【BTS】J-HOPEの脱退!チームに戻したRMの“一言”とは?感動エピソード

みなさん、こんにちは!
今回ご紹介するのは人気グループBTSのメンバーであるJ-HOPEが一度は脱退したことがあるという事実についてです。過去にそんなことがあったなんて驚きですよね。

そんなJ-HOPEを引き戻したのはリーダーRMの一言でした。
どんな一言が感動を呼び、JーHOPEをチームに戻したのかご紹介していきましょう。


【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】BTSウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

J-HOPEプロフィール

本名 チョン・ホソク
生年月日 1994年2月18日
身長 177㎝
血液型 A型

BTSのメインダンサーとサブラッパーを担当しているホソク。

とても明るく、ムードメーカー的存在でメンバー思いですね。
しかし、怖がりな一面もあるとか…。

中学生の時からダンスをしており、ダンススクールに通っていました。

地元のダンスチームに所属していたり、ストリートダンスをしたこともあったりと、当時からダンスに情熱を注いでいたんですね。

ダンスバトルや大会では優勝した経験もあり、BTSとしてデビューする前からダンスが上手なことで有名でした。

BigHitの関係者がJ-HOPEの通うダンススクールを訪れてオーディションを行った際、
そのオーディションは設置されたカメラの前で自由な姿を見るというものでしたが、J-HOPEはカメラの前で2~3時間の間、延々と踊っていたそうなのです。

J-HOPEはそのオーディションに合格し、事務所へ入所することになったのです。

J-HOPE、一度チームを離れた過去

J-HOPEはまだデビューする前の練習生だったころに一度チームを離れたことがありました。

当時、チームからBTSとしてデビューするメンバーの候補の中に入っていなかったジミンとJ-HOPE。

J-HOPEはすでに辞めることを決意し、メンバーに自ら報告したといいます。

当時まだ15歳の中学生だった最年少のジョングクはJ-HOPEに抱き着いて「辞めないでほしい!」と泣きながら懇願したそうです。

しかし、もう決心したJ-HOPEは宿舎を出て行ってしまいました。

リーダーのRMはすぐにBigHitのマネジメントに駆け寄り、直談判をします。

自分たちにはどれだけJ-HOPEが必要な存在かを説明し、グループに戻してほしいとお願いしたのです。

「ぼくたちにはチョン・ホソク(J-HOPEの本名)が必要なんです。彼がいないとチームではなくなってしまうんです。」

実はBigHitは当時弱小事務所でした。

そのためラップモンスターであるRMの権限はとても大きく強いものだったのでしょう。
現にRMに影響されてジョングクやほかのメンバー達が加入してきたのです。

そこでそのままRMの意見に反論してJ-HOPEを辞めさせてしまったら、ジョングク達も辞めて行ってしまうのではないかと事務所は考えるでしょう。

J-HOPEを戻さないと主要メンバーがみな辞めて行ってしまう…と。

RMはメンバーの中でも頭の回転が速い人です。

そのようなことも考えたうえでの事務所との交渉だったのかもしれません。

メンバーたちの思いもあり、事務所はJ-HOPEを戻すことにしました。
J-HOPEもメンバー達を信じて頑張っていくと改めて決意します。

そしてBTSは現在の7人でのデビューをすることとなったのです。

まとめ

BTSのダンスパフォーマンスの高さは世界中で評価されています。

そんな息のあったダンスをリードしているのはBTSの中でもダンスの実力No.1のJ-HOPEです。

彼がいなければBTSは成り立たないといっても過言ではないのでしょう。

BTSメンバーの絆の強さを感じられるエピソードでしたね。

皆さんはどう思いましたか?コメント残してくれると嬉しいです!


【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】BTSウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)