Dal★Shabetセリ、麻薬汚染について暴露!韓国芸能の闇とは?

みなさん、こんにちは!

今回はDal★Shabetセリちゃんの麻薬汚染を暴露したことについて、薬物を勧められたという衝撃発言や韓国芸能界の闇などをまとめてご紹介したいと思います!

スポンサードサーチ

Dal★Shabetセリ、プロフィール

(参照:Twitter)

活動名:セリ(세리)

本名:パク・ミヨン(박미연)

生年月日:1990年9月16日生まれ

出身地:韓国・ソウル特別市衿川区

身長:166cm

体重:45kg

血液型:B型

ポジション:二代目リーダー、リードボーカル、メインラッパー

趣味:ダンス、音楽鑑賞

Twitterアカウント:@shabet_Serri

Instagramアカウント:@shabet_serri

セリちゃんは、Dal★Shabet(ダル★シャーベット)の二代目リーダーで、リードボーカルとメインラッパーを担当しているメンバーです。

趣味はダンスと音楽鑑賞で、踊ることと歌うことがとにかく大好きなお姉さん。

初代リーダーのビキちゃんがDal★Shabetを脱退した後、セリちゃんが二代目リーダーとなりました。

ファンのあいだではセリちゃんがグループのキービジュアルを担当していると言われているようで、まさに”Dal★Shabetの顔”というような存在とも呼ばれています。

ステージなどでは中心(メイン)に立っていることが多く、ウヒちゃんとよく似ていると言われているセリちゃん。

しかし口元にはウヒちゃんほど特徴がないというところで、二人を見分けることはそこまで難しくありません。

リーダーというポジションにぴったりというほどとても責任感が強く、日本デビューのときには、メンバーの牽引役にもなってくれていたという頼もしい二代目リーダー。

ロングヘアーのときは比較的見分けやすいと言われているセリちゃんですが、ショートカットになっていたときにはカウンちゃんと間違えられていたこともあったようです。

実家族ではお姉さんがいて、学歴は「東亜メディア芸術研究所、放送エンターテイメント専攻」。

趣味がダンスで踊ることが大好きというだけあり、ダンスパフォーマンスの実力の高さはかなりのもの。

全国エアロビクス大会に参加した際には、なんとその大会で金メダルその(優勝)を獲得してしまったというほどの実力の持ち主・・・!

過去に、ONE TWOの『Very Good』のミュージックビデオに出演したという経験があります。

インターネット上では、元Wonder Girlsのソネちゃん、元少女時代のジェシカちゃん、キム・ヒョナちゃんのように見える(似てる)と言われることが多いそう。

東方神起のファンのようで、とくにユノくんを尊敬しているのだそうです。

セリちゃんはスビンちゃんと以前「God’s Quiz 2」のOSTである『Turn Your Head』を歌い、その歌唱力が評価されました。

また、2011年12月29日には、4Menのキム・ウォンジュと協力して『Fall in Love』という楽曲をリリースしています。

ドラマへの出演経験もあり、『My Love from the Star』(2013年)にはスビンちゃんとともにカメオ出演したことでも話題となりました。

Dal ShabetのBe Ambitiousのトラック『Let It Go』では、歌詞の作成にかかわったりするなど、作詞の才能も開花させています。

Happy Face Entertainmentとの契約は、すでに2017年12月の時点で終了しているとのこと。

一時は解散疑惑も浮上していたセリちゃんですが、公式からにグループを脱退したかどうかということは事務所から発表されていません。

解散説もささやかれており、メディアでも「Dal★Shabet出身」と言われてるので、もしかするとすでにグループから脱退しているのかもしれませんね。

理想的な男性のタイプは、「一生懸命働き続ける人」。

麻薬汚染について暴露

(参照:Twitter)

そんなK-POPガールズグループDal☆Shabet出身のセリちゃんが、麻薬汚染について暴露したことで話題となっています。

セリちゃんは、芸能界の麻薬と韓国のスポンサーなどに関連した内容を打ち明けて話題になりました。

以前、「K-POP界は動物の王国」というような衝撃的な発言で、韓国芸能界の恋愛事情を比喩しながら暴露したことで注目を浴びたセリちゃん。

そして今回もセリちゃんは、自身のYoutubeチャンネル『serri day(セリデイ/세리데이)』のなかで、衝撃的な麻薬に関する暴露発言をしたことで注目を集めたのです。

セリちゃんはYoutubeチャンネルのなかで、「ガールズグループ出身のアイドルが明かす芸能界の闇」という映像を投稿しました。

その投稿内容はとてもrealだということで、ネットユーザーたちの注目を多く集めているようです。

「ガールズグループ出身のアイドルが明かす芸能界の闇」という映像の中で、セリちゃんは韓国のスポンサーについて発言しました。

セリちゃんは「私が今まで経験した通りにお話ししますが、芸能人のスポンサーは代表が直接提案をしに行く会社もあり、反対に個人的に提案を持ちかけてくる会社もあります」と説明。

そして、「幸いにも私のグループは、代表が一度も私たちをお酒の席に呼んだことはありませんでした」と芸能界の”裏話”的な内容を明かしたのです。

さらにセリちゃんは動画の中で、「中には悪い提案をしてきた」という発言も。

「断ればデビューをさせないと強迫をしてくる方もいます」という言葉は、とくにインターネット上で話題を呼んでいるようです。

また、最近頻繁に韓国で話題となってしまっている”麻薬”関連についても触れているセリちゃん。

「麻薬の勧誘を受けたことがありますか?」という質問に対して、セリちゃんはなんと「私も麻薬の勧誘を受けたことがあります。」という暴露発言をしたのです。

セリちゃんの暴露によると、「あるグループの方が薬箱を持ってきてビタミン剤のようなものを出してきて“これ飲んでみて。気分が良くなるから”と言ってきました。」とのこと。

その相手は、「コソコソ話すのではなく、何ともない様子を見せて言ってきた」とのことで、セリちゃんも驚いたようです。

しかしその薬物を勧めてきたという相手にセリちゃんは、「結局私は飲まなかったけれど、その後麻薬関連の記事でその人が捕まったんです。」と衝撃発言をしました。

このセリちゃんの暴露発言に対して、韓国のインターネット上ではさまざまな憶測が飛び交っていたようです。

「元アイドルグループのメンバーで、その後麻薬関連で捕まったとなると・・・?」と、セリちゃんに麻薬を勧めてきた元アイドルが誰なのかという議論も巻き起こっていたようですね。

セリちゃんは、麻薬を勧められても飲むことはなかったようですが、「今思い出しても“どうしてそんな物を私に飲ませようとしたのか”と腹が立ちます」とコメントしています。

とくに今年の上半期には、韓国の芸能界を騒がせて続けている芸能人たちの麻薬問題が話題となりました。

セリちゃんのように「このビタミン剤を飲むと気分が良くなるから・・・」などというような、都合の良いうまい話に乗せられて気軽に手を出してしまう方も少なくはないのでしょう。

このような誘い文句であれば、遊び感覚や好奇心などの軽い気持ちで、安易に薬物に手を染めてしまうケースもあるのかもしれない・・・と考えさせられますよね。

その最後にセリちゃんは、「芸能人みんなが麻薬をしているわけではありません。ごく少数の人たちのことなので芸能人の方々に対する偏見は持たないでください。」と、自分の暴露内容について言及。

「一生懸命活動している芸能人の方がもっと多いですから、沢山応援してあげてください」と、韓国の芸能界についてまとめました。

しかし、そんなまとめ話などは耳に入らないほどの暴露内容を投稿したセリちゃん。

最近の薬物関連の事件などで敏感になっているからこそ、このセリちゃんの暴露はかなり注目されるのではないかと思われます。

スポンサードサーチ

韓国芸能界の闇

(参照:Twitter)

韓国では今、財閥界だけでなく芸能界のなかでも蔓延している”芸能界の闇”が話題となっています。

芸能界の闇とは、「韓国芸能界に蔓延している薬物汚染」。

このように韓国芸能界に広く蔓延してしまっている原因というのが、やはり”気軽に始められてしまう”というところにあるのでしょう。

芸能人のかかわる薬物事件が相次いでいる韓国芸能界の闇には、韓国の特権層などの癒着の構図があるといわれているようです。

韓国の麻薬事案といえば、韓国大手食品メーカー「ナムヤン乳業」の創業者の孫娘であるファン・ハナ容疑者が逮捕されたことが一つのきっかけになったともいわれていますね。

韓国メディアによると、財閥の子息たちは”特権層”として罪を犯しても摘発されないという意識が強いのだとか。

そのため、ファン・ハナ容疑者も警察幹部との関係を自慢していたという報道も見られていました。

そして、そのような財閥関係容疑者たちの逮捕状審査の際に、「芸能人の知人に麻薬を勧められ、使うようになった」と陳述することも少なくなくないそう。

ちなみにファン容疑者は、「私が眠っている間に強制的に投薬されたこともある」と話したのですが、その芸能人として名前が出たのがJYJのメンバーで、俳優のパク・ユチョンだったことで大変話題となりましたよね。

その後、韓国芸能界に広がっている薬物汚染の報道が次々とされていきました。

BIGBANGのT.O.Pが薬物使用の容疑者となったり、iKONの元メンバーB.Iが大麻購入および使用の疑いで容疑者となったり・・・名だたる芸能人たちの薬物事件が世間を騒がせ続けています。

また、麻薬投薬の容疑で実刑を受けていたアイドルグループ「男女共学」の元メンバーが、出所直後に再び薬物犯罪に手を染めたという報道も衝撃を与えましたね。

財界と芸能界の関わりは深いと言われていますが、そのあいだに薬物のかかわりがあるケースも少なくはないと言われています。

しかし、芸能人から芸能人というルートも珍しくはないということが、セリちゃんの暴露からも分かりますよね。

芸能人たちの闇は、VIPであればあるほど、クラブやVIP専用ルームなどの密室で行われていることが多いと言われているそう。

薬物を使用している芸能人たちは、だいたいクラブなどのVIPルームの常連ともいわれており、その場所こそが麻薬の温床になっていると指摘されているのだとか。

そしてそのような場所で、芸能人たちは財閥関係者もしくは同業者たちなどを通じて薬物を手に入れることが多いのだそうです。

「クラブのVIP専用ルームが麻薬の温床」だという噂がある時点で、かなり闇が深そうな感じもしますが、これに関しては韓国だけではないのかな~という気もしますね。

最近韓国ではあまりにも芸能人に関する薬物関連事件が多いだけに、「韓国芸能界の闇は深い」と言われ続けています。

たしかに、韓国の芸能界というのはちょっと調べるだけでもすぐに「闇」と出てくるんですよね(笑)。

しかし、芸能界の闇が深いのってたぶん韓国だけじゃないと思います(笑)。

ただ最近の薬物事件などから考えてみると、「この人まで薬物をしていたの・・・?」という人までも薬物に手を出しているという事実もあったりして闇が深いと言われているのかもしれません。

そして何より、今回」セリちゃんが暴露した「私も(元アイドルから)麻薬の勧誘を受けたことがあります。」という暴露発言がその闇を強調している気がします。

「あるグループの方が薬箱を持ってきてビタミン剤のようなものを出してきて“これ飲んでみて。気分が良くなるから”と言ってきました。」と明かされていますが、これをごく普通に言ってくるのだから、闇はやはり相当深いでしょう・・・。

だって薬物をなんの悪びれもなく、「コソコソ話すのではなく、何ともない様子を見せて言ってきた」とのことですから、それがその人の中では悪いものという認識がなく通常になっていることが分かりますよね。

韓国芸能界の闇に触れたセリちゃん、これからも発言に注目が集まりそうです。

まとめ

今回はDal★Shabetセリちゃんの麻薬汚染を暴露したことについて、薬物を勧められたという衝撃発言や韓国芸能界の闇などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・セリはダンスも歌のうまい!

・韓国の薬物汚染を暴露し話題に!

・韓国芸能界の闇は深いと言われている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)