苦労系11年目アイドル「BRAVE GIRLS」が奇跡のような復活劇!!

みなさん、こんにちは!

今回は、ガールズグループ「BRAVE GIRLS(ブレイブガールズ)」について、奇跡のようなチャート逆走行という話題やTWICEの難敵とも言われていることなどをまとめてご紹介していきたいと思います!


【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

「BRAVE GIRLS」プロフィール

「Brave Girls(ブレイブガールズ/브레이브걸스)」は、2011年に結成した韓国の4人組ガールズアイドルグループです。

所属事務所はBraveエンターテインメント。

Braveエンターテインメントのプロデュースによって、2011年4月8日にシングルアルバム『The Difference』でデビューしました。

デビュー当時は5人組であったものの、これまでの活動の中でメンバーの脱退や加入を経ており、現在は4人組として活動しているグループですね!

現在のメンバーは、全て同時期に途中加入したメンバーとなっています。

そのためBRAVE GIRLSでは、デビュー~デビューメンバーが全員脱退するまでを1期、現在のメンバーの加入~を2期とされています。

グループ名の由来は、所属事務所「Braveエンターテインメント」からつけられているという、とてもシンプルで覚えやすい名前。

Braveエンターテインメントといえば、ボーイズグループ「DKB」や、「サムエル」などが所属していることでも知られていますね。

代表・プロデューサーは、これまでに数々のヒット曲を生み出してきたカン・ドンチョル氏。

そんな「BRAVE GIRLS」のメンバープロフィールをそれぞれご紹介していきたいと思います!

ミニョン

 

 

ステージ名:ミニョン(민영)

本名:キム・ミニョン(김민영)

生年月日:1990年9月12日生まれ

出身:京畿道 城南市

身長:165cm

血液型:AB型

学歴:漢陽大学ERICAキャンパス

ポジション:メインボーカル、メインダンサー

 

 

グループ最年長のミニョンちゃんは、小さい頃から歌手になることを夢見て、21歳のときにBraveエンターテインメントの練習生となった爽やかな歌唱力が特徴的なメンバー。

韓国の伝統舞踊やバレエなどを得意としており、これまでに他の事務所での練習生経験やバンド活動経験などもある多彩な経験の持ち主です!

ユジョン

ステージ名:ユジョン(유정)

本名:ナム・ユジョン(남유정)

生年月日:1991年5月2日生まれ

出身:ソウル特別市

身長:163cm

血液型:AB型

学歴:誠信女子大学 メディアコミュニケーション

ポジション:センター、サブボーカル

グループのセンターポジションを担当しているユジョンちゃんは、年長組ではあるもののあどけなさが残る幼い表情がとっても魅力的な可愛らしいメンバー。

幼い頃から歌手になるという夢を追いかけながら、バイトをしながら練習をしていた経験もあり、デビューしたのは比較的遅めと言われているアイドルと言えるでしょう。

ウンジ

ステージ名:ウンジ(은지)

本名:ホン・ウンジ(홍은지)

生年月日:1992年7月19日生まれ

出身:ソウル特別市

身長:168cm

血液型:AB型

学歴:明知大学 ミュージカル専攻

ポジション:サブボーカル、メインラッパー

くりっとした大きな目が特徴的なウンジちゃんは、「まるで骨がないみたい」と言われるほどの体のしなやかさと柔らかさがとっても目を惹くメンバーですね!

ラッパーとしてのスキルがとても高い上に、振り付けを早く覚えるのがとても得意で短時間でダンスを覚えることができるという特技の持ち主でもあります。

ユナ

ステージ名:ユナ(유나)

本名:イ・ユナ(이유나)

生年月日:1993年4月6日生まれ

出身:ソウル特別市

身長:164cm

血液型:AB型

学歴:中興高校

ポジション:リードボーカル、リードラッパー

グループで唯一のショートカットメンバーという特徴で覚えやすいユナちゃんは、メンバーの中でもクールで大人っぽい表情が多く見られているシックなメンバーでもあります。

しかしたまに見せるキュートな笑顔のギャップの破壊力は凄まじく、性格はどちらかというとシャイでナイーブな一面もあるというかわいらしいマンネメンバーですね!

デビュー11年目で大ヒット!!地道に努力したきたメンバー達!!

そんな「BRAVE GIRLS」が、今年3月、奇跡のようなチャート逆走行を見せ人気アイドルとして返り咲いたことがとても話題となっています。

韓国では、人気が高く国民的な知名度を持つアイドルグループのことを”1軍”と呼ぶのだそうなのですが、今やBRAVE GIRLSはその”1軍グループ”の仲間入りだともいわれているのだとか・・・!

これまではほとんどテレビ曲などの出演オファーはなく、軍人専用のケーブルチャンネルに出演していたというBRAVE GIRLS。

知名度もほとんど無く、グループ解散の準備までしていたというBRAVE GIRLSですが、ある1本のビデオがYouTubeに投稿されたことをきっかけにグループの運命が変わったのだそうです。

『VIDITOR』というチャンネルは、アイドルの動画についた印象的なコメントをアイドルのライブ映像などと共に紹介する動画を投稿。

このチャンネルにBRAVE GIRLSの動画が投稿されると、なんと1週間で750万再生を突破するほどの驚異的な勢いで広がっていったのです・・・!

BRAVE GIRLSは積極的に軍へ慰問に行っていたことから、映像には盛り上がりを見せる兵士たちの姿なども映っており、それも動画が話題になった1つの理由だったようですね。

視聴していた若い軍人たちからの圧倒的な支持を得たこともきっかけとなり、今韓国全土で人気に火が付いているようです!

活躍の機会が得られなかったことから解散の危機に晒されていたBRAVE GIRLSが、6月17日にブレイク後初となるカムバックを果たし、さらにチャートを逆走行までしているほどの人気を見せているというのだから本当にすごいですよね!

動画の拡散とともに、ストリーミングサイトでの『rollin’』の再生回数もどんどん増えていき、発売当初は100位以内にすら入れなかったという曲がなんと4年の時を超えて全盛期を迎えました!

まさにチャートを逆走行する人気ぶり・・・!

このチャート逆走行のブレイクに乗って、カムバックも順調に盛り上がりを見せているBRAVE GIRLS。

 

カムバックの新曲名は、『Chi Mat Ba Ram(치맛바람/チマッバラム)』。

「スカートを穿いた美しい女性が、男性を惑わせる」という意味があるようですが、積極的な女性が必要以上に動き回る姿を皮肉る時にも使われる言葉だそうですね。

そんな意味を含む言葉を、BRAVE GIRLSは”夏を迎えて美しく積極的に振舞う女性”という意味で使っているのだろうと言われています。

『チマッバラム』というキャッチーで耳に残りやすいキーワードで、さらに注目度も高まったのではないでしょうか?

この曲は公開とともに韓国ネット上ですぐに話題となり、見るたびに再生回数が増え続けているといった状況。

何より、大衆的な人気のバロメーターとされている「デジタル音源チャート」で1位を獲得したというところが人気の高さをうかがえるポイントとなっているでしょう。

BRAVE GIRLSが今、少数のファンダムだけでなく、一般の音楽ファンからも高い注目を浴びていることがよくわかりますよね!

チャートの逆走行、そしてカムバックの大成功・・・これからBRAVE GIRLSの活躍の幅がどんどん広がっていくことが予想されています。

K-POPガールズアイドルの人気争いに突如加わる形となり話題を集めているBRAVE GIRLS、目が離せない存在となっていきそうですね・・・!

今年の”サマークイーン”の座に上り詰める?

韓国のネット上を始め、驚くほどの快進撃を見せているBRAVE GIRLS。

夏のカムバックが大成功したことから、今年の”サマークイーン”の座に上り詰めたと言っても過言ではないと言われているんですよね・・・!

夏は”K-POPガールズグループの熱い戦い”が繰り広げられると言われるだけに、BRAVE GIRLSが堂々たる快挙を成し遂げたことはやはり韓国のアイドル界隈にとっても衝撃だったと言えるのでしょう!

そんなBRAVE GIRLSの快進撃に、ネット上では「TWICEが”サマークイーン”の座をBRAVE GIRLSに奪われるのではないか?」と言われ始めているのだとか。

TWICEといえば、もはや大衆の評判やイメージなどから”サマークイーン”の印象も強くなったと言われているガールズグループ。

そして、今年の”サマークイーン”としても有力視されていたのは、やはりTWICEでした。

TWICEは、BRAVE GIRLSよりも約1週間早く新曲『Alcohol Free』でカムバックを果たしており、Youtube再生回数はあっという間に1億回を超えるほどの人気を見せています!

しかし今年の夏、大衆的な人気は「BRAVE GIRLS」に押されているようだと言われているそうなんです。

TWICEの新曲『Alcohol Free』は、デジタル音源チャート『Melonチャート』で、公開後どんどんと順位を上げてきていました。

しかし一方でBRAVE GIRLSは、公開とともに1位を記録していたようなんですよね。

その後、順位を少し下げてしまってはいたものの、それでもずっと上位をキープ。

そのようなチャートの結果から、韓国では「デジタル音源チャートだけで見ると、大衆が待っていたのはTWICEのカムバックよりもBRAVE GIRLSの新曲のようだ」という声も見られているのだとか。

サマークイーンのイメージが強くついていたTWICEに、思わぬ難敵ともいえるBRAVE GIRLS。

たしかに、BRAVE GIRLSは最近かなりのブレイクを果たしていますが、すでに夏のイメージ付いているほど印象が残っているのも事実。

このカムバックが大成功しているからこそ、サマークイーンの座もBRAVE GIRLSに渡ってしまうのではないかと言われているようですね。

しかも、BRAVE GIRLSが今回リリースしている新曲『Chi Mat Ba Ram』が収録されているアルバムの名前は、『サマークイーン』というんです・・・!

BRAVE GIRLSがサマークイーンの座をいかに狙っているかというのが、明確にアルバム名に盛り込まれていることがわかりますね。

とはいうものの、TWICEも夏のイメージはガールズグループの中でもかなり強く、サマーコンセプトのカムバックでファンたちを盛り上げているという変わらぬ人気を維持しているのは間違いないところ。

ただ、圧倒的サマークイーンというTWICEの前に突如として現れたBRAVE GIRLSの存在は、思わぬ難敵となっているというところもかなり注目が集まっているようです。

夏のカムバックだけでサマークイーンとしての称号がそんなに重要かという声もあるようですが、このイメージはアイドルにとって非常に大きいと思われます・・・!

もしもサマークイーンとしてBRAVE GIRLSが逃げ切るとすれば、来年からそれ以降の夏も順調にサマーソングでのカムバックが期待できることになるでしょう。

果たしてBRAVE GIRLSは、このまま今年の”サマークイーン”の称号を手にして、その称号をキープした状態で逃げ切ることができるのでしょうか。

それとも、これまで通り圧倒的”サマークイーン”であるTWICEがこの称号の奪還に成功するのでしょうか・・・?

不動のサマークイーンとも思われたTWICEと、予期せぬ難敵BRAVE GIRLSとのサマークイーン争奪戦・・・この夏のチャート争いもアツいものになりそうですね・・・!

まとめ

今回は、ガールズグループ「BRAVE GIRLS(ブレイブガールズ)」について、奇跡のようなチャート逆走行という話題やTWICEの難敵とも言われていることなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・BRAVE GIRLSは苦労系アイドルグループ!

・2021年夏のカムバックが大成功している!

・TWICEとサマークイーンの座を奪い合う難敵!

という結果になりました。

【公式】韓流ウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)