【GFRIEND】突然の解散発表!メンバー達の心境やコメントは?BUDDYが声明発表

みなさん、こんにちは!

今回は、ガールズグループ「GFRIEND」の突然の解散発表について、解散の電撃発表やファンクラブ「BUDDY」による声明発表、メンバーたちの心境やコメントなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

【公式】TWICEウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

「GFRIEND」突然の解散発表!

https://www.instagram.com/p/CPDoepjJSLE/?utm_source=ig_web_copy_link

人気も実力もトップクラスで、カムバックしても1位常連のガールズグループ「GFRIEND(ジーフレンド)」が、5月22日をもって所属事務所SOURCE MUSICとの専属契約を終了し解散することが発表され大きな話題となっています。

GFRIENDは、昨年11月に3rdフルアルバム『回:Walpurgis Night』をリリースし、カムバック活動も定期的におこなっていたグループ。

カムバックからそろそろ半年になるということもあり、ファンたちもそろそろ新曲リリース情報があるのではないかと待ちわびていたところに、突然の解散発表となりました。

しかも、突然の解散発表は所属事務所とGFRIENDの契約終了わずか4日前・・・。

あまりにも急すぎる解散発表に、BUDDY(ファンの呼び方)たちも状況が飲み込めず、ただただ困惑と悲しみという複雑な声が上がっています。

所属事務所であるSOURCE MUSICからの公式の発表をみてみると、様々な分野で活発な活動を始めるメンバーたちを応援して欲しい、SOURCE MUSICもより良い明日に向けて新しい一歩を踏み出すメンバーを応援する、という内容となっていることから、やはり事実上の解散となるのでしょう。

それを踏まえてみてみると、5月18日にGFRIENDの公式Instagramに掲載された「集合写真」と題した『MEMORIA』のメンバーショットも納得がいくと言ったところ。

SOURCE MUSICからの解散発表、全文はこちらです。▼

(GFRIEND JAPAN OFFICIAL FANCLUB “BUDDY JPN”より)

こんにちは。SOURCE MUSICです。

弊社所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約は、5月22日をもって終了することとなりました。

GFRIENDと弊社は、長い悩みと議論の末、それぞれの道で、より良い姿をお見せすることに合意しました。

GFRIENDは過去6年間、様々なコンセプトとパフォーマンス、音楽でガールズグループの新しい世代を開き、K-POPファンに愛されてきました。

短くない時間の間、SOURCE MUSICと共にしてくださったGFRIENDに心から感謝の挨拶を申し上げます。

今までGFRIENDを愛してくださったBUDDYをはじめ、すべてのファンの方々に深く感謝を申し上げます。また、様々な分野で活発な活動を始めるメンバーたちに、変わらぬ愛と応援をお送りくださいますよう、お願い申し上げます。

私たちSOURCE MUSICも、より良い明日に向けて新しい一歩を踏み出すメンバーを応援します。

ありがとうございます。

2021年5月18日

GFRIENDは2015年にデビューし、親しみやすい女友だち(ヨジャチング)の清楚なイメージがとても好感を得て今や人気のガールズグループとなりました。

努力家で実力派なメンバー揃いだったこともあり、ビジュアルはもちろん高い実力も、韓国のみならず日本やあらゆる国で評価されていましたよね!

K-POPアイドルの特徴でもある”完璧さ”よりも、”身近にいるような雰囲気”や”親近感”がとても特徴的。

“パワー清純”という言葉のとおり、清純なルックスとパワフルな実力のギャップが人気で、韓国国内では新人賞を総ざらいするほどの記録の持ち主でもあります。

歌番組では2016年に年間で29冠を達成しており、歴代ガールズグループの記録を塗り替えるなど数々の快挙を成し遂げてきたGFRIEND。

とっても実力がありこれからの活躍にも期待したいグループだっただけに、突然の解散発表には非常に大きな衝撃を受けてしまいましたね。

 

ファンクラブ「BUDDY」が声明文を発表!

韓国ガールズグループ「GFRIEND」が突然の解散発表で衝撃を与えている中、ファンのあいだでは解散の背景や今後のメンバーの活動計画などに対する説明を求める声が多く上がっています。

一般的に、K-POPアイドルの契約が7年単位で定められています。

K-POPファンたちのあいだでは、この契約期限である7年目を超えられるか超えられないかがとても重要であることから、”7年目のジンクス”なんて呼ばれ方をしていることでも有名ですね。

「GFRIEND」のファンである「BUDDY」は、ヨチンのメンバーたちの再契約時期は来年1月である思っていた方がとても多かったようです。

そのため、今回のあまりにも突然の解散発表は全く予想もできない内容だったと言われているんですよね。

解散のお知らせが出る8時間前にも、メンバーが様々なコンテンツを公開しており、VLIVEを通じてファンとコミュニケーションを取っていたりもしました。

それだけに、ファンは衝撃と同様を隠せていなかったようです。

このあまりにも突然すぎる解散発表に対して、「GFRIEND」のファンである「BUDDY」側は、オンラインコミュニティやSNSを通じて声明文を発表しました。

「GFRIEND」のファンである「BUDDY」が発表した声明文の全文はこちら。▼

BUDDY一同声明文

Source Musicはご存知の通り、大小の問題が存在しており、2021年5月18日に再契約の問題によって2021年5月22日に契約終了をすることになった。

これに対してBUDDYはこれまで何があったのか、契約終了の公知がなぜ4日前である2021年5月18日になったのか釈明を要求する。

一つ、Source Musicは、「GFRIEND」とあった不和について釈明せよ。

一つ、Source Musicは契約解除4日前に解散公知をした理由を釈明せよ。

一つ、「GFRIEND」の契約解除公知よりマスコミの報道のほうが早かったことを釈明せよ。

一つ、「GFRIEND」の商標権登録をどのような理由ですることになったのか釈明せよ。

一つ、不誠実な契約解除公知を裏付ける資料やを再び公知せよ。

一つ、新型コロナウイルス感染拡大によって延期されていたファンサイン会はどうなるのか、どのようにおこなうのか公知せよ。

以上の全ての事項に対して、BUDDYは2021年5月21日(金)までにSource Musicの釈明を要求する。

2021年5月18日

GFRIENDのファンBUDDY一同

 

ファンであるBUDDYは、GFRIENDが解散するにあたってどうしても納得できないこと、理解できないことなどをまとめて声明文として発表しました。

「GFRIENDと所属事務所にはどのような不和があったのか」、「解散発表が解散4日前だったのはなぜか」という部分においては、今回とても気になる部分ではありますね。

また、「解散情報が公式よりマスコミの方が早かったのはなぜか」というところも、一番最初に知る情報が公式ではないというところでファンとしてはあまり許せるものではないかもしれません。

GFRIENDは、新型コロナウイルスの影響でファンサイン会なども延期していたんですよね。

状況が状況だけにこれは仕方がないことだと言えますが、延期となっていただけにファンたちはいつかファンサイン会があるのだと期待していた方も多かったと思われます。

そんな声明文を受けてか、21日、所属事務所はGFRIENDの公式ファンコミュニティプラットフォームを通じて契約終了に関する公式コメントを発表。▼

「契約終了の決定後、色々な後続措置を講じるのに十分な時間が与えられず、まだ方針の詳細を検討している件もありますが、これまでまとめられた事項をまずご案内致しますので、今後GFRIENDに関するコンテンツやサービスの利用にご参考ください」

これには、公式ファンクラブの残存期間や、ファンサイン会などの内容が含まれています。

所属事務所は以下の3つの件について立場を発表しました。

「GFRIENDの公式SNSアカウントは全て維持される」

「BUDDY Membershipの残存期間に対しては、払い戻しする」

「新型コロナウイルス拡大防止のため延期された『回:LABYRINTH』発売記念ファンサイン会はやむを得ずキャンセルとなり、当選者の方々には別途の基準で払い戻しする」

 

最後に所属事務所は、「突然のお知らせで多くの方が混乱され、残念に思われたことと存じます。皆様が期待されるお知らせをお伝えしようとアーティストと事務所が最後の瞬間まで努力致しましたが、ご希望の結果を出すことができず、申し訳ございません」とコメント。

なんだか所属事務所からのこのようなコメントを見ると、とても切なくなってしまいますよね。

GFRIENDの為にこの選択が一番の結果であったならば、GFRIENDのメンバーたちの明るい未来に繋がってくれることを願うばかりです。

メンバーたちの心境やコメントは?

所属事務所との契約終了が発表されたGFRIENDが、事実上のグループ解散を認め、ファンに感謝のメッセージを伝え話題となっています。

GFRIENDのメンバーは19日、ファンコミュニティーアプリの「Weverse(ウィバース)」に自筆の手紙を掲載し、心境をコメントしました。

以下、メンバーそれぞれの心境とコメントです。▼

ソウォン「2015年1月に夢のようだったデビューをし、BUDDY(ファンクラブ名)に出会えたのは、私の人生でとても大きな幸運でした」
「公式的にGFRIENDは終了することになりますが、私たちは終わりではないので、あまり苦しまないでほしいです」「(グループとして)進めなかった道が少し心配ですが、私をいつも応援してくれるBUDDYを思いながら、一生懸命進んでいきたいです」


イェリン「17歳の時から、26歳まで一緒にいたSource Musicを離れることになりました」
「これから、この時間を忘れずに努力しながら生きていきます。20代の素敵な思い出を作ってくださってとても感謝しています。愛していたし、これからもたくさん愛しています」


シンビ「長いあいだ悩み、話を切り出すまでとても慎重でした」
「BUDDYに口癖のように言っていた『ずっと一緒にいよう』という約束を、これ以上はGFRIENDという名前で守ることはできないことが、とても悲しく、申し訳なく、残念です。その言葉の重さをよく理解しているので、この本心が軽んじられることがないよう努力します」


ウナ「悔しさを抱かせたようで胸が痛いです」
「どこでどんな姿でいたとしても、私はこれからも歌えるように努力しようと思います。みなさんとの愛情に満ちた思い出に報いるために、最善を尽くしていきたいです」


ユジュ「とても驚いたのではないかと心配で、その姿が想像できて心が重いです」
「この終わりが悲しみで終わらないように、これからも着実に進んでいく姿をお見せしていきます」


オムジ「私と、私たちメンバーが、これからは新たな時間を過ごすことになりました」
「私も全てがそのままのように感じていますが、たくさんのことが不慣れになるだろう時間に、これから適応しなければならないということが、少し怖くもありますが、見守ってくださるみなさんのためにも、元気で立派に頑張りたいです」

と、それぞれの言葉で解散を認め、感謝や謝罪の言葉などをファンに伝えたGFRIEND。

メンバーたちもまだ次の段階へという気持ちになるには難しいかもしれませんが、メンバーたちのコメントから芸能活動を続ける意向が聞けたというのはとても嬉しいことではないでしょうか。

解散というかなしいけっかになりながらも、メンバーたちが下を向いておらず、これからの未来を見つめている様子を見せてくれているので安心しました。

これからメンバーたちがどのような道に進み活動していくのかはまだわかりませんが、これからもGFRIENDのメンバーたちを変わらず応援していきたいですね・・・!

まとめ

今回は、ガールズグループ「GFRIEND」の突然の解散発表について、解散の電撃発表やファンクラブ「BUDDY」による声明発表、メンバーたちの心境やコメントなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・GFRIENDは5月22日に解散!

・BUDDYが声明文を出すほど突然の発表に混乱!

・メンバーたちは解散を受け入れ前を向いている!

という結果になりました。

【公式】TWICEウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)