驚愕!BTSジョングクの19個タトゥー徹底解説!

みなさん、こんにちは!

今回ご紹介するのは、世界的に大人気のK-POPアイドルスターグループ「BTS」のジョングクのタトゥーについてです。


関連動画もチェック!【公式YouTubeチャンネル】

ジョングクの19箇所あるタトゥー

ジョングクは、BTSのメンバーの中でマンネ、一番年下のメンバーになります。

ジョングクは、とにかくイケメンでBTSの中でも人気が高いメンバーですが、デビュー当時は高校生で幼かった為、タトゥーとは程遠いイメージでした。

それがいつの間にか「身体にどんどんタトゥーが増えていっている!」と、ファンの中でも大きな話題となっています。

その問題のタトゥーですが、現在、ジョングクの体には19個ものタトゥーが入っています。

ファンの間では、一体何個まで増えるの?と少し心配の声もあるようですね。

では、19個のタトゥーは一体ジョングクの体のどこに入っているのでしょうか?!

調べてみました。

19個のタトゥー

まずは、手です。

映像や画像をみると、手の甲にいくつかのタトゥーが入っているのが確認できます。

また、腕や肩にもタトゥーが彫りこまれていました。

手の指にはBTSのファンの呼び名である『ARMY』の文字と『J』の文字があります。

これは、ARMYの文字にも見えますが、『A』の文字が不完全で反対にすると『V』にも見て取れることから、

ファンの間では、メンバーであるテヒョン(V)の意味なのではないかとも言われています。

そうなると、BTSメンバー全員の名前の頭文字が入っているんです!

J』は、ジョングク、ジン、J-HOPEの頭文字であるJ

M』は、Jの下にあるので、繋げて読むとジミン。

A』は先にも話した、反対にするとテヒョンのV

R』は、RMR

Y』は、SUGAの本名であるユンギのY

メンバー全員の名前と、ファンの名前をかけて入れる辺りかっこいいですね~!!

そして、手の甲には『ARMY』のロゴマークが彫ってあります。

他にもハートマークや+マーク、小さいクラウン、顔文字なども入っています。

また、印象的なのは『0613』という数字。

こちらの数字は、BTSのデビュー日である、613日を表したものなんです。

これらを見ていくと、BTSARMYとの関係、またジョングクがグループを大変愛しているのが感じとれますよね^^

次に、腕です。

腕には、たくさんのタトゥーが彫り込まれています。

Rether be dead than cool』という文字と、『Make hay while the sun shines』という文字がクロスで重なって入っています。

この、『Rether be dead than cool』は、ジョングクが昔番組で書いた直筆プロフィール表の、座右の銘の欄にも書いてある言葉なんです。

それから、スケルトンの手の骨。

この手の骨は、ロック界では有名なポーズである、『メロイックサイン』というポーズで入っています。

あとは、黒の3本線ですが、こちらは韓国の国旗にある3本線なのでは?と言われています。

他にも、タイガーリリーという花や、ト音記号、マイクも彫ってあります。

まだまだあって、TRUTH』という英文字や、日本語の『花様年華』、あとは何かわからない絵も発見しました。

でも、個人的に印象的なのが大きな赤い目のタトゥーです!

どんな意味があるのかはわかりませんが、チョット怖いですよね()

次に肩。

肩にも、1つ大きな魚の絵のようなタトゥーがあります。

そして最後に、脇腹です。

2020年にリリースされた『ON』ですが、このMVの中で、ジョングクの脇腹にも新しいタトゥーが入っている!と話題になりました。

チラッと見えるだけなのでいつから入っていたのか、その絵は何なのかなどはわからないようです。

まとめると・・・

手に7個、腕に10個、肩に1個、脇腹に1個で、合計19個のタトゥーが入っているようですね~!

タトゥーは、それぞれ何かしら意味を込めて入れる人が多いですよね。

ジョングクもBTSARMYへの愛を表現しているタトゥーが入っているので、嬉しく感じるファンもいれば、

どんどん増えていくタトゥーに戸惑い・心配するファンもいて、心境は複雑ですね。

以上今回は、BTSのジョングクのタトゥーについてご紹介していきましたが、皆さんはどう思いましたか?

是非、コメント残してくれると嬉しいです。

関連動画もチェック!【公式YouTubeチャンネル】

 

おすすめ記事(広告を含む)