフには女性クルーもいるということを十分知っているので、理解を示していた方も多かったようです。

むしろ理解していたファンたちは、なぜサセンによる犯罪行為よりも女性の存在にフォーカスを当てたのかということで怒って話題になっていたようですね。

仕事仲間として理解を示しているファンが多いなか、一部ではまだ疑問をぬぐえないという方も少なくないと言われています。

いつになってもなくなることが無い、サセンファンによる犯罪まがいの迷惑行為・・・。

こんなことがなければ、かけられなくても良い疑いをチャニョルくんが向けられることもなかったでしょう。

今回、SMエンターテインメントがサセンへと行った呼びかけにより、一人でも多くのサセンが自身の過ちに気付き、サセン行為を辞めてくれることを祈りたいですが・・・。

話が通じる相手ならばこんなことにはならないはずですよね。

チャニョルくんをはじめ、多くのアーティストたちがこんな被害を受けることがないように、もっと周囲(事務所など)からの守りもますます強めてほしいところです・・・。

EXOファン必見!EXOおすすめ記事

2019.02.05

まとめ

今回は、EXOチャニョルくんの自宅に中国人ストーカーが侵入したことや自宅に女性がいたことなど、話題になっていることをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・チャニョルの作業室に侵入したサセンは中国人!

・チャニョルは不在だったが女性がいた!

・仕事仲間だと言われているが彼女説が浮上!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)