ITZYが楽曲に込めた本音とは?メンバーが悩みや本心をメンバー達が告白!

みなさん、こんにちは。

今回は、ITZYがファンに向けて本音を語った “Letters to MIDZY”でのエピソードをご紹介します。

【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】BTSウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

【公式】TWICEウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

ITZYが楽曲に込めた本音とは?

ITZYは、強い女性をコンセプトにしたガールズグループ。
楽曲、歌詞、MVからも、カッコよくてクールな自立した女性像が強く浮かび上がってきます。

そんなコンセプトから、メンバーたちも「私は私、他人の言うことなんて気にしないわ」という強い女性だと捉えてしまいますが、“Letters to MIDZY”では、彼女たちの意外な一面が明かされています。

ファンに向けて公開された映像の中で、5人のメンバーが悩みや本心、メンバー達の歌詞パートの部分について語ってるのでご紹介します。

リア

リアの歌詞パートはこちら↓

“大変で逃げたい瞬間が来ても それは君が弱いんじゃない”

“耐えるとはすなわち打ち勝つこと 結局あなたは打ち勝つよ”

メインボーカルのリアは、ダンスの実力が劣っていることで悩んでいました。

「メンバーたちのダンスの実力は優れているし、カッコよくて魅力あふれるパフォーマンスがITZYのコンセプトに与えてくれる力は大きいです。パフォーマンスはとてもカッコよくて好きだけど、うまくできない。デビュー曲の時は大変でした。ステージに上がることを負担に感じ、自信をなくしました。つらくても過ぎ去っていくだろうと思って耐えた結果、打ち勝ったと言われるのだと思います。耐えるということは、自分を信じて、負けずに歩き続けることだから、自分にとってとても力のある言葉です。今までそうだったように、これからもずっと時間を信じて歩いて行きます。」

イェジ

イェジの歌詞パートはこちら↓

“自分自身を愛すること。そして堂々とすること。あなたを信じている。”

リーダーのイェジは、一人で抱え込んで、感情を表現できなくなっていました。

「リーダーをやりたくありませんでした。嫌なことを言わなければいけない負担や責任感が大きく、爆発するときがありました。メンバーと話して、各自の役割に合わせて助けてあげられるし、責任感を一人で負わなくてもいいと言われて、ありがたかったです。悲しいときは悲しむこと。感情表現に正解はないから、果敢になって勇気をもってほしいです。」

チェリョン

チェリョンの歌詞パートはこちら↓

“誰よりも自分自身を信じて愛してあげよう。”

チェリョンは、人からの批判に苦しんでいました。

「デビューする1年前が一番大変でした。デビューをずっと夢見てきたのに、こんなに人に嫌われるくらいなら意味がないと思いました。歌詞のように、自尊心と自信を持てる人はごくわずかだと思います。自分が優れていて堂々としているから歌っているわけではなく、エネルギーを与えたくて歌っています。」

リュジン

リュジンの歌詞パートはこちら↓

“周りの言葉よりは、自分のための人生を生きていってほしいです。”

“完璧でなくてもいい。誰が何と言っても私は私だから。”

リードダンサーのリュジンは、相対的な評価に不満を抱いていました。

「私たちはパフォーマンスの練習をとてもたくさんしています。一生懸命に準備したパフォーマンスを見せた時に「ガールズグループにしては・・・」という言い方が、褒め言葉には聞こえませんでした。女性だからと考えてつくったパフォーマンスではないので、ただありのままを見て感じてほしい。相対的ではなく、ただ褒められたいです。」

 

ユナ

ユナの歌詞パートはこちら↓

“顔色をうかがうことなく堂々と。あなたを信じている。”

最年少のユナは、世間の視線を気にして自分を閉じ込めていました。

「幼い頃に社会に出て、ストレスも感じる時もあったけれど、自分だけが大変なわけではないから、うまく表現できませんでした。人よりもいい会社に入って早く成功したのに何が不満なのか、という視線があるけど、その通りなんですよね。大変でも我慢して、もっと一生懸命できるけど、自分がかわいそうなときもあります。ありのままを見せたかったのに、いつしか人からどう見られるかを気にして、自分を閉じ込めてしまうようになりました。自分の感情に共感してあげないといけないのに、頭で考えてわからなくなる。人が感じる感情なんだから、そういう感情に本人が気後れしないでほしいです。」

悩みなんて吹き飛ばすくらいの強さとタフさをもつアイドルグループという印象だったITZY

メンバーそれぞれが語るLetters to MIDZY を見たら、若くして一躍有名人となってしまった少女たちの苦悩や葛藤が赤裸々に明かされ、作り上げられた偶像ではない人間らしい一面が垣間見られました。

まとめ

ITZYに限らず、他のアイドルたちにも共通する部分があったのではないでしょうか。
最後にメンバーから贈られたメッセージが、強さの秘訣となりそうです。

皆さんはどう思いましたか?
コメント残してくれると嬉しいです!

おすすめ記事(広告を含む)