カン・ダニエルが、うつ病とパニック障害を公表、活動休止発表

みなさん、こんにちは!

今回は最近うつ病とパニック障害を公表したカン・ダニエルくんについて、熱愛公表と同時に活動休止の発表をしたことやうつ病などによる現在の状態などをまとめてご紹介していきたいと思います!

関連記事

スポンサードサーチ

カン・ダニエルプロフィール

(参照:Twitter)

名前:カン・ダニエル

ハングル表記:강다니엘

生年月日:1996年12月10日生まれ

身長:180cm

体重:68kg

血液型:A型

Twitterアカウント:@danielk_connect

スラッと高い身長と男らしい体格が魅力的なカン・ダニエルくんですが、男っぽいビジュアルでありながら笑うと目がなくなって(糸目になって)とてもかわいいギャップ王子。

ブレイクダンスが得意なB-BOYだそうでラップも得意、釜山出身ということから釜山男子の”サンナムジャ(男の中の男)”とも呼ばれており、男らしい性格も魅力的なダニエルくん。

わたしは韓国語の訛りなどがあまり聞き取れないためよくわからないのですが、ファンのみなさんいわくダニエルくんはとても訛っているそうで可愛い話し方なのだそうです(笑)。

Wanna One出身のダニエルくんは、当時そのグループのなかでも特にお姉さんファンが多かったことから「ヌナキラー」とも呼ばれていたのだとか(笑)。

Wanna Oneは『PRODUCE 101』に残った最終メンバー11人で結成されたグループで、視聴者たちから選ばれたメンバーの中でも圧倒的人気を獲得し見事一位を獲得したのがカン・ダニエルくんでした。

圧倒的な人気を誇り”Wanna Oneの顔”として注目を集め、韓国人としてはかなりカッコいいと言われているそのルックスも高く評価されています。

笑顔もとってもかわいらしいし、話すときにニコニコしているのもキュンとさせるし、まさに堂々の一位メンバーという感じですよね。

Wanna Oneでの活動が終了しグループが解散すると、ソロアーティストとして活動をしさらに活躍の場を広げている注目のアイドルです。

カン・ダニエルくんの名前を初めて聞いた方は、ダニエルという名前から「ハーフなのではないか?」と思った方も多いようです。

実は生まれたときはカンウィンゴンという本名だったそうなのですが、ウィンゴンという名前が呼びづらく、間違えられやすかったということもあり改名したそうです。

なので、ただ単に呼びにくい本名を変えただけでハーフということでもなく純粋な韓国人ですね(ちなみにこの本名で日本のファンたちからは”神田”の愛称で浸透しています)。

おしゃべりでお調子者な性格だと言われており、いつもニコニコしているのは笑いのツボが浅いからだそう。

『プロデュース101(シーズン2)』では「最も面白い参加者」に選ばれているほどユニークで、トーク力があり機転の利く性格でもあるため、音楽番組『人気歌謡』のスペシャルMCに抜擢されたこともあります。

明るく天真爛漫というようなイメージも強いカン・ダニエルくんですが、とても優しい性格であることでも知られており、ファン想いでもあることからデビュー当時から人気も高いですね。

趣味はスケートボードで、好きなものはボード、ダンス、ラップ、歌、ゲーム、散歩、かわいいもの、ファッション、アクセサリー、猫、寝ることなどなど・・・とっても多趣味なカン・ダニエルくん。

猫が大大大好きというカン・ダニエルくんなのですが、一方でその他の動物は苦手だそうで、とくに虫は生き物のなかでも大の苦手だそうです。

PM2.5、変な臭い、寒さにも暑さにも弱いのだとか。

特技として挙げられているのは、B-boying(ブレイクダンス)と歌手Flowsikのモノマネ。

カナダにいたことがあるため英語が得意で、英語はブリティッシュイングリッシュを話し、その発音はネイティブでとても良いと言われています。

何でもできる完璧王子というイメージですが、まさにそんなイメージがぴったりというほど何でもできてしまう完璧な王子様ですね。

TWICEのジヒョちゃんとの熱愛を公表し、現在はジヒョちゃんと公開恋愛中です。

うつ病とパニック障害を公表

(参照:Twitter)

そんなカン・ダニエルくんが、実はうつ病とパニック障害であったことを公表し話題となっています。

12月4日、ダニエルくんの所属事務所であるKONNECTエンターテインメントは「カン・ダニエルは”うつ病およびパニック障害”である」と発表しました。

所属事務所によると、「カン・ダニエルは今年上半期から免疫力の低下による健康状態の悪化と精神的な不安症状により通院し、精密検査を通して、“うつ病およびパニック障害”と診断された。」とのこと。

今年上半期からの免疫力低下ということで、かなり体調が整っていなかったということになりますが・・・結構な時間をとても苦しい思いをしながら仕事していたのかもしれませんね。

通院していた病院で「うつ病およびパニック障害である」と診断されて以降、カン・ダニエルくんは心理治療と薬物処方を通して治療を続けてきたそうです。

心理治療ということは、カウンセリングなどを受けていたのでしょうか?

カウンセリングを継続的に受けながら、薬物処方を通しての治療をしてきていたのかもしれませんね。

カン・ダニエルくんといえばとっても人気のソロアーティストとして有名ですし、音楽活動なども精力的にしてきたイメージが強いですが、忙しすぎたあまり心を休める時間もなかったのではないかと言われています。

所属事務所はつづけて、「カン・ダニエルはそのような状況でも芯が揺れないようにと最善を尽くしてきたが、最近になりさらに不安症状が増している」とも発表しています。

「以前からダニエルが体調不良や不安症状を訴えていた」と明かされているように、苦しい時間を過ごしていたということが分かりネット上でも心配の声が広がっていますね。

カン・ダニエルくんがここまで体調を崩すほどうつ病が悪化してしまった原因について、ネット上ではさまざまな憶測も広まっているようです。

カン・ダニエルくんといえば、以前所属していた事務所とのトラブルなどで訴訟問題を起こし、起訴問題にまで発展してしまうというトラブルが報道されていましたよね。

事務所とのトラブルが解決するまでは活動することが出来ず、心無いコメントなども頻繁にネット上で見られていたため、それもストレスになってしまったのではないかと言われています。

インターネット上では、前所属事務所とのトラブルをきっかけに、このトラブルと関連した推測のウワサなどが浮上しており、これによって度を越えた悪質な書き込みが増えてしまったのだそう。

さらに、悪質なコメントのなかには家族までもを非難する書き込みなども多く見られていたことから、カン・ダニエルくんは苦痛を訴えていたそうです。

また、現在お互いの所属事務所も認めている”公開恋愛”を、TWICEのジヒョちゃんとしているダニエルくん。

カン・ダニエルくんとTWICEのジヒョちゃんは、今年の8月、お互いの所属事務所を通じて「好感を持って会う間柄である」という立場を表明しており、熱愛の事実を認め公開恋愛する間柄となりました。

しかし、カン・ダニエルくんが前所属事務所とトラブルで活動を休まざるを得なかった時期にもジヒョちゃんと会っていたことや、ソロデビューのショーケースが終わってすぐ彼女であるジヒョちゃんに会いに行ったという状況が明らかになったそう。

そのため一部ファンの怒りを買ったり、さらに多くの悪質なコメントが寄せられたりしていたそうなんですよね。

Wanna Oneの解散後、ソロアーティストとして大成功とも言えるデビューを果たしたもののTWICEのジヒョちゃんとの公開恋愛をスタートさせるとさまざまな噂が浮上しダニエルくんを苦しめていたようです。

そのため、破局の噂まで流れたりしていたこともあり、そのような精神的な苦労も大きなストレスとなり、うつ病やパニック障害につながってしまったのではないかと言われていますね。

アイドルが公開恋愛をするということはリスキーなことでもあるとは思いますが、それにしても最近ネット上での悪質なコメントというものは何度も話題になっています。

それだけに、今回のカン・ダニエルくんの「うつ病およびパニック障害」の原因がネット上での悪質コメントなのではないかというファンの心配の声も多く見られているようですね。

カン・ダニエルくんはこの診断を受け、現在は家族が住む実家へと帰省しているようです。

スポンサードサーチ

活動休止発表

(参照:Twitter)

所属事務所から「うつ病およびパニック障害」と診断を受けたことが発表されたカン・ダニエルくん。

うつ病とパニック障害の状態が悪化してしまったため、今後の活動が難しいと判断されたことが明らかになり話題となっています。

事務所からの発表があった同日、収録を予定していた音楽番組への出演をキャンセルしたダニエルくん。

そしてさらに、先月リリースしたデジタルシングル『TOUCHIN』に関する音楽活動も事実上は難しいと判断したということを所属事務所が明かしました。

そのため、「これからの活動のためにしばらく休息をとることが正しいという結論に至りました」とし、公式でカン・ダニエルくんの活動休止が発表されました。

所属事務所は、 「ファンの皆様と放送局、マスコミをはじめ、全ての関係者様には突然の発表で驚かせてしまい大変申し訳ございません」と謝罪。

そして、「カン・ダニエルが再び活動を開始できるようになるまで最善を尽くすことを皆様にお約束するとともに、所属事務所としてアーティストを保護するという責任を今一度、肝に銘じております」とコメントを発表しています。

活動を休止するということは、現在とっても辛い状況であるということが予想されますね。

すでに実家に戻っているということも明かされていることから、カン・ダニエルくんのうつ病が深刻な状況であるということも予想が出来ると思います。

カン・ダニエルくんの活動休止を受けて、ファンのあいだでは心配の声が相次いで上がっています。

ファンたちは、ダニエルくんがこれまでたくさんの苦労を乗り越えて来ているということを知っているだけに、これまでの心労がたたってしまったのではないかと心配しているようですね。

また、「ネット上での悪質なコメントからうつ病を併発してしまったのではないか」という声も多く見られており、最近とても増えているネット上での悪質コメントに対しても批判の声をあげているそう。

カン・ダニエルくんを心配するファンの声の一方で、韓国のネット上では「ファンよりも彼女」という声が見られているのだとか。

その理由となっているのは、やはりカン・ダニエルくんが前事務所とのトラブルになった際、活動休止でありながらも彼女であるジヒョちゃんと会っていたということが原因となっているようです。

前事務所とのトラブルはファンたちがとっても心配していたことで、そのせいで活動休止になってしまった際にもファンたちはカン・ダニエルくんにずっと寄り添うようなコメントなどを寄せていました。

しかし、ファンたちが心配していたなかでカン・ダニエルくんはこそこそと彼女と密会を重ねていた・・・ということを知ってしまったことで、ネット上では批判の声が相次いでしまっているようなんですよね。

活動休止となった理由がこれと関係があるのかは分かりませんが、悪質なコメントというものは人を簡単に壊すことのできるものだということも最近わかりました。

所属事務所はファンに向けて、「カン・ダニエルの健康と活動に関して、無理な憶測と誤解はご遠慮いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。」と発表しています。

カン・ダニエルくんがまた元気に活動を再開できる日が来るように、今はただ回復を祈りたいですね。

関連記事

まとめ

今回はうつ病とパニック障害を公表したカン・ダニエルくんについて、熱愛公表と同時に活動休止の発表をしたことやうつ病などによる現在の状態などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・カンダニエルは大人気のソリスト!

・うつ病とパニック障害が発表され話題に!

・活動休止で現在は実家で療養中!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)