Mnetの新番組「Queendom」でまた投票操作疑惑!懲りないMnet!

みなさん、こんにちは!

今回はMnetの新番組「Queendom」でまた投票操作をしたという疑惑について、要票操作疑惑の情報や以前からの不正行為などをまとめてご紹介していきたいと思います!

関連記事

スポンサードサーチ

Mnet新番組「Queendom」

(参照:Twitter)

『PRODUCE 101』シリーズをはじめ、数々の大ヒット人気サバイバルオーディション番組を作り上げてきたMnet。

そんなMnetが、8月末からガールズグループのサバイバルオーディション新番組『Queendom』を放送して話題となっていますね。

Mnetによると、『Queendom』は人気ガールズグループ6組を出演させてサバイバルをしていくという番組内容とのこと。

番組を通じて”クイーン”を狙う、「ガールズグループ同時カムバックバトルショー」だと明かしているようです。

出演する6組のガールズグループは、三回にわたって行われる事前ステージを経て、10月24日に新曲を同時発売することになります。

そしてその後、10月31日に各グループの新曲カムバックステージがなんと生放送されるという、とっても面白い企画となっているんですよね。

その参加する6組は、『Queendom』を通じて”Queen”を決めることになるのですが。

Queenとなれる各グループの条件は、ステージの事前点数、1週間を通しての音源点数、生放送投票結果を総合して決められます。

1位を獲得したグループには、Mnetから単独カムバックショーという賞が与えられるのですが、ステージで最下位を2回獲ってしまったグループにはペナルティが与えられるという、とても過酷な厳しいバトルとなるようです。

出演が気になる6組のガールズグループですが、これがかなり豪華で大注目を浴びているんですよね。

出演しているのは、AOA、MAMAMOO、LOVELYZ、OH MY GIRL、(G)I-DLE、そして元2NE1のパク・ボムちゃん・・・!

豪華すぎる!それにボムちゃんが参加メンバーに入っているなんて驚きましたし俄然興味がわきました。

この番組を通して、グループそれぞれでシングルを発売していき、チャートの独占なども狙っていくというとてもおもしろい企画です。

出演するガールズグループたちが、とにかく実力派揃いなので、グループごとに簡単な紹介をさせて頂きますね!

AOA

(参照:Twitter)

AOA(에이오에이/エイオーエイ)は現在、ジミンちゃん、ユナちゃん、ヘジョンちゃん、ソリョンちゃん、チャンミちゃんの5人のメンバーで構成されています。

AOAは2012年8月9日に『ELVIS』を発売し、FNC Entertainmentからデビューを果たしました。

2019年5月13日、ミナちゃんがFNCエンターテインメントとの契約を更新しないこと、AOAを脱退したことが発表され、AOAは今後5人での活動となります。

Twitter:@official_aoa

MAMAMOO

(参照:Twitter)

MAMAMOO(마마무/ママム)は、ソラちゃん、ムンビョルちゃん、フィインちゃん、ファサちゃんの4人のメンバーで構成されています。

MAMAMOOは2014年6月に『Mr.エメモホ(Mr. 曖昧模糊)』でデビューを果たしました。

所属事務所は、Rainbow Bridge World(以前のWA Entertainment)です。

Twitter:@rbw_mamamoo
Instagram: @mamamoo_official

LOVELYZ

(参照:Twitter)

LOVELYZ(러블리즈/ラブリーズ)は、ベイビソウルちゃん、ジエちゃん、ジスちゃん、ミジュちゃん、ケイちゃん、ジンちゃん、スジョンちゃん、イェインちゃんの8人のメンバーで構成されています。

2014年11月12日に1stアルバム『Girls’ Invasion』でデビューしました。

所属事務所は、Woollimエンターテインメントです。

Twitter:@official_lvlz
Instagram: @official_lvlz8_

OH MY GIRL

(参照:Twitter)

OH MY GIRL(오마이걸/オマゴル)は現在、ヒョジョンちゃん、ミミちゃん、ユアちゃん、スンヒちゃん、ジホちゃん、ビニちゃん、アリンちゃんの7人のメンバーで構成されています。

2015年4月20にアルバム『OH MY GIRL』で韓国デビューし、所属事務所はWMエンターテインメントです。

2017年10月30日、ジニちゃんが正式にグループを脱退したため、それから7人のグループとして活動を継続中。

Twitter:@wm_ohmygirl
Instagram:@wm_ohmygirl

(G)I-DLE

(参照:Twitter)

(G)I-DLE(아이들/アイドゥル)は、ミヨンちゃん、ミンニちゃん(タイ)、スジンちゃん、ソヨンちゃん、ウギちゃん(中国)、シュファちゃん(台湾)で構成される多国籍グループです。

2018年5月2日に、1stミニアルバム『I AM』でデビューをしました。

所属事務所は、CUBEエンターテインメントです。

Twitter:@G_I_DLE
Instagram:@official_g_i_dle

元2NE1パク・ボム

(参照:Twitter)

パク・ボムちゃん(박봄)は、D-Nationエンターテインメントに所属しているソロアーティストです。

みなさんご存じのとおり、元2NE1のメンバーでYGエンターテインメントに所属していましたが、2016年11月にYGエンターテインメントを去りました。

2009年10月28日にはすでに、シングル『You and I』でソロアーティストとしてデビューを果たしています。

Twitter:@haroobomkum
Instagram:@newharoobompark

新番組「Queendom」にも投票操作疑惑!

(参照:Twitter)

そんな豪華なアーティストたちが勢揃いしたこの新番組「Queendom」ですが、視聴者のあいだで「得票数がおかしいのではないか?」との指摘が話題になっています。

9月10日、Mnetの新番組「Queendom」の視聴者のあいだで「得票数がおかしい」という指摘が広がり話題となりました。

この「Queendom」は、6組のK-POPガールズグループが対戦形式で争う内容で、お互いを評価し合うという切磋琢磨した姿も注目されていますよね。

番組内では、パフォーマンスステージを終えた後の結果発表のなかで、「自分たちよりもパフォーマンスが”上”だと思ったチーム」に1票、「自分たちよりパフォーマンスが”下”だと思ったチーム1票」ずつ入れる評価というものがありました。

そんな中、「上」の評価だけAOAに2票、(G)I-DLEには1票しか入っておらず、総合計が3票しかないことが話題となったのです。

(参照:Twitter)

グループは全部で6組あるので、本来は総数が6票なければおかしいですよね?

この票数がきっかけとなり、視聴者からは「またMnetの不正発覚」「また投票操作」などという批判の声が広がってしまいました。

後日Mnet側が公式資料を通じて、実際に出演者へのルール説明の段階で、別の説明をしていたことを明かしています。

Mnetによると、出演者たちには「”下”評価は絶対投票であるものの、”上”評価は無投票でも良い」と伝えていたこのだそう。

これが事実だとすれば、視聴者にもその細かいルールを説明すべきですよね?

サバイバルオーディション番組というのは、投票数などの変化も含めて楽しんでいくものだと思うので、そこをあいまいな説明にしてしまうのは理解が出来ません・・・。

これを受けて、インターネット上ではさまざまな反応が見られています。

よく見られた反応で、「OH MY GIRLがショックを受けないために、得票に大差がないよう配慮したのではないか?」という声がありました。

探ってみると、OH MY GIRLには3組から「自分たちより”下”だと思われている」投票となっているのだそう。

なんだか複雑すぎて分からなくなってきましたが、視聴者も混乱してしまいそのルールが本物でどのルールを信じればいいのか?というものも分からなくなっているのだとか。

投票を元に作られていく番組であれば、ちょっと違和感があっただけで視聴者が「ここがおかしい」と指摘するのは分かっていたことだとなぜ分からなかったのでしょう。

なぜ事前に「出演者たちに説明したルールとは少々異なっている」ということを(もしこれが本当であればの話ですが)告知しなかったのでしょうか。

このようなことが続いてしまっているからか、ネット上では「やはりMnetだ・・・」なんて皮肉の声も多く見られていました。

スポンサードサーチ

以前から投票操作を行っていた?

(参照:Twitter)

投票操作の件が問題に上がるのは、実は今回が初めてではないMnet。

前回までMnetで放送されていたサバイバルオーディション番組「PRODUCE X 101」の順位決定の裏にも、なんと「投票操作」の疑いが浮上しとても話題となったのです。

「PRODUCE X 101」からは、新ルール”X枠”というものができました。

1〜10位のメンバーは、これまでと同様に最終投票の投票結果数で決定されます。

しかし「X枠(つまり11位)」のメンバーは、過去全ての投票数をみて決定するものとされたのです。

この新ルールの導入によって、番組終盤になってからいきなり人気が上がるという練習生も、最終的に11人目のメンバーとして入れるということはなくなりました。

その中で「投票操作」と疑われている不正行為は、すでに裁判沙汰になっているほど問題視されているのだとか。

投票操作の不正が明るみになってしまったきっかけは、1〜20位のメンバーたちの投票数の差に規則性があることが原因だったようです。

ファンたちが整理した、問題となっている投票数はこちらです。↓

これは、同じ色の数字が同じだけの投票数になっているようです。

この投票数を見てみると、たしかにそれぞれ前後順位の投票数の差の票数が、ほとんど同じになっていることが分かりますね。

これは偶然というにはあまりにも奇跡的すぎるのではないか?と感じたファンたちによって、これを「Mnetによる投票操作なのではないか?」と問題提起したのです。

中には「集計が手間だからこのようにしたのでは?」という声も見られていたようですが、それだとしてもこの行為は明らかな不正ということになりますよね。

そもそも、そんな不正が通ってしまったら、国民プロデューサーたちが投票する意味がなくなってしまいます。

投票操作をする理由としては、やはり「番組側が思った通りの順位にするため」に、不正に票数を操作するということになるとおもうのですが・・・。

もし思い通りの順位にしたいのならば、最初からサバイバルオーディション番組になんてしなければいいのにとも思ってしまいます。

ファンからの投票で順位が決まっていく、という斬新なシステムが面白かったはずなのに、いつしか視聴者たちは「また投票操作をしているのではないか」という不安も抱えながら視聴することになっているのだとか。

さらにPRODUCE X 101の場合、韓国のファンたちはPRODUCE X 101に有料で投票していただけに、この不正疑惑には黙っていられないのも無理はありません。

ファンたちは、Mnetの投票操作の疑惑について、幾度となく問題提起をしてきているようです。

前回の投票操作疑惑のみならず、今回まで不正疑惑が浮上してしまったMnet。

これは、番組の信頼だけでなく出演者たちの士気までも下げてしまうということをもっとよく考えてほしいものです。

「面白い番組にヤラセはつきもの・・・」なんて声も見られたものの、やはりクリーンな番組を純粋に楽しく見ていた方が何百倍も面白いですよね。

とまぁ純粋にはたしかに楽しみたいものの、今後も「Queendom」の投票操作疑惑には注目していきたいと思います。

関連記事

まとめ

今回はMnetの新番組「Queendom」でまた投票操作をしたという疑惑について、要票操作疑惑の情報や以前からの不正行為などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・Mnetで新番組「Queendom」スタート!

・またもMnetに投票操作疑惑が浮上!

・以前から不正疑惑があるため問題視されている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)