SEVENTEENワールドツアーの日程を全てキャンセル!新型コロナウィルス影響

みなさん、こんにちは!

今回は大人気グループSEVENTEENのワールドツアーについて、残りの公演すべてをキャンセルしたことやその理由、ファンたちの反応などをまとめてご紹介していきたいと思います!

SEVENTEENの関連記事

ワールドツアー「ODE TO YOU」公演中

(参照:Twitter)

SEVENTEENが大規模なワールドツアーを決定させ、精力的に公演を行ってきました。

ワールドツアー『ODE TO YOU』は、世界中のファンたちに会いに行くために、SEVENTEENがアジアのみならず北米まで飛んでいきコンサートをするという大規模なもの。

SEVENTEENは2019年10月1日、公式SNSチャンネルを通じて「SEVENTEEN WORLD TOUR『ODE TO YOU』NORTH AMERICA」というフレーズとともに、ワールドツアーの開催を発表しました。

北米ツアーのポスターを追加で公開し、北米のみならず世界中のファンたちの爆発的な反応を得ていましたね。

SEVENTEENは2020年1月10日に開催されたニュージャージー州を皮切りに、12日にシカゴ、14日にダラス、15日にヒューストン、17日にメキシコシティ、19日にロサンゼルス、21日にサンノゼ、23日にシアトルと、合計8都市の北米ツアーを行ってきました。

この地域のファンたちは、普段はSEVENTEENに直接会うことができないほどの距離に住んでいるファンたちがほとんどのため、このワールドツアーは大盛り上がりで大盛況となっています。

”君に送る歌”という意味が込められた、SEVENTEENのワールドツアー『ODE TO YOU』。

このワールドツアーは、2019年8月30日にソウルで華やかな幕開けをしたとともに、爆発的な注目を集めました。

その後ソウルに続いて日本、ジャカルタ、バンコク、マニラ、クアラルンプールなどのアジア8地域でワールドツアーを大成功させてきたSEVENTEEN。

その後さらに北米8都市も追加で公開されたことによって、世界中のSEVENTEENファンたちの喜びの声にも熱がこもっている状況という感じでしたね。

このワールドツアーは毎公演ごと、チケットオープンと同時に全公演の全席ソールドアウトなど、とても速いスピードを記録しており、ずば抜けたチケッティングの難易度を証明したようです(笑)。

コンサート内容は、SEVENTEENならではのシンクロダンスはもちろん、高い歌唱力や磨かれた高いラップセンスなどを存分に披露され、とても豊かなセットリストになっていると言われています。

これまでの実力を魅せる中でさらに成長した姿もアピールしているということで、これまで以上に今回のワールドツアーでは全世界をSEVENTEENの魅力に惹きつけているそう。

今なお成長し続けているSEVENTEENのワールドツアーに、全世界のファンたちが期待をしていました。

残りの公演を全てキャンセルすることを正式に発表

(参照:Twitter)

そんな期待されていたSEVENTEENのワールドツアー『ODE TO YOU』ですが、残りの公演すべてをキャンセルすることが所属事務所からの発表によって明らかになりました。

SEVENTEENの所属事務所であるPledisエンターテインメントは、2月9日、公式ホームページを通じて「現在、新型コロナウイルスが全世界に拡散されている深刻な状況により、アーティストとファンの方の健康と安全の為に2月と3月に行われるSEVENTEENワールドツアーがキャンセルされた」と発表しました。

所属事務所側は、「アーティストと観客、スタッフたちの健康と安全を最優先に考慮し、追加的被害拡散を防ぐため」としたうえで、「公演を待ってくれたファンの皆様に深くお詫びし、ファンの理解をお願いする」と付け加えています。

所属事務所によると、キャンセルされる公演は2月と3月におこなれる予定となっていたコンサートとのこと。

ちなみにキャンセルされることが決定した公演は、以下の通りです。

2月22日・・・KUALA LUMPUR
2月29日ライブ・・・TAIPEI
3月3日・・・MADRID
3月5日・・・PARIS
3月8日・・・LONDON
3月10日・・・BERLIN

公演を楽しみにしていたクアラルンプール、台北、マドリード、パリ、ロンドン、ベルリンのファンたちにとってはかなり悲しいお知らせとなってしまいましたが・・・コロナウィルスへの対応ということで仕方がない対処という感じもしますね。

そして5月には、ワールドツアーIN JAPANとして日本での開催も行われることが決定しています。

ちなみに日本の公演予定のスケジュールは、以下のようになっています。

5月9日、10日・・・埼玉(メットライフドーム)
5月19日、20日・・・東京(東京ドーム)
5月23日、24日・・・福岡(ヤフオク!ドーム)
5月27日、28日・・・大阪(京セラドーム大阪)

実は今回のキャンセルに関して、コロナウィルスが原因でのキャンセルということで海外のファンたちが「日本公演も中止しろ」という声を上げ続けているんですよね・・・。

しかし今回は日本での公演が他国とは違い”ドーム公演”となっていることによって、キャンセルするという可能性は低いのではないかと言われています。

とくにドーム公演となれば、SEVENTEENの夢の舞台ということにもなります。

ドーム公演、とくに東京ドームでの公演というのは、集客の見込みがなければ絶対に無理なこと。

そのためファンのあいだでは、もしも今回コロナウィルスのせいで中止になってしまった場合、もしかすると二度と東京ドームには立つ機会を得られないのではないか・・・とシビアな声を上げている方も。

もちろん健康や体のことを考えれば、少しでも危ない橋は渡ってほしくないというのもファン心ですよね。

コロナウイルスがいつまで続くかは分かりませんが、4月から5月がピークという声もあるようなので、その場合は念のためということでドームも中止になる可能性は高いと思われます。

SEVENTEENのことを考えればどんな判断をすればいいのかすぐにわかると思いますが、決めるのは事務所側ということで、メンバーたちの体をしっかりと考えて慎重に考えてほしいですね。

とはいうものの、やはり世界各国でワールドツアーを待ち望んでいるたくさんのファンたちにとっては、とても残念な出来事となってしまいました。

ファン達の反応は?

(参照:Twitter)

今回SEVENTEENのワールドツアーが中止(キャンセル)となってしまった場所は、先ほどもお伝えしたようにクアラルンプール、台北、マドリード、パリ、ロンドン、ベルリンとなっています。

ここでSEVENTEENに会うはずだったファンたちは、とても残念な声を上げているようです。

もちろん当たり前と言えば当たり前のことですし、コロナウイルスで仕方がないと頭では分かっていても残念な気持ちが言葉に出てしまう気持ちも納得できる気がします。

そんな海外のファンたちに対して、日本でも「海外のファンたち可哀想だなぁ・・・」という声がとても多く見られていました。

コロナウイルスで仕方がないということは皆さん理解したうえで、海外のファンたちの楽しみを考えるとどうしても可哀想だと思ってしまうんですよね。

多くの海外のファンたちにとって、このワールドツアーはSEVENTEENが生で見られる”一生に一度のチャンス”という方も中にはきっといたことでしょう。

仕方がないことだとは分かっていても、残念な気持ちは変わりません。

しかしそれはファンたちだけに限らず、SEVENTEENのメンバーたちにも言えることだろうという声も。

SEVENTEENが新しい土地で初めてのワールドツアーを開催できることというのは、韓国になかなか来ることのできない海外のファンたちだけでなく、SEVENTEENとしても海外進出できるということはとても嬉しかったと思います。

たしかにそうですよね、この仕事をしていなければ生涯行くことのない場所にもコンサートを開催しに行くことができるのですから。

ただ、そんな海外のファンたちが「日本の公演も中止にするべきだ」と言っているのも、気持ちはわかりますが悲しい気もしてしまいますね。

SEVENTEENの海外のワールドツアーがキャンセルされたことによって、ファンのあいだでは5月の日本公演の心配がされ始めていることもたしか。

ネット上の情報をみてみると、どうやらコロナウィルスのピークが4月の下旬から5月の上旬であるというような話も出ているのだとか。

そうなってしまうと、SEVENTEENのワールドツアー日本公演もおそらく中止(キャンセル)になってしまう可能性は十分に考えられるでしょう。

ファンのあいだでは「プレディスは日本公演は絶対やると思う」というような声も見られていましたが、ギリギリまで判断を伸ばすというのもやめてほしいところ。

ドームツアーということもあり、事務所もなかなかギリギリまで判断をつけることが厳しい状況ではあるかと思われます。

しかし状況をしっかりと把握したうえで、日本公演も適切な対応をしてほしいと願うばかりですね。

他アイドル達への心配の声も

(参照:Twitter)

今回SEVENTEENのワールドツアー(残りのすべての公演)がキャンセルになったことで、ほかのアイドルたちへの心配の声も広がり始めてきているようです。

というのも、韓国の大統領が国民たちに対して「日本への渡航自粛」を呼びかけたそうなんですよね。

それがきっかけとなって、SEVENTEENのほかのアイドルたちも日本へ行くと危険だ、こんな時にコンサートなんてやっている場合じゃない、なんて声も見られているようなのです。

これからコンサートが予定されているほかのアイドルたちがすでにいるようで、そのアイドルたちに向けて警告の言葉まで本国ファンからは送られているというから・・・なんだかちょっと悲しくなってしまいますね。

日本が汚染国扱いを受けている中、韓国のファンたちは日本へコンサートやイベントなどをしに来る予定のアイドルたちに「行くな!」と言っているのだそう。

まぁ仕方がないという気もするのですが、あまりに露骨すぎて悲しくもなります(笑)。

たとえば、SHINeeのテミンくんはこれからコンサートを控えているようですし、TWICEもこれからコンサートもすでに予定されているとのこと。

調べてみると、ASTROのリリイベが延期になったそうで、パクジフンくんのコンサートは中止になってしまったそう。

THE BOYZのコンサート予定もこれからあるようですが、これも中止になるのではないかと心配の声が広がっています。

さらにSMエンターテインメントのSuperMは初めて東京ドームでの公演が予定されており、Stray kidsはなんと日本デビューを目前に控えているのだとか・・・。

とんでもないタイミングでコロナウィルスが広まってしまったんですね・・・(いやいつのタイミングでもこんなウイルス喜びませんが・・・)。

SEVENTEENのスケジュールなどが中止(キャンセル)となっていくなかで、延期という処置をとっているASTROさんはファンの気持ちをなんとか安定させてくれているようです。

他のアイドルたちも延期という対応ができればよいのですが、コンサートとなると会場などの手配などもあることからなかなか延期という処置をとることが難しいのかもしれませんね。

今回コロナウィルスが原因となって、SEVENTEENをはじめさまざまなアイドルたちの活動に影響が出てしまっています。

仕方がないことではありますが、今はただこの事態が収束することを待つしかないのかもしれません。

みなさんもコロナウィルスにはくれぐれも注意して、SEVENTEENの日本公演が予定通りに行われることを楽しみに待っていましょうね・・・!

SEVENTEENの関連記事

まとめ

今回は大人気グループSEVENTEENのワールドツアーについて、残りの公演すべてをキャンセルしたことやその理由、ファンたちの反応などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・セブチはワールドツアーの真っ最中!

・コロナの影響で残りの海外公演を中止!

・ファンたちは悲しみの声を上げている!

・他のアイドルたちにも影響が出始めている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)