BTS(防弾少年団)テテ「コリン性じん麻疹」発表!症状は?活動に影響は?

みなさん、こんにちは!

今回は、防弾少年団(BTS)のメンバーであるV(テテ)が「コリン性じん麻疹」であることを告白したことについて、症状や活動への影響などをご紹介していきたいと思います!

BTSの人気記事をまとめました!BTSファンは要チェック!

BTSファン必見!防弾少年団おすすめ記事特集

2019.01.29

スポンサードサーチ

BTS、Vがコリン性じん麻疹を患っていることを告白

(参照:Twitter)

防弾少年団(BTS)のメンバーであるVが、「コリン性じん麻疹」を患って苦しんでいることを告白し話題となっています。

Vがコリン性じん麻疹であることが告白されたのは、防弾少年団(BTS)の公式ファンコミュニティ「Weverse」での中でのことがきっかけとなったそう。

Vは、とあるファンの掲示物の内容に「僕はコリン性じん麻疹。かゆいかゆい」と書き込んでファンたちを心配させたそうです。

防弾少年団(BTS)のVが、ファンコミュニティにて「コリン性じん麻疹」というアレルギーを患っていることを告白したことによって、ファンたちはとても大きなショックを受けています。

もともとVは、防弾少年団(BTS)のファンコミュニティで積極的にファンたちとコミュニケーションをとることが多かったのだとか。

ファンの悩みなどにも丁寧なアドバイスを送ってあげたり、ファンのコメントに優しく言葉を返したりつっこんだりと、とても良いファン交流をしてきているのですね。

もちろん防弾少年団(BTS)のVだけではなく、その他のメンバーたちもこのファンコミュニティを頻繁に活用しています。

そして、ファンたちもメンバーたちも、より距離が近く親しみをもって交流することができる、「新たなプラットフォーム」というような存在なのだそうですね。

そんな距離の近いファンコミュニティの中で、Vがあるファンの投稿に対して返したコメントが、ファンたちに衝撃をあたえ話題となっているのです。

V自身がずっと悩まされているある症状について初めて告白したものだとして、ファンたちは驚きや衝撃を隠せないという感じ。

Vがファンのコメントに対して残したコメントはこちら。

「私はコリン性じん麻疹。かゆいかゆい」

Vが話しているこの「コリン性じん麻疹」というのは、「コリン性アレルギー」というアレルギーの一種のこと。

このじん麻疹(アレルギー)は、運動したときや入浴をしたときなど、体が温まったときや、精神的な負担がかかったときに生じるじん麻疹だそうです。

発汗を促す刺激などが影響し、じん麻疹の症状が出てしまうのものだといいます。

この事実を知ったファンたちは大きな衝撃を受けていました。

というのも、これまで苦しく辛いような素振りなどを一切見せたことがなかったV。

汗をたくさんかきながらも、最高のパフォーマンスを披露し続けてくれたVを思うと胸が痛くなってしまいますね・・・。

インターネット上では、「苦しい中でもファンのためにステージを披露してくれてたなんて。涙が止まらない」「お願いだからどうか無理はしないで」などと、悲しみの声が広がっています。

また、「あなたが元気でいてくれることがなによりの幸せです」という言葉など、ファンからVに対する励ましの声や身体を心配する声も殺到しているようです。

コリン性じん麻疹・・・初めて聞いた病名ですが、とにかくとっても痒いのだそうですね。

痛いのももちろん嫌なのだけれど、痒いのもめちゃくちゃ辛いんですよね。

とくにVは汗をかかないようにというのも、なかなか難しいお仕事ですから・・・。

ゆっくり休養してストレスをなくすことがいちばん最適なのだそうですが、大人気の防弾少年団のメンバーであるVの状況ではおそらく無理なのでしょう。

とっても可哀想で、何かしてあげたい、少しでも楽にしてあげたいというファンの声が多く見られていますが、活動休止となるのもなかなか難しそうな気がします。

そんなVがファンコミュニティ「Weverse」に病状を投稿して間もなく、インターネット上ではネット社会ならではの光景が。

たくさんファンたちがその「コリン性じん麻疹」の状態について知ろうとしているがために、「コリン性のじん麻疹」というキーワードが複数の韓国のポータルサイトでトレンドにインしはじめたのだとか。

そして最終的に「コリン性じん麻疹」という検索キーワードは、Naverのリアルタイム検索ランキングで1位となったのだそう。

これだけVの影響力は強いということが分かりましたが・・・とにかくとっても心配な告白でしたね・・・。

コリン性じん麻疹とは?

(参照:Twitter)

そもそも、この「コリン性じん麻疹」という病気の名前。

「じん麻疹」ということでアレルギーなのだろうな~ということはなんとなく分かるものの、いまいちピンとこないという方も多いのではないでしょうか?

テテがこの症状を告白したときに「かゆい、かゆい」と言っていることからも、アレルギーの症状であることがうかがえると思います。

コリン性じん麻疹は、若い世代の人たちによく見られるという一般的に多いアレルギーの一種だそう。

典型的な症状としては、かゆみを伴う小さな赤い湿疹(じん麻疹)が、皮膚の一部または皮膚の多くの部分に現れる皮膚の発疹の一種です。

軽症の場合だと、小さく少量の発疹がかゆみを伴う症状が一般的。

しかしこれが重症になってしまった場合、現れたじん麻疹が痒みに加えて刺痛感(痛み)を引き起こすこともあるのだとか。

この状態は場合によって、腹痛やめまい、呼吸困難(アナフラキシーショック)などを引き起こすこともあるといわれているようです。

・・・アレルギーという認識しかありませんでしたが、重症になるととっても恐ろしい病気なのですね・・・。

コリン性じん麻疹というのは、先ほどもちょっとご紹介したように、体温の上昇によって引き起こされます。

そのためこの症状は、さまざまな理由で発生する可能性が高いと言われているんですね。

運動をして汗をかいたとき、入浴して汗をかいたときなど、普通に生活していくうえで欠かせないことをするだけでも起こりうる症状というのがこの病気の怖いところ。

とくにVくんは防弾少年団(BTS)として、ダンスパフォーマンスをしなければいけないし、その中にはとっても激しいダンスなどもたくさんありますよね。

発汗で病状が表れてしまう病気とのことですが、一般の人よりもたくさん汗をかきやすい状況にいるVくんにとってはとっても苦しいことでしょう。

さらにこの症状は、精神的なストレスなどが発症の原因にもなるそう。

防弾少年団(BTS)といえば、他の畑の住人である私でさえも”アンチが多い”と知っているほど、なぜかとてもアンチが多いグループなのですよね。

インターネットでのアンチ攻撃などが多いと言われており、デマや心無い言葉、アンチの勝手な憶測などでメンバーたちが傷つけられていることも知っています。

それだけに、Vくんもストレスを感じることは多いのではないかな・・・。

あれだけトップクラスの人気を誇っている防弾少年団なので、当然サセンなどの数も多いのではないかと思います。

もし今でもプライベートをサセンに追われる日常を過ごしていたら、気が休まる時間がほとんどなくてとってもストレスに感じるでしょうね。

ちなみに症状が出た場合、1~2mm程度の小さい発疹のまわりに1~2cm程度の発疹が出るのが特徴的なのだとか。

ひどい時にはめまいや腹痛、呼吸困難まで引き起こしてしまうというから本当に命の危険も感じてしまいます・・・。

調べてみると、このコリン性じん麻疹は治るまでの期間も人それぞれのよう。

早ければ1年で完治した人もいますし、7年かかってやっと完治したという人もいるようですね。

完治のためには、なるべく激しい運動を控えたり、ストレスを溜めなかったり、とにかく汗をかかないことが重要とのことですが・・・。

今の防弾少年団の活躍ぶりを見ている限り、Vくんが活動休止でもしない限りなかなか完治のために取り組むということは難しいのかもしれませんね(涙)。

スポンサードサーチ

活動に支障は?

(参照:Twitter)

ファンに初めて「自分がコリン性じん麻疹である」ということを告白したV(テテ)ですが、気になるのはやはり活動への影響や支障があるのかどうかということですよね。

多くのファンたちからも心配の声がたくさん上がっているように、このまま続けて大丈夫なのかという心配がとっても大きいです。

完治のために必要なことは休息ということになりますが、今のところ所属事務所や防弾少年団、V(テテ)本人からも活動休止などのお知らせはありません。

とはいうものの、これまで応援してきたファンにとっては、やはり「少しの期間でもいいから休んでほしい」という声が多く上がるのも当然でしょう。

活動に支障があるのであれば、もちろん所属事務所が無理にでもテテくんを休ませてくれるのではないかな?とも思ったりしています。

なので、とっても辛い症状なのだとは思いますが、まだ活動に支障をきたすほどではないのかな?とも思っていました。

しかし、コリン性じん麻疹というのは、体温が1度上がれば症状が出ることもあるようで、汗が多ければ多いほど痒いうえにピリピリした刺激が伴うようです。

激しいダンスをしている時に、今までどれだけこの苦しみに耐えてきたのでしょう。

調べてみるとかなり辛いと言われていますし、ステージ上でも痒みと痛みを必死に耐えていたこともあったのではないでしょうか。

しかしテテくんは今まで、そんな辛い症状であっても全くその様子をファンたちに見せなかったのですね。

防弾少年団のステージはあんなに汗だくになっていますから、テテくんのプロ意識は本当に凄いものだと思います。

ファンには一切つらそうな顔を見せないのはプロだとも思いますが、一方で、辛いときに耐えすぎてしまうと危機的で大変な状況になるまで周りが気付けないという恐ろしさもありますね。

たとえば、所属事務所が注意をしてみてくれているとしても、大丈夫そうに振舞っているテテくんを見たら「よし大丈夫そうだな」となってしまうでしょう。

「ツライときは無理をしなくていいよ」「休んでもいいんだよ」というのは、ファンとしては簡単に言える言葉かもしれませんが、本人にとってあまり欲しくない言葉という場合もありますよね。

活動に支障があるのならば休んでほしいですが、とても難しいことでしょう。

防弾少年団と言えば、今年の秋からサウジアラビアでのワールドツアー追加公演が決定されましたね。

先日発表されたばかりということに加え、新しいアルバム制作もスタートしているのだとか・・・。

ということは追加公演のための練習もあるでしょうし、アルバムのための時間もこれからどんどんと費やしていくことになることでしょう。

テテくんにはとっても可哀想ですが、まだまだ身体をゆっくりと休める時間はあまりないような気がしますね。

ただ、今回テテくんが自ら「コリン性じん麻疹である」ということを告白したのは、とても大きな意味があると思います。

もしも前もってこの病状をファンたちが把握していられれば、万が一テテくんが辛くて仕方がないときにたとえば活動を一時休止したとしても、すぐに理解することが出来るでしょう。

ファンとして、テテくんの病状がとっても心配なのは当然のこと。

しかしテテくんが活動休止という選択肢を選ばずこのまま頑張っていくというのであれば、ファンとしてはやはりその気持ちを応援していきたいですよね。

これまでもファンに分からせることなく、つらい症状を隠し通してきたプロ意識をテテくんは魅せてくれるのではないかと思います。

無理せずに・・・というのはなかなか難しいことだとは思いますが、あまり無理をせずに活動していってほしいところです。

本人の告白があったことで、これからはファンたちも少なからずちょっとの異変に気付いたりすることもできるのではないかな・・・?

できるだけ無理をせずに、サウジアラビアでの追加公演も大成功させてほしいですね!

まとめ

今回は、防弾少年団(BTS)のメンバーであるVが「コリン性じん麻疹」であることを告白したことについて、症状や活動への影響などをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・Vがコリン性じん麻疹を告白し話題に!

・コリン性じん麻疹はとても辛いアレルギー!

・活動への支障はあるがVは耐えると思われる!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)