キム・ヒョナ、うつ病・パニック障害・血管迷走神経性失神をインスタで告白。

みなさん、こんにちは!

今回は先日「うつ病・パニック障害・血管迷走神経性失神」を告白したキム・ヒョナちゃんについて、最近の活動や今後は治療に専念するのかという情報などをまとめてご紹介していきたいと思います!

関連記事

スポンサードサーチ

最近のヒョナの活動は?

(参照:Twitter)

元PENTAGONのメンバーであり彼氏でもあるイドンくんと公開恋愛をしたことで知られている、韓国の歌姫ヒョナちゃん。

恋人であるイドンくんと一緒にもともと所属していたCUBEエンターテインメントから出て、二人一緒に新しい事務所に所属したことでも知られているでしょう。

ヒョナちゃんは最近カムバックをしており、カムバックからのメディア出演などがとても増えていますね。

これまで少しのあいだ音楽活動をしていなかったというだけあって、カムバックを待ち望んでいた多くのファンたちは最近のヒョナちゃんの活躍を楽しんでいるようです。

ヒョナちゃんが恋人のイドンくんと一緒に所属する新事務所と決めたのは、韓国歌手であるPSYの会社としても知られる「P NATION(ピーネーション)」。

PSYが2019年1月27日に自身のSNSで、「2日前にヒョナ&イドンと専属契約を結んだ」と明かしたことで、二人がPSYの設立した事務所に所属したことが知られることとなりました。

個人事務所を設立してまだそんなに時間は経っていないらしく、まずラッパーのJessyを引き抜き、その次に引き抜いたのがヒョナちゃんとイドンくんだったそうです。

最近の活動として、やはり11月のカムバックがいちばん大きな活動だと思うのですが、カムバックするまでに結構な時間が空いたと言われているヒョナちゃん。

ヒョナちゃんとイドンくんカップルは、2018年に熱愛が報じられた際、当時の所属事務所であるCUBEエンターテインメントが「熱愛は事実無根である」と否定したものの、ヒョナちゃんとイドンくんがSNSで勝手に熱愛を認めたことにより明らかになったカップルでしたね。

二人が公開恋愛をスタートさせたことによってそれまで決定していた公式スケジュールは続々とキャンセルされたそうで、最終的にCUBEエンターテインメント解雇にまで至ってしまいました。

そんな二人の才能と実力を買い、PSYが自身の事務所へと招いたということになります。

カムバックが決定した頃、ヒョナちゃんとイドンくんがそれぞれソロでやっていくのか、それともデュエットとして活動していくかというところに大きな注目が集まっていました。

そんな大注目されていた二人が、11月5日に同時にカムバック。

結果的にデュエットではなくそれぞれソロでのカムバック活動となり、カップルでありながらライバルとなる二人のカムバックはとても話題となりましたね。

11月5日にヒョナちゃんは、『FLOWER SHOWER』でカムバックしました。

(参照:Twitter)

ちなみにイドンくんは『MONEY』で同時カムバックを果たしています。

(参照:Twitter)

ヒョナちゃんはカムバック当日に、イドンくんとの合同ショーケースを開催したのですが、そこでは二人が付き合うきっかけとなったエピソード明かされて注目が集まりましたね。

ヒョナちゃんによると「自分からイドンに告白した」そうで、「イドンの方がもっよよく甘えてくる」と嬉しそうに話していたのだとか。

さらにヒョナちゃんはイドンくんと、11月9日に放送された『知ってるお兄さん』にも出演。

(参照:Twitter)

ここでも二人で仲睦ましい姿を公開しており、最近の活動のことだけでなくなれ初めのことなどについても公開していたヒョナちゃん。

しかし二人が共演するのは「知ってるお兄さん」が最初で最後とのこと。

今後は二人一緒に番組などの共演はしないと発表しました。

ですが番組内で「イドンに1年半片想いしていた。その間一緒に活動していながら連絡先さえ知らなかった」というヒョナちゃんがとても可愛いと言われていましたね。

一方でイドンくんは、「最初は特に関心が無かった」そうなのですが、「大スターであるヒョナがまさか自分のことを好きだなんて思わなかった」と話しています。

最近の活動としては、新しい事務所で初めてとなるカムバックをし、カムバック活動のなかで初めて共演を果たし話題となったという感じですね。

とても才能と実力のある二人だけに、どんなに悪い噂が立ってもカムバックでこんなに盛り上がるというのはやはりさすがです。

うつ病、パニック、病気を告白

(参照:Twitter)

そんなヒョナちゃんが、自身のInstagramで「うつ病、パニック障害、血管迷走神経性失神」を抱えていることを告白し話題となっています。

ヒョナちゃんは11月28日、自身のInstagramに「本当の私の話をしてみようと思います。初めて2016年に病院へ行ってみて私の精神がひどい状態であったことが分かったんです。風邪をひいたら風邪薬を飲むように、いつも丈夫だった私だったので、うつ病やパニック障害という診断が信じられませんでした」と明かしたのです。

ヒョナちゃんは自分の症状を、「初めて目の前が真っ白になって倒れました。何度も。これもパニック障害の症状かなと思って、そのままに済まそうとしましたが、医者の言葉に大学病院で脳波などあれこれ検査をしてみて知った事実は、血管迷走神経性失神という病気でした。」と告白しています。

「しっかりすることができずに、ぼーっとしてしまいます。舞台に立ちたいのに、私がこのように頻繁にばたりと倒れた場合、私が病気であることを知って、誰が私を探してくれるのか、一番最初に心配が先んじて、誰にも知られたくありませんでした」と話しており、ヒョナちゃんがとても深く悩んでいたことが分かります。

ツイッターには、ヒョナちゃんがInstagramに投稿した文の翻訳を掲載してくださっている方がいました。

ヒョナちゃんは自分が「うつ病とパニック障害」であるということを、1年間は受け入れることが出来なかったんですね・・・。

しかし、このことを明かすつもりがなくても何度も倒れるたびに、一人で焦って申し訳ないという気持ちになってしまったというヒョナちゃん。

とくに広告やスケジュールをこなす時には、行事に臨む時にもヒョナちゃんを信じて任せてくれた多くの人に申し訳なかったと明かしていますね。

今回ヒョナちゃんが「うつ病・パニック障害・血管迷走神経性失神」であることを明かした理由は、「私の心が少しでも軽くなりたくて、このように率直に話をすることになり、慎重でしたが隠さずに勇気を出して話をしてみました。」とのこと。

これまでタフに見えていた(勝手にそう思っていた)ヒョナちゃんも、陰ではとても苦しい思いをしていたと思うと胸が痛くなりますね。

ヒョナちゃんは「うつ病・パニック障害・血管迷走神経性失神」とのことですが、血管迷走神経性失神というのはあまり聞き馴染みがありませんね。

「血管迷走神経性失神」の症状はとくに若い人に多いようで、通常立っている時に起こりやすく、目の前が暗くなり、めまい感や悪心などの前駆症状に続いて顔面が蒼白になり意識を失い倒れてしまうのだそう・・・。

この症状の主な原因となるのは、強い痛みや精神的ショック、ストレスだそうです。

それらの原因が重なることによって自律神経のバランスがくずれてしまったときに、抹消血管の抵抗が減少し血液が心臓に戻らなくなり、血圧低下となり脳血流が低下して意識がなくなってしまうのだとか。

このような症状が続いていたというのならば、ヒョナちゃんはとても苦しくとても怖かったでしょうね・・・。

ヒョナちゃんいわく、今回のこの告白は「考えに考えて選択したこと」とのことですので、たくさん悩んで聴けたことなのだと思われます。

とくに先日、元KARAのハラちゃんが亡くなったばかりだったということもあり、タイミング的にも色々な意味で注目を集めることになってしまったかもしれません。

しかし、同じうつ病を抱えていたからこそ、自分も明かして少しでも心を楽にしたいという気持ちはとても理解することが出来るでしょう。

「子供の頃から舞台の上に立ちたいという夢があった。夢をかなえたし、また思いもよらなかった愛と関心を集めた。特に多くの機会に恵まれていると考えていたからか、いつも感謝し率直に楽しかった。」と素直に自分の気持ちをいつでも話すことのできるヒョナちゃん。

そんなヒョナちゃんでも心に悩みを抱えていたということに、少し驚きもしました。

「時間が過ぎて成人になり、自分がするすべてのことは責任を負わなければならない、ミスしてはいけないという気持ちが生まれ、前だけを見て突っ走ってきた。」

このヒョナちゃんの言葉で、”自由気ままだけど自分の音楽活動で手を抜いたことはないし自分のファンに対する態度も優しかった”というヒョナちゃんファンの言葉を思い出しました。

表面から見えるものだけでは、奥に隠れているものや秘めているものは絶対に見ることが出来ませんよね。

カムバックしたばかりということで、今後の活動などについてファンたちからは心配の声が上がっています。

「うつ病だと打ち明けたタイミングが悪い(ハラちゃんが亡くなったばかりという意味で)」などと、心無い言葉を浴びせている一部のネットユーザーも見られていますが、どうかそんなコメントは見ないでほしいです。

勇気を出して病名を明かしたことによって、ヒョナちゃんの心の重りが少しでも軽くなったのであれば良いのですが・・・それは簡単なことではないのかもしれませんね。

スポンサードサーチ

治療に専念する予定か?

(参照:Twitter)

先日カムバックをしたばかりのヒョナちゃんですが、今後も音楽活動を続けていくことは可能なのでしょうか?

自身のInstagramでも明かしていますが、うつ病とパニック障害の治療については「投薬治療」などを続けていたということを明かしています。

そして、「今は二週間に一度の治療をきちんと受けていて、悪く思わないようにしています。」と明かしているヒョナちゃん。

乗り越えることが出来るのは「たくさんの方々が一緒にいてくれるからです」と話していることもあり、ヒョナちゃんの周りに助けとなってくれている人がいるようでちょっと安心もできる気がします。

この投薬治療ですが、ネット上では、うつ病などの投薬治療はただ処方された薬を飲むだけという軽い治療ではないとも言われています。

というのも、このようなうつ病やパニック障害などの精神的な病気を治療するための薬は、飲んだ後にとても疲労感が出てしまったり急激に眠たくなったりしてしまうこともあるのだそう。

何もやる気が起きなくなってしまったり、心は安定するのだけれど体は起き上がることが出来なかったり・・・そのような体調になってしまうこともたまにあるようなんですね。

もちろんヒョナちゃんが当てはまるかは分かりませんし、あくまで人によって違いますし、場合によっても差はあるという前提の話です。

しかしヒョナちゃんのファンのみなさんは、投薬治療ということでそのようなところも心配しているようでした。

今後ヒョナちゃんが治療に専念するかは分かりませんが、今は二週間に一度という決められたサイクルで治療を続けているということなので、治療に専念するといって活動を休止したりすることはないかもしれません。

このようなことは、自分自身がどうしたいか・・・ということで決まりますし、ヒョナちゃんはこのことを明かしたうえで「自分自身を愛し、面倒をみよう思います。今のように勇気を出して、素直に取り組みます」と話しています。

なので、これからも治療だけに専念せず、ゆっくりと治療を続けていきながら自分のペースで活動をしていくのではないかと思われますね。

相次ぐアイドルたちのうつ病ですが、ファンたちが不安な声をあげているよりも、支えになる言葉だったり応援の言葉などを投げかける方がずっと効果的な結果を生むと思います。

プラスの言葉でヒョナちゃんを励まし、これからの活動も応援していきたいですね。

関連記事

まとめ

今回は先日「うつ病・パニック障害・血管迷走神経性失神」を告白したキム・ヒョナちゃんについて、最近の活動や今後は治療に専念するのかという情報などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・最近カムバック活動が注目されていた!

・うつ病だと公表し話題に!

・今のところ治療に専念するという発表はない!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)