DIAジェニ、突然の脱退!辞めた原因は、膝蓋軟骨軟化症?

みなさん、こんにちは!

今回は、DIAのメンバーであるジェニ突然の脱退発表と、ジェニの脱退原因となった膝蓋軟骨軟化症などについてご紹介していきたいと思います!

スポンサードサーチ

DIAジェニプロフィール

(参照:Twitter)

ステージ名:ジェニ

本名:イ・ソユル

ハングル表記:제니(ジェニ)、이소율(イソユル)

ポジション:ボーカリスト、ラッパー、ビジュアル

生年月日:1996年9月14日生まれ

身長:165cm

体重:47kg

血液型:A型

家族構成:父、母、姉

出身地:韓国・仁川広域市

趣味:絵を描くこと

特技:ピアノを弾くこと

好きな食べ物:パン

学歴:ソウル舞台芸術学校、舞台芸術専攻

サブユニット:L.U.B

Instagramアカウント:@s0yul96

ジェニちゃんは、DIAでビジュアル担当と言われているほど可愛らしく綺麗なビジュアルを持っているメンバーです。

年齢から見てみると、どちらかというと童顔で幼く見えるというイメージも強いかもしれませんね。

”Honey Vocal”というニックネームがあるほどきれいな歌声が魅力的で、甘く綺麗な歌声とかわいらしいビジュアルを持ち合わせるまさに天使。

日本語では”はちみつ声帯”とも呼ばれているかわいらしいニックネームを持っています。

歌っているときだけでなく、話しているときの声もかわいらしいため、女の子の憧れとも言える存在ですよね・・・ホントかわいいです。

幼くてちょっとあどけなくて、とにかくとってもかわいらしいお顔をしているのがジェニちゃん!

ジェニちゃんのビジュアルは「女の子が好きな顔」とも言われているようで、はいはい大納得という感じ(笑)。

もともとは髪が長かったのですが、バッサリ切り揃えたタンバルモリ(ショートカット)にイメージチェンジしたときの衝撃たるや・・・!

あまりのかわいさと似合いすぎていたその姿に、ファンたちみんなが雷に打たれたような衝撃を受けたこと間違いなしです(笑)。

今回のカムバで寝転がって歌う場面でジェニちゃんの腹筋の線見てたら消えたくなった!ジェニちゃんももっとビジュアルガンガン押すような仕事を持ってきて!

2015年10月にT-ARAのウェブドラマ『Sweet Temptation』にて、ウンジョンちゃんの姉妹役として出演した経験があります。

またジェニちゃんは「オルチャン」としても知られているので、グループ内でも認知度や知名度がある方ではないでしょうか。

ボーイズグループのなかではBTOBのファンのようですが、ロールモデルはガールズグループ「S.E.S」だと公言しているようですね。

好きなことは映画を観たり音楽を聴いたりすることで、一人の時間を大切にするタイプだと言われています。

趣味が絵を描くことなのですが、お母さんが美術の先生ということもあって、小さいころからお絵かきをするのが大好きだったようです。

所属事務所MBKエンターテインメントに入社する前は、SOURCE MUSIC エンターテインメントの研修生だったジェニちゃん。

SOURCE MUSICといえば、ヨジャチングが所属する事務所としても知られていますね。

実はジェニちゃんはGFRIEND(ヨジャチング)でデビューするはずだった練習生だったようで、GFRIENDがデビューした後に現在の事務所へと移籍したようです。

基本的には大人しい性格のようですが、Baby shark dance(サメダンス)などを踊ったりすることもあるというかわいらしい一面も。

たまにお茶目な姿も見せてくれるのですが、ステージなどでは色気のあるセクシーな表情も見せてくれたりするので、もう本当にこの子は何者なんだ・・・という感じ。

異性だけでなく、同性のファンからも「ギャップがたまらない!」と言われているくらいですからこの可愛さはマジの本物です(?)(笑)。

DIAのデビュー日がジェニちゃんの誕生日でもあるという、とってもおめでたいメンバーでもありますね。

肌がとっても綺麗ですが、メンバーたち曰く「よくパックをしている」とのこと(笑)。

あの綺麗で透き通るようなお肌は、そんな努力の賜物なのですね・・・!

そんなジェニちゃんは、膝の痛みのため2019年3月のカムバックに参加しておらずファンからも心配されていました。

そして2019年7月6日、ジェニちゃんがDIAを辞任したと発表されたのです。

ジェニ、脱退発表

(参照:Twitter)

DIAのメンバーであるジェニちゃんが、病気のためグループを脱退すると発表され話題となっています。

所属事務所のMBKエンターテインメントは7月6日、ジェニちゃんのグループ脱退を公式ファンカフェを通じて発表しました。

事務所側によると、「『Summer Ade』アルバム活動当時から酷い膝の痛みがあり、治療を受けてきた」とし、「検査の結果、”膝蓋軟骨軟化症”の診断を受け、『NEWTRO』のアルバム活動に参加できなかった」とのこと。

説明によると、診断後ジェニちゃんの健康回復のために最善を尽くし、地道な治療によりジェニちゃんの健康状態は良い方向に向かっていたそう。

しかし、DIAとしての活動を続けていくには無理があると専門医から判断が下っていたのだとか。

そのため所属事務所は、「担当医の所見に従い、ジェニとの話し合いの末に、ジェニの健康のため、DIAの活動を中断し回復により尽力することにする」と伝えたのです。

ジェニちゃんも、グループ脱退についての心境を直筆の手紙で公開しています。

(参照:Twitter)

手紙では、「このように離れることになって、とても悔しくつらい。皆さんが送ってくれた温かい慰労と応援の一言一言が、大きな力となり、心の支えになった」と心境を告白。

「この手紙がDIAのジェニとしての最後になって本当に申し訳ない。このような決定をするしかなくて、本当にごめんなさい」と、ファンへの謝罪のコメントも。

ジェニちゃんのせいではないからこそ、謝罪の言葉はファンにとってもつらいという声が多く見られていました。

ジェニちゃんは脱退しますが、「これからDIAをたくさん応援してほしい。私も一緒に応援する」と、今後のDIAに対してもメッセージを残しています。

そして、「DAIのジェニではなく、イ・ソユルでしばしお目にかかります。これまで本当にありがとうございました」と書かれていました。

DIAのメンバーとして頑張ってきたにもかかわらず、病気で脱退せざるを得なくなってしまうなんて残念としか言いようがありませんね・・・。

『SUMMER ADE』のアルバム活動当時からジェニちゃんは膝の痛みを訴えていて、すでに治療を受けていたんですよね。

カムバック活動の準備をしながら、その膝にどんどんと負荷がかかっていって、ひどい痛みを訴えたため、病院で様々な検査を受けた結果、膝蓋軟骨軟化症と診断されてしまったのです。

担当医からは「十分な休養と治療を受けなければならない」と診断を受けていたので、これまでの活動を休止する形をとっていました。

所属事務所のMBKエンターテインメントは、「また、ジェニーが健康回復に専念できるよう、最善を尽くしサポートしていく。ジェニが早く回復し、DIAに再び合流できるよう、ファンの皆さんの応援をお願いしたい。」と伝えていました。

その時点では、まだ脱退するところまで悪化していなかった・・・ということなのでしょう。

その当時のカムバック曲は、作曲家シンサドンホレンイの大衆的なメロディーの曲で”満を持したカムバック”と言われていたんですよね。

それだけに、ファンのあいだではジェニちゃんの活動一時休止がとても残念に思われると言われていました。

所属事務所は、「所属歌手の健康を考慮した措置であるため、ファンの皆さんの了承をお願いしたい」ともコメントしており、ジェニちゃんの負担を一番に考えてくれていたと思われます。

活動休止の形をとっていたジェニちゃんですが、結果的に良い方向への回復の兆しは見込めず、DIAを脱退するということになってしまいました。

良い方向への回復はしているのでしょうが、今の段階ではグループに合流しパフォーマンスをしたりすることは困難だと考えられているのだと思います。

仕方ないことですが、やはり残念ですし、もうDIAのメンバーとしてのジェニちゃんを見ることが出来なくなるのは寂しい気もします。

しかし、ジェニちゃんの回復が少しでも早まるように、これからはひざの治療へと専念し頑張ってほしいですね!

スポンサードサーチ

脱退原因は膝蓋軟骨軟化症

(参照:Twitter)

今回ジェニちゃんのDIA脱退の原因となってしまった、この「膝蓋軟骨軟化症」。

脱退原因となった膝蓋軟骨軟化症とは、一体どのような病気なのでしょうか?

「膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)」とは、膝蓋骨しつがいこつ(膝頭の骨)の裏側にある軟骨に異常があらわれる障害のことだそうです。

難しい言葉ばかりで理解がちょっと難しいですが・・・膝蓋軟骨軟化症とは若年層に多くみられる”ひざに痛みを生じる病気”として知られているようですね。

膝頭ひざかしらというの骨の裏にある軟骨に変形や破壊がおきてしまい、ひざ関節に痛みが走るのだとか・・・。

膝蓋軟骨軟化症になってしまう原因として、繰り返しひざに負荷がかかるとき、特にジョギングなどのスポーツをおこなう場合に発症しやすいと考えられているようです。

ジェニちゃんの場合は、激しいダンスパフォーマンスなどが影響しているのではないかと考えられますね。

具体的な症状としては、膝周囲や裏側に鈍い痛みが現れるものの、腫れなどはみられないそう。

主にひざの前方に痛みが出やすく、屈伸などをしたときに痛みが強まるのだとか。

痛みが強く出やすい場面として「階段の昇り降り」「長時間座っているとき」「走るとき」「椅子から立ち上がるとき」などが挙げられています。

このような動作だけでも痛みが出てしまうとしたら、ダンスパフォーマンスをすることなんてとてもじゃないけれど考えられませんね・・・。

症状を聞いただけでもかなり痛そうですが、ジェニちゃんがその痛みと必死に闘っていると思うと涙が出そうになります・・・。

脱退を決めなければいけなくなったのも、淋しいけれど納得するしかありません。

これまでにも治療をしてきているというジェニちゃんですが、具体的にどのような治療をして治すのでしょうか。

膝蓋軟骨軟化症では、いくつかの治療方法がされるそうです。

一般的に治療法とされているのは、「保存療法」「理学療法」「薬物療法」「手術療法」などだそう。

初期の痛みに対しては、主に理学療法をおこなったり、患部を冷やしたり、鎮痛薬を服したりといった対処や治療が行われます。

しかし痛みが長引いている場合や、再発をくりかえしている状態の時には手術を行う場合もあります。

手術とはいっても、たとえば関節鏡・関節鏡視下手術といって、先にレンズやライトがついた細い管をつかって、関節内をのぞきながら治療をおこなう手術などを行うこともできるのだとか。

ジェニちゃんのように回復まで時間がかかっていると、関節の軟骨のおうとつを平らにする治療が行われることもあるようです。

ジェニちゃんはこれからも治療を続けていくと思いますが、治療内容を見るだけでもかなりつらいこともあると思われます。

しかしDIAを脱退することで治療にも専念できると思いますし、とにかく今はひざの治療を優先に頑張って治してほしいですね。

ジェニちゃんは脱退のコメントの中で、、「DAIのジェニではなく、イ・ソユルでしばしお目にかかります。」と話していました。

回復の状態次第で、また活動をするジェニちゃん・・・ではなく”ソユルちゃん”として会える可能性もあるということでしょう。

脱退は残念ですが、ジェニちゃんの膝の具合が少しでも回復し、また元気な姿が見られる日がくることを願うばかりですね・・・!

まとめ

今回は、DIAのメンバーであるジェニの突然の脱退発表と、ジェニの脱退原因となった膝蓋軟骨軟化症などについてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・ジェニはビジュアル担当の可愛いメンバー!

・突然の脱退発表が話題に!

・脱退原因となった膝蓋軟骨軟化症の治療中!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)