BTS(防弾少年団)のジョングクが、自動車事故で書類送検!飲酒運転していた?

みなさん、こんにちは!

今回はBTS(防弾少年団)の大人気メンバーであるジョングクくんについて、自動車事故で書類送検されていたことや飲酒運転の可能性があるという情報などをまとめてご紹介したいと思います!

BTSの人気記事をまとめました!BTSファンは要チェック!

BTSファン必見!防弾少年団おすすめ記事特集

2019.01.29

スポンサードサーチ

ジョングクのプロフィール

(参照:Twitter)

本名:チョン・ジョングク

ハングル表記:전정국

生年月日:1997年9月1日生まれ(グループ最年少)

出身地:韓国・釜山廣域市

家族構成:父、母、兄

血液型:A型

身長:178cm

体重:61kg

趣味:絵を描くこと、写真を撮ること、映画・アニメ鑑賞

特技:声帯模写、ボウリング、テコンドー

ジョングクくんはBTSのマンネ(最年少)メンバーということで、メンバーたちからとっても可愛がられているメンバーですね。

”欠点がほとんどない”なんて言われているほど、アイドルとしても人間としても完璧すぎるジョングクくんを表す言葉はまさに「ゴールデンマンネ」。

負けず嫌いの性格でプライドも高めということで、まさに黄金アイドルのジョングクくん。

デビュー当初は思春期まっさかりということもありシャイな性格だったそうですが、BTSの人気の上昇とともに性格も社交的を増したのではないかと言われていますね。

今でこそファンサービスも旺盛なジョングクくんですが、デビュー当初はカメラが回っているにもかかわらず恥ずかしがるような素振りを見せ、ちょっと話しただけでほかのメンバーの後ろに隠れてしまうというほど、内向的で大人しい性格だったというのが印象的でした。

メンバーたちがジョングクくんに話をふったり、前に出ることをすすめられても、それに応じることができないというほどのシャイボーイだったジョングクくん。

しかし人気が出てくるにつれてそのような行動も次第に弱まっていき、人気の上昇とともにテレビに映ることなども慣れてきたという感じですね。

そんなジョングクくんの成長を見て、周りの人たちやファンの方が「やっと思春期が終わったんだね・・・」なんて言っていたというのが面白いところ(笑)。

ファンのあいだでは、BTSの大ヒット曲『I NEED U』での活動をきっかけにジョングクくんの性格は変わったのではないかと言われているようです。

内向的だった性格も社交的に変わり活発的にもなったようで、メンバーたちとの絡みなども映像などで積極的に魅せてくれるようになったそう。

ただこの社交的な一面というのも、メンバーたちや見知っている人たちの前だけと限定されているようで、人見知りの性格は変わっていない・・・というところがかわいらしいところでもあります。

ジョングクくんいわく、「知っている人たちとはとても楽しく話すことができるが、初対面の人には自分から話しかけに行くことが苦手だ」とのこと。

正直者な性格としても知られており、「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い」と白黒はっきりとしているタイプ。

人見知りとは言っていてもファンサービスは異常なほどに神がかっているそうで、サイン会ではファンと恋人つなぎをしたり、顔を触らせてあげたり、もらったプレゼントでおちゃらけたりするなど、本当に黄金マンネとしか言いようがない完璧さ。

どんなに人気が出ても、優しい性格が変わらないところが多くのファンから愛されているのでしょう。

末っ子ではあるものの、グループのセンターとして活躍しているまさに”BTSの顔”。

マンネとしてお兄さんメンバーたちに甘えるような一面がとても可愛いのですが、一方でダンスや歌唱力、容姿端麗なビジュアルはとってもカッコよく、可愛さとカッコよさを兼ね備えたメンバーです。

また、メンバーたちへの愛情も強いと言われており、ある番組では「スケジュールが大変なところは問題ないが、お兄さんたちが苦労しているときに自分がしてあげられることがないのは辛かった」と涙を流したことも。

人一倍強いメンバー愛というのも、ジョングクくんを語るうえでは欠かせないものですよね。

大人気グループの大人気メンバーというのも大納得です・・・!

自動車事故で書類送検!

(参照:Twitter)

そんな誰もが認める”黄金マンネ”ジョングクくんが、10月に自動車事故を起こして書類送検をされていたということが明らかとなり大きな話題となっています。

BTS(防弾少年団)のメンバーであるジョングクくんが、10月、自動車を運転中に事故を起こしたという問題を起こし、ソウル・竜山警察署がジョングクくんを道路交通法および交通事故処理特例法違反の容疑で起訴相当の意見を付けて書類送検したと明らかにしました。

ジョングクくんは10月の末に、ソウル市竜山区で自動車を運転中にタクシーと衝突したそうです。

警察関係者によると、先月の28日に1回出頭を命じて取り調べを終えたそうで、被害者とは「円満に示談が成立した」とのこと。

しかしその事故での過失が大きかったことから、起訴相当の意見を付けて書類送検したと説明されているようです。

BTSの所属事務所であるビッグヒットエンターテインメントも、11月4日、BTSのメンバーであるジョングクくんが10月、運転中に事故を起こしたことを認めるとともに、被害者と合意に至ったことを明らかにしていました。

所属事務所によると、「ジョングクが運転中に本人のミスで接触事故を起こした。事故直後に本人が道路交通法に違反したことを認めた。」ということを明らかにしています。

また、「被害者とジョングクに大きな怪我はなかった。適法な手続きによって事故現場での処理、警察での供述を行い、被害者とも円満に合意に至った。」と説明している所属事務所。

そして、「被害者の方にあらためて謝罪する。ファンの皆さんにご心配をかけ申し訳なく思う」とコメントを発表しています。

とはいうものの、12月10日にソウル龍山警察署は、10月31日に自動車交通事故を起こしたジョングクくんを道路交通法違反及び交通事故処理特例法違反などの疑いを適用し、起訴意見で検察に送致したというのです。

韓国の法律専門メディアによると、「ジョングクは去る10月末、ソウル龍山区漢南洞で運転中のタクシーとぶつかる事故を起こした。ジョングクは事故当時”飲酒状態”ではないことが確認された。」と明かしているそう。

しかし警察関係者は、先月28日にジョングクくんを召喚し調査を終えたとしており、ジョングクくんが被害者と円満な合意に至ったが、事故過程で過失が大きいと判断したため起訴意見で送検したとしています。

ジョングクくんは警察調査に対しては誠実な態度で臨んだとされており、自身に向けられた嫌疑の大部分を認めたとのこと。

今回の件について韓国のネット上では、「オッパは毅然と対処したみたいで格好いい」「これからは運転に気をつけてね、愛してる」「どうかジョングクが傷つきませんように」「事故は仕方がないこと」というようなファンの声が多く見られていたようです。

注意喚起を促しながらも、これまでと変わらぬ愛を伝える声やジョングクくんの対処を称賛する方が多いようでした。

とはいうものの、一方で「軽くても交通事故は事故」「交通事故を軽視しているようなファンが理解出来ない」「ファンは擁護し過ぎていると思う。違法は違法だよ」と、過剰にジョングクくんを擁護するような一部のファンの発言に疑問の声も上がっていたようです。

被害者側には、すでに所属事務所側からの謝罪も行われたとのこと。

しかし、一部で見られているジョングクくんへの過剰な擁護も問題視されているようで、ジョングクくんの自動車事故がさらに注目されることになっているようです。

一度は「円満に示談が成立した」というこの自動車事故で、なぜその後「書類送検」となったのかというところも疑問ですが・・・時間が経過して対処が変わるというのはたしかに不思議なことですね。

スポンサードサーチ

飲酒運転浮上

(参照:Twitter)

自動車事故で書類送検となったジョングクくんですが、一度は「円満に示談が成立した」この事故で、なぜその後「書類送検」となったのかというところがやはり気になるところですよね。

通常では、円満に示談が成立しているというのであれば、その後「書類送検」となったりすることはほとんどないそうなのですが・・・一体なぜなのでしょう?

示談から書類送検とされた場合、許してはいけない箇所や見逃せない箇所などが明らかになったと考えられます。

そのためネット上では、「もしかすると飲酒運転だったのではないか・・・?」という噂が広がってしまっているようなのです。

ジョングクくんが自動車事故を起こした10月末、ソウル市竜山区で乗用車を運転中にタクシーと衝突するという事故を起こしたものの、事故当時「飲酒運転ではなかった」とされていました。

しかし、円満な示談が成立していたにもかかわらず、その後の取り調べなどを行った後に書類送検をされているということなどから「本当は飲酒運転だったのではないか」という疑問が広まってしまっているようなんですね。

ソウル竜山警察署は2019年12月10日、ジョングクくんを「道路交通法および交通事故処理特例法違反の容疑」で『起訴相当』の意見を付けて書類送検した、と明かしていますが、『起訴相当』とはいったいどのようなものなのでしょうか?

起訴相当とは、検察審査会が議決する審査結果の一つのこと。

「検察官が不起訴とした事件について、検察審査会が起訴を相当と認める場合、審査員の3分の2(8人)以上の多数をもって議決するもののこと」を言うそうです。

つまり、ジョグクくんに何らかの過失が認められた・・・ということなのでしょう。

警察関係者によると、ジョングクくんと被害者とは円満に示談が成立したものの、「事故での過失が大きい」ため起訴相当の意見を付けて書類送検した、とのことだそうですね。

円満に示談が成立しているにもかかわらず、「起訴相当」という意見付きの書類送検となったことによって、ファンたちは大きなショックを受けているようです。

すでに示談が成立しているにも関わらず「起訴相当」という事態になるということは、かなり重大な過失がジョングクくんにあったということを示唆しているということになってしまいますからね。

しかしそのジョングクくんの過失の具体的な内容については、今のところ明かされていない状況です。

そのため、インターネット上ではあらゆる憶測が飛び交っている事態となってしまっているとのこと。

「事務所も飲酒運転だったことを隠しているのではないか?」「示談にしても書類送検ということは重大な過失であるに違いない」と、厳しい声も多く見られているようでした。

たしかに今の段階では、飲酒運転を疑われてしまう状況も納得できてしまうのですが・・・しかしあくまでも本人ではなくネット上での憶測ということなので真実は定かではありません。

「道路交通法および交通事故処理特例法違反の容疑」で『起訴相当』の意見を付けての書類送検・・・ということで、ジョングクくんと所属事務所の今後の対応にも注目が集まっている状況です。

今後はジョングクくんも所属事務所も、何とかこの件を不起訴に持って行けるように行動するであろうということが予測されていますね。

ネット上で予測されていることとしては、ジョングクくんの所属事務所であるビッグヒットエンターテインメントが法律専門家などを通じて手を尽くすのではないかと言われているようです。

やはりこのような「書類送検」という状況になってしまうと、今後の活動に影響を及ぼしてしまう可能性も十分に考えられることから、所属事務所の対応も尽くされると思われますね。

ちなみに、この件でジョングクくんが不起訴になれば刑事裁判による処罰に至らないため、前科ということにはならないようです。

飲酒運転ではないと明かしていることから、書類送検の理由に注目が集まっているところ。

今後どのような対応を見せるのか、まだまだ目が離せませんね。

BTSの人気記事をまとめました!BTSファンは要チェック!

BTSファン必見!防弾少年団おすすめ記事特集

2019.01.29

まとめ

今回はBTS(防弾少年団)の大人気メンバーであるジョングクくんについて、自動車事故で書類送検されていたことや飲酒運転の可能性があるという情報などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・ジョングクは黄金マンネ!

・自動車事故で書類送検され話題に!

・飲酒運転ではないとのことだが疑惑が浮上している!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)