BTSユンギとIUのコラボ!「eight」の裏話とは?

みなさん、こんにちは!

今回は韓国を代表する歌姫IUと今や世界的スターBTSユンギのコラボ曲「eight」の裏話について紹介します!



BTSユンギとIUのコラボ曲がリリース

2020年4月27日、韓国の歌姫IUとBTSユンギがコラボ曲を発表!という報道にファンは驚きと歓喜の声を上げました!

韓国の超大物アーティストのコラボは世界中のK-POPファンの注目を集め、楽曲への期待も高まり、大きな話題になりましたね。

そして5月6日、デジタルシングル「eight」が公開!

その曲がこちらです。

IU自身もアルバムプロデュースを行い、ユンギもBTSの楽曲制作をはじめとして数々のアーティストの楽曲プロデュースを行ってきました。

この曲は全体的にスッキリとした爽快感が溢れる楽曲ですが、ギターの音でもの寂しさが演出されています。

このなんとも言えない物寂しさが意味しているものは何なのでしょうか??

コラボ曲「eight」に隠された裏話とは?

2人のコラボ曲「eight」はサビ部分のIUの高音の歌声とは対照的に、ギターの音が際立ちますよね。聞いていると爽快感の裏に何か悲しみがあるようなそんな気さえします。

「So are you happy now(それで今あなたは幸せなの?)」という問いかけで始まるこの曲ですが、実はファンの間で亡くなってしまったIUの友達に向けられた歌なのでは?と言われているのです。

その理由はこちらのMVにも隠されています。

ファンはこのMVに出てくる「トカゲ」と「桃」に注目しました。

まず、「桃」はIUと親交が深かった友人ソルリのニックネームでした。

IUのいる部屋には桃のランプが置かれています。

そして親友SHINeeのジョンヒョンはポケモンの「ヒトカゲ」に似ていると言われ、恐竜顔ということでも多くのファンから愛されていました。

ソルリ、ジョンヒョンは人気アイドルでしたが、自ら命を絶ってしまいました。友人2人を失ったこの出来事はIUにとって大きな衝撃と共にショックを与えたに違いありません。

MV内ではIUの飼育していたトカゲが逃げてしまい、最後にはドラゴンとなって女の子を乗せて飛んでいくシーンがあります。

このトカゲがジョンヒョン、桃をソルリを連想させること、さらにIUがこのMVに関するインタビューで「あまりポジティブなメッセージではない」と話していたことからもファンたちはこのように考えたようです。

また直接な描写はありませんが、元KARAのハラもIUとは親しい友人であったため、ソルリ、ジョンヒョン、ハラの3人に向けられた曲だという声もあります。

BTSユンギとIUはプライベートでも仲が良い?

「私の28歳を告白した短編小説のような曲」とインタビューで明かしたIUですが、このコラボはIUからユンギに依頼したそうです。

ユンギはVliveの放送で「ビートをIUに送るとすぐにメロディが帰ってきてとてもスムーズに制作が進んだ」と話していました。

自分が作った曲をいつもは悪い部分が見えて残念な気持ちになるのであまり聞かないというユンギですが、今回の曲はよく聞くとも話しています。

このことからも本人達が納得する良曲だったことが分かりますね。

そんなコラボを果たした2人でしたが、熱愛報道も浮上しました。

それぞれ同じ服を着ていたことから話題になった熱愛でしたが、ユンギは私服で、IUは仕事の衣装として着ている可能性が高いことや、トレーナーのブランドが当時韓国で流行していたことからも付き合っている可能性は低いことが分かります。

同じ服を着ていただけで騒がれるK-POPアーティストは大変ですね。

まとめ

今回は韓国を代表する歌姫IUと今や世界的スターBTSユンギのコラボ曲「eight」の裏話について紹介しました!

いかがでしたか?

一見、爽やかな楽曲「eight」ですが、亡くなった3人の友人に向けられた曲だったのですね。3人が天国で幸せに過ごしていることを祈るIUの気持ちが胸に響いてきます。

皆さんはどう思いましたか?コメントを残してくれると嬉しいです!


おすすめ記事(広告を含む)