BLACKPINK妹グル「Baby Monster」がデビュー間近?!

みなさん、こんにちは!

今回は、BLACKPINK妹グル「ベイビーモンスター」についてご紹介していきます。

【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】BTSウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

BLACKPINK妹分”Baby Monster”が誕生!

アジアに舞い降りた“次世代ガールクラッシュ”との異名を持ち、米ビルボードチャートにも度々チャートイン!

今や世界的な人気を誇る、韓国の4人組ガールズグループ「BLACKPINK」。

なんと今その妹分となるグループがデビューするとの噂が…。

BLACKPINKの所属する事務所であるYGエンターテインメントは、かつて日本でもブームを巻き起こした「BIGBANG」が所属していることでも有名ですが、そのYGエンターテインメントからBLACKPINK以来となる新人ガールズグループをデビューさせる予定と言われています。

その名も「Baby Monster(ベイビーモンスター)」。

略称は「ベビモン」と呼ぶらしく、このグループ名と略称はすでにYGエンターテインメントが商標出願をしており、ほぼ確定とのことです。

BLACKPINKは略称「ブルピン(ブラピン)」なので、どちらも響きが似ていて可愛いですよね。

ちなみに「ベイビーモンスター」と聞いてピンときたBLINKも多いのではないでしょうか?!

それもそのはず、「ベイビーモンスター」はかつてBLACKPINKがデビュー前にグループ名の候補として上がっていた名称でもあります。(「マグナム」や「ピンクパンク」というのも候補にあったそうですが…。)

その名前で妹分のグループが正式デビューとなるのは、BLINKとしても感慨深いですし、とても気になるところです。

さて、注目のデビュー時期についてですが、アナリストの間では“2021年の夏頃”との見方もあり、韓国メディアでは、BLACKPINKと同じく多国籍グループになるのではないかと予想されているようです。

「BabyMonster」デビューの噂が囁かれ始めたのは、その商標出願が明らかになったことからですが、同事務所所属で2020年にデビューした12人組ボーイズグループ「Treasure」のとあるリアリティー番組にその名前が登場したことでも、大きな話題に。

番組内で「Baby Monster」と書かれたダンス室が映り込んでいた為、その存在が注目されることになりました。

ダンス室の扉には「BABY MONSTER  DANCE STUDIO(ベイビーモンスター・ダンススタジオ)と書かれており、その内部の様子も公開されています。

これを見たファン達が“新しいグループの名前では?”と注目していたそう。

また韓国芸能のスターニュースは取材を行い、“Baby Monsterは、音楽的な部分により重点を置いたグループで、歌では他の追随を許さない”と伝えており、更には「Treasure」とはまた違ったカラーを見せる見通しとのことです。

Treasureといえばデビュー時、従来の“YGエンターテインメント感がないグループ”ということでも話題を集めました。

これまでのYGエンターテインメントといえば、「BIGBANG」や「iKON」など少人数でフリーダムなパフォーマンスのイメージが強く、“歌って踊るアイドル”とは違う特色を持っていましたよね。

ですがそのイメージとはかけ離れた、ある意味で“K-POPらしい”大人数で一糸乱れぬダンスパフォーマンスをするアイドルグループという、YGエンターテインメントとしては初の試みとも言えるグループです。

そのTreasureとはまた違ったカラーということは…。色々と想像が膨らみますね。

また、事務所内の一部では“Big mama(ビッグママ)風になるのではないか”との話も出ているようです。

「Big mama」は2012年に解散をしてしまいましたが、かつてYGエンターテインメントに所属し実力派ミュージシャンの地位を得た、4人組の女性R&Bグループ。

今回デビューとなる「Baby Monster」はそうした“実力派”の女性ガールズグループとなるのでしょうか…。

人数など具体的にはまだ決まっていないようですが、とても期待が高まりますね!

今後の活動に目が離せません!

まとめ

以上、今回は「「BLACKPINK」妹グル「ベイビーモンスター」がデビュー?」についてまとめてご紹介しました。

皆さんはどう思いましたか?

コメント残してくれると嬉しいです!

高評価・チャンネル登録もぜひよろしくお願いします!

【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】BTSウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)