BTS一番稼いでいるJ-HOPE!年収予想は?!

みなさん、こんにちは!

今回ご紹介するのは、「BTS」J-HOPEの年収についてです。

世界的スターとして大活躍しているBTS。そのメンバーの中でも1番稼ぎがあるといわれるJ-HOPEの年収についてご紹介をしていきます。

【公式】バンタンウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

BTSの年収・資産について

韓国国内だけでなく、世界中で成功をおさめているトップスター・BTS。

2021年のグラミー賞候補にもノミネートされたことは記憶に新しいですよね◎

これまでもアメリカのビルボードチャートの1位を獲得したり、世界中でコンサートを成功させたりと、国境を越えて活躍しています!

そんなBTSが、アメリカのフォーブスが調査した「2020年全世界で最も収入が多い有名人」ランキングにも選ばれたことを知っていますか?

BTSは世界で47位という順位でした。

そして公開された収入はなんと「5,000万ドル (約54億円)」!

さすが世界的スター!私たちがびっくりするくらい稼いでいることがわかりますよね。

さらに、世界中のセレブの年収や資産を調査しているサイト『Celebrity Net Worth』によると、純資産(1年に稼いだ額=年収ではなく、これまで稼いできたお金を合わせた現在の手持ちの資産)は2021年現在、メンバー7人それぞれ2000万ドル(約22億円)とされています……!

実際にメンバーたちは7人とも高級マンションやヴィラ、高級車を購入しており、セレブなプライベートもファンの間では話題となっています。

J-HOPE1番稼いでいる?!1200万ドルとの予想が!

そんなずば抜けた経済力を持つBTSですが、メンバーごとの年収ランキングは現在公開されておりません。

しかし、あらゆるメディアでは「J-HOPEの年収が1番多い」との声が多くあがっているのです!

たとえば、メディアサイト『HYPEBAE』によると「2019年、J-HOPE以外のメンバーは約800万ドル(約8億円)の収益があり、J-HOPEは約1,200万ドル(約12億円)を稼いだと予想される」とのこと。

他のメンバーも目を見開くくらいの収入がありますが、それを超えて稼いでいるのがJ-HOPEなのです!

なぜJ-HOPEが他のメンバーより多くのお金を稼いでいるといわれているのでしょうか?

その理由を2つご紹介します。

【年収が高い理由その1】ソロ活動を成功させたから

理由の1つとして「ソロ活動を成功させたこと」が挙げられます。

2018年に作詞・作曲だけでなくプロデュースまで行ったミックステープ『Hope World』は世界中のファンから人気を集めました。

・アメリカのビルボードチャート初登場63位→そこからぐんぐんランクを伸ばし38位まで上昇!

・音楽配信サービス「Spotify」で1億ストリーミング突破

このような快挙を達成したのです。

特に、ビルボードの全米アルバムチャートにランクインしたK-POPソロアーティストは史上5人目であったため、とても話題となりました。

ただ、この『Hope World』は無料配信されたので、売り上げは直接年収には反映されていません。

しかし、このアルバムが大ヒットしたため、J-HOPE関連のコンテンツなどからの収益が増え、個人の年収が上がったのでしょう。

【年収が高い理由その2】印税による個人収入があるから

続いて考えられる理由が「印税収入」です。

BTSの楽曲は、外部の制作陣がプロデュースしたものもありますが、メンバー自身が作詞作曲を行ったものも数多くあります。

そのなかにはもちろんJ-HOPE自身が作詞・作曲したものも。

一般的に、楽曲が売れれば売れるほど、作った人には「1曲あたり〇%」という形で「印税」が入ってきます。

BTSは世界中で人気が高くCDの売り上げ枚数や音源の配信数もとても多いため、印税からの収入もアップ!

これも、J-HOPEの年収が高い理由の1つとして考えられます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、BTSのメンバー・J-HOPEの年収が1200万ドルといわれ、他のメンバーよりも多いのでは?という予想についてお届けしました。

皆さんはどう思いましたか?コメント残してくれると嬉しいです!

【公式】バンタンウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)