BIGBANG T.O.P「復帰する考えはない」グループ活動はどうなる?

みなさん、こんにちは!

今回はBIGBANGのメンバーT.O.Pが復帰する考えがないことを明かしたことについて、今後のグループ活動やそのほかのメンバーたちの復帰などもまとめてご紹介していきたいと思います!

BIGBANGの関連記事

T.O.P「復帰する考えはない」

(参照:Twitter)

今年7月に除隊し今後の活動が注目されていたBIGBANGのメンバーT.O.Pが、自身のSNSに芸能活動を再開する意志がないことを書き込み話題となっています。

除隊してから現在まで芸能活動を自粛しているT.O.PですがSNSの更新は行っており、T.O.Pに向けて芸能界への復帰に対する批判的なコメントが届けられました。

そのコメントに対するT.O.Pの反応が、韓国のネット上で話題になっているのだそうです。

BIGBANGのメンバーT.O.Pが、自身のインスタグラムに残した書き込みが注目を集めました。

今年7月にはすでに除隊しているものの、2017年に浮上していた麻薬使用疑惑のことからか芸能活動を自粛している状態となっています。

このような状況の中でも、自身のSNSを更新するなどといった活動は行っていたようですね。

そしてこのT.O.PのSNSに残されたT.O.Pの活動に対する批判的なコメントに、T.O.P本人がSNS上で反応したということが韓国ネット上で話題となり注目を集めているそうです。

10月12日、展示会で撮影した写真をInstagramに掲載したTOP。

(参照:Twitter)

この投稿に、あるネットユーザーによって「自粛でもしろ。インスタもやめて復帰もするな」という、現在のSNS、そして芸能界への復帰に対する批判的なコメントが書き込まれたのです。

T.O.P本人がこのコメントを目にしたようで、T.O.Pはこれに対し「はい!神様!私もする考えがありません。動物の写真でも見てください」と、絵文字混じりの返信コメントを残しました。

この返信が「芸能界への復帰を否定」「引退の意向を示しているのではないか」ととられたため、今回の返信コメントが話題となってしまったそう。

これまでにも韓国ではT.O.Pへの風当たりが強いことで知られていたようですね。

犯罪を犯したというイメージはどうしても拭うことが出来ず、”お金さえあればこんなに堂々と生きていられるんだ”といった声も見られているようです。

引退を示唆しているとも言われているT.O.Pの返信コメントですが、話題を集めたそのコメントは現在すでに削除されてしまっているとのこと。

しかし削除してしまっても、多くのファンやネットユーザーたちがこの書き込みを見てしまっていますし、スクショなどで保存をしている人も大勢いるでしょう。

削除したことについて、今度はそこを指摘して「自分で復帰しないといったんだからその約束は必ず守れ」というようなコメントも多く見られているようですね。

韓国では「はい!神様!私もする考えがありません。動物の写真でも見てください」という言葉が煽り文句とも見られているようで、”犯罪者が生意気な発言をするとは”と完全に呆れた様子。

いちばん多く見られている反応は、やはり 「なんだかんだ結局は復帰して活動しそうな気がする」などというものです。

批判コメントに対してあしらうコメントをし、さらにバッシングされてしまうなんてちょっと可哀想な気もしますが、一方ではT.O.Pの返信コメントを擁護する反応も。

ネット上では、「悪質なコメントさえされなければT.O.Pもこんなコメントはしなかった」「SNSにわざわざ批判コメントをする方がおかしい」などといった声も見られていたようです。

最近では、以前にもましてSNS上でのバッシングや悪質なコメントなどが問題視されていますよね。

韓国のネット上でも言われている通り、悪質なコメントをSNSに書き込まれることさえなければ、T.O.Pだってこんな返信コメントを残して注目されることもありませんでした。

ネット上の批判の声によって「復帰する考えはない」「引退を示唆している」とまで話題が膨らんでしまい、本人も困っているかもしれませんね。

T.O.Pは、服務中に過去の麻薬使用が明らかとなっていたため、今後の活動などにとても注目が集まっていました。

それだけにタイミングが悪く、「戻る場所がなくなってしまう」なんて声も見られていました。

すでに削除したものの一度は「活動する考えがない」とコメントしてしまっただけに、今後の活動復帰はさらに難しくなってしまうのではないかな・・・?と思ってしまいます。

グループ活動は?

(参照:Twitter)

繰り上げにより予定よりも早い除隊したT.O.Pですが、ファンのみなさんが気になるのはやはり今後のグループ活動についてででしょう。

T.O.Pを除くほかのメンバーたち(G-DRAGON、テヤン、テソン)は現在、それぞれが兵役入隊中です。

マンネメンバーのV.Iくんは、ご存じのとおり”バーニング事件”の関与やその他の事件で問題になってしまいました。

そのため、BIGBANG5人全員が兵役を終えてグループ活動を再開するということは、おそらくもうないということですね・・・。

BIGBANGのなかでは一番はじめにT.O.Pが除隊しましたが、メンバーたちとグループ活動が再開できるようになるまではソロ活動をしていくことが予想されていました。

しかしソロ活動をする可能性は、現在の段階では極めて低いと思われますね。

グループ活動が再開できなくても、除隊したメンバーでのユニットのような形で活動を再開することもできますから、その可能性もあるのかな?と予想されているようです。

韓国のネット上では、G-DRAGONが除隊したらすぐ「GD&T.O.P」でカムバックしそう・・・なんて声も聞かれているのだとか。

”活動する気はない”という趣旨の投稿を削除した、ということは、結局は復帰する気がある証拠だと韓国では指摘されています。

そのため、ソロ活動をすることはなくてもグループ活動への意欲はあるのだろうと思われているようですね。

しかし、T.O.Pのイメージや今の状態のなかで活動していくのは難しいのではないかと言われており、これまで色々な問題があっただけにグループ活動をして上手くいくとは限らないという声も上がっているのだそう。

グループ活動だけでなくソロ活動をするとしても、やはり年下女性との大麻吸引の事実や特別待遇などの疑惑がどうしても引っかかってしまい、以前のようにただ「カッコいい!」と純粋な思いで見ることが難しいようです。

これまでのT.O.Pが活動を再開したら間違いなく盛り上がるでしょうし、注目度も高まるでしょう。

しかし今の状況のままでは、全く違う意味で注目が集まってしまうとも言われています。

そして何より、日本と韓国ではT.O.Pに対する反応が違うそうなんです。

日本ではT.O.Pの活動再開を待ちわびる声が多く見られていますが、韓国内のT.O.Pに対する反応は正直あまり良いものではないのだとか。

除隊はもちろん、今後のグループ活動やソロ活動にすら良いイメージを持たれていないようです。

韓国のインターネットユーザーたちは、とてもシビアにT.O.Pの件を捉えているようですね。

理由も理由ですから、無理もありません。

メンバー全員が除隊してから、ゆっくりとグループ活動を再開していくのではないかとも予想されています。

韓国内では、T.O.Pのソグループ活動やソロ活動について難しいと言われているものの、BIGBANGを脱退することはないのではないかという声も見られてはいるようです。

活動が無くても脱退さえしなければ・・・というファンの方が多いということなのでしょうか。

しかし残念なことに、現在BIGBANGは元メンバーであるスンリくん(V.I)が関与したとされている「バーニングサン事件」によってかなりイメージダウンしてしまっている状態です。

スンリくんはクラブ”バーニングサン”での事件、さらに売春あっせん事件などに関与しているとされており、警察沙汰にまでなってしまった大きな事件の一つでもあります。

さらにさらに、スンリくんの事件から繋がって新たに、所属事務所YGエンターテインメントにも脱税疑惑が浮上したり元代表の素行が明らかになったりと、事務所内が落ち着いていない状態でもあると思われますね。

この件により、BIGBANGに対する議論が相次いでいるというのが現状でもあります。

ファンとしては「グループ活動はしないのか?」「ソロ活動はしないのか?」というところに注目したいところですが、YG周囲で起きている状況の悪さをT.O.Pはどのようにして乗り越えるのかも気になるところです・・・。

グループ活動の可能性は低いというわけではないものの、今のところは何とも言えない・・・という、スッキリとしない曖昧な表現が妥当という感じがします。

もちろん、BIGBANGのグループ活動に期待を込めているファンはたくさんいるので、BIGBANGの帰還を待ちわびているファンたちのためにもグループ活動は脱退後すぐにでもしてほしいところ。

T.O.PのSNSで引退を示唆するとされるコメントもあったからこそ、今後のT.O.Pの活動でさらに大きな関心を集めることは間違いないでしょう。

ジヨンはいつ復帰する?

(参照:Twitter)

T.O.Pの活動も気になりますが、そろそろ除隊日が間近に控えているG-DRAGON(ジヨン)の復帰時期なども気になりますよね。

ジヨンの除隊日は、「兵役期間の短縮化政策」によって兵役期間日数が少なくなり早まりました。

これまでは、陸軍が21ヶ月、海軍が23ヶ月、空軍が24ヶ月という兵役期間だったのですが、改正後はそれぞれ3か月ずつ短縮し、陸軍が18ヶ月、海軍が20ヶ月、空軍が21ヶ月となったようです。

その日数改正の対象となるのは2016年10月入隊者からということで、G-DRAGONも対象者となったのですね。

韓国の兵役法が改正されたことで、G-DRAGONの除隊日は「2019年10月26日(土)」となりました。

3ヶ月ではありませんが、当初の予定よりも約1ヶ月早くなっています。

BIGBANGではスンリを除く4人がすでに入隊を済ませており、2019年中に全員が兵役を終え除隊することとなります。

つまり、2019年中にはジヨンもまたファンの前に復帰する可能性が高いということですね。

ジヨンの除隊予定日は2019年10月26日(土)に決定したので、復帰時期は早くてだいたい2019年末頃ではないかと言われています。

ただ復帰するための環境として、ジヨン自身に問題は何もないものの、所属事務所YGの元代表やスンリくんの関わる事件の影響があまりにも強いため、万全ではないとも言われているそう。

そのため、おそらく除隊後は大々的に何か行事をするということはなさそうだと予想されています。

ジヨンは兵役除隊後、作曲・作詞・アルバムの販売などを中心に、ソロでの活動少しずつ再開していく可能性が高いと言われていますね。

韓国のネット上では、2019年中に除隊するテソン(D-LITE)、テヤン(SOL)、そしてジヨンの3人でライブコンサートをする可能性もありえるのではないか?という声も。

ただ、しばらくのあいだはT.O.Pとの合流は難しいかもしれないということですね。

カムバックの時期もそれだけ早くなるということですし、ファンのみなさんがG-DRAGONに会える日も近くなる可能性が高いということですね。

すでに除隊日も決まってあとは帰りを待つだけ・・・。

ジヨンくんの活動復帰、そしてタプさんのグループ活動、BIGBANGの活動再開などなど、はやく明るいお知らせでVIPたちとわいわい盛り上がりたいですね(笑)。

BIGBANGの関連記事

まとめ

今回はBIGBANGのメンバーT.O.Pが復帰する考えがないことを明かしたことについて、今後のグループ活動やそのほかのメンバーたちの復帰などもまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・TOPの引退を示唆する発言が話題に!

・グループ活動の再開は今のところ不明!

・G-DRAGON(ジヨン)は除隊後ソロ活動が予想されている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)