MAMAMOO後輩「PurpleKiss」デビュー!彼女達のプロフィールは?

みなさん、こんにちは

今回は、PURPLE KISSのデビューについてご紹介します。

PURPLE KISS

日本でも人気のガールズグループMAMAMOO(ママム)の妹グループです。

所属事務所Rainbowbridge Worldから、なんと6年ぶりの新人ガールズグループのデビュー。
これだけで、事務所の力の入れようが窺えます。

すでに公式YouTubeの登録者が30万人を超えており、デビュー前から、着実にファンを獲得しています。
この盛り上がりは、かなり期待値が上がりますね。

グループ名は、PURPLE KISS(パープルキス)。

グループ名に込められた意味は、
「パープル」は様々な色が混ざって作られていて、
メンバーそれぞれの個性が合わさって作られる音楽的色を指します。

そして愛の力を表現する際に使われる「キス」。

この2つを合成し、多くの人に愛を届けたいという意味があるようです。

 

PURPLE KISSのメンバーのプロフィール

ここからはPURPLE KISSのメンバーのプロフィールについて、
年齢順に紹介していきます。

パク・ジウン

1997年9月4日生まれ。
出身地は韓国、身長166cm、体重:49kgです。
ジウンは今活躍しているIZ*ONE結成のオーディション番組、PRODUCE48に出演していました。
当時最終メンバーには残れませんでしたが、
これからは、PURPLE KISSで活動する姿が見られるのは嬉しいですね。

ナ・ゴウン

1999年9月3日生まれ。
出身地は韓国、身長160cm、体重44kgです。
ゴウンはジウン同様、PRODUCE48に出演していました。
IZ*ONEとしてのデビューは叶いませんでしたが、
今回PURPLE KISSとしてのデビューが決定しました。
認知度も十分にありますし、当時から応援していたファンも多いです。

チャン・ウンソン

2000年2月11日生まれ。
芸名は도시(トシ)です。
ウンソンはYG主催で開催されていたオーディション番組、MIXNINEに出演していました。
確かな実力がありましたが、最終メンバーには残れませんでした。
MIXNINEはデビュー後、人気グループになるのが確実だと思われていましたが、
YG側は見込みなしとデビュー無しの判断をし、当時は裁判沙汰になるほど話題でしたね。

チョ・ソヨン

2002年4月30日生まれ。
芸名は이레(イレ)、
出身地は韓国です。
元YG練習生ということもあり、
ダンスの実力が非常に高いと注目が集まっています。

毛利小雪

2002年11月6日生まれ。
芸名は유키(ユキ)。
出身地は日本です。
ユキはPURPLE KISS唯一の日本人メンバーです。
もともとはRBWの練習生として活動していました。
これからデビューするにあたって、日本からも注目されると思います!

イ・チェヨン

2002年12月5日生まれ。
芸名は채인(チェイン)。
出身地は韓国です。
チェヨンはサバイバル番組Kポップスターに2度出演。
当時はなんと、最年少の10歳で参加していました。
実力、知名度ともに十分あるため、PURPLE KISSとしての活動が楽しみですね。

パク・スジン

2003年7月11日生まれ。
芸名は수안(スワン)。
出身地は韓国です。
スジンは先輩ママムなど人気アーティストの、
ガイドボーカルやコーラスを担当していました。
英語力、歌唱力の高さが注目されています。
加えて、スジンはPURPLE KISSのマンネ(末っ子)です。
これからスジンの可愛らしいところがたくさん見られるのが楽しみですね。

まとめ

今回は、RBWから6年ぶりにデビューする7人組ガールズグループ、PURPLE KISSのプロフィールをご紹介しました。

グループに日本人メンバーがいることや、先輩のママムの日本デビューを果たしているので、日本デビューもするのではないでしょうか?

今後のPURPLE KISSの楽曲や活動から目が離せませんね。

みなさんはPURPLE KISSのデビューについてどう思いましたか?
コメントを残してくれると嬉しいです!

おすすめ記事(広告を含む)