【悲報】ミナとジョンヨン引退?TWICE”再契約なし”再浮上!

みなさん、こんにちは!

今回は、TWICE再契約なし説がまた再浮上した話題についてご紹介します!

【公式】TWICEウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

TWICE、全員での再契約なしの噂

新曲「Alcohol-Free」で、またも夏の定番サマーソングを生み出したTWICE。

実は今年デビュー7周年目のTWICE。

「Dance The Night Away」や「MORE&MORE」などのサマーソングから、「TT」や「CHEER UP」などTWICEと言えばコレ!な代表曲まで数々の大ヒットを記録し、韓国国内はもちろん、世界で活躍するガールズグループとしてK-POPの第一線を走ってきました。

TWICEはサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」でメンバーが現在の9人に選抜され、2015年10月に「Like OOH-AHH」でデビュー。

人気のアイドルが多く所属する韓国の三大音楽事務所JYPからの新人ガールズグループということに加え、日本人(ミナ、サナ、モモ)・台湾人メンバー(ツウィ)4人を含む「多国籍グループ」として話題になりました。

この4人は「ミサモツ」の愛称で親しまれ、TWICEの中でも人気の高いメンバーです。

今でこそ日本人など外国籍を持つメンバーが所属するグループが多くなりましたが、当時ではかなりめずらしいことだったため、多国籍ガールズグループTWICEのデビューは当時のK-POP界に大きな衝撃を与えました。

なんと!TWICEはJYPの売上を200%以上も伸ばしたと言われているんです!

しかし、そんなTWICEに再契約なしの可能性が出ているんです…!「再契約をしない」というのはグループからメンバーが離れる、グループが完全体ではなくなる、つまり事実上の解散を意味します。

TWICEは2022年10月にJYPとの専属契約が終了する予定。現在、引退を決めていると言われているのが、ミナとジョンヨン。

二人は、精神的に不安定な状況により一時活動を休止していたことに加え、ミナは膝を、ジョンヒョンは頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアを患っていることも関係しているようです。

長期間のダンス練習や激しいパフォーマンス、過密なスケジュールが原因とみられていますが、人気になればなるほど精神的、体力的にも彼女たちにかなりの負荷がかかっていたのではないでしょうか…。

ここで「そもそも再契約って何!?」という方のためにもう少し詳しく解説。

韓国の公正取引委員会の提示する標準契約書では、事務所とアーティストの間で最低7年の契約を交わすことが定められています。K-POP界では「魔の7年ジンクス」という言葉があるように、この7年の壁を超えられるかどうか(=再契約)で今後長くアイドル/アーティスト活動を続けていけるかどうかの目安になっているようです。

厳しい練習生期間を経てデビューしたアイドルたちにとって、デビューしてからの1~2年が勝負の期間。

ここでヒット曲を出し、ブレイクするかどうかが「魔の7年ジンクス」にも影響してきます。ブレイクした場合、事務所側は、利益の配分を事務所側に大きくなるようにしたい。

ブレイクしなかった場合、アイドル側は、事務所が先払いしている練習生期間にかかった諸費用(レッスン代等)返済のための管理費を少しでも抑えたい。

つまり、ブレイクするかしないかに関わらず、事務所側の立場がとても強いことがわかります。

一部のメンバーが個人として人気が出た場合、収益の分配をめぐりメンバー間の対立が起きることも。だからこそブレイクし、人気絶頂!というグループがいきなり解散になった例も少なくありません。

日本にK-POPブームをもたらしたガールズグループの少女時代やKARAも再契約の7年目にメンバーの脱退が多発。

脱退後にソロデビューをしても大成功をおさめている例が数少ないため、韓国では事務所による力、グループとしての認識がとても強いことがわかります。

「最低活動保証期間」として設定されている7年は、生存競争の激しいK-POP界のシビアな一面をあらわす絶妙な年数だと言えるかもしれないですね。

TWICEの話に戻ると、JYPがTWICEメンバーの個人活動をほぼさせていないことも再契約しない説と関係しているそう。

事務所の認識として、長くグループの人気を保つためには、個人の活動よりグループの活動を重視し、平等を保つのが有効だという考えがあります。

この事には、JYPだとmissAのスジ(現在女優として活躍中)、他の事務所の例を見ると4minuteのヒョナなど、グループとしてデビューしたのに一人のメンバーだけが大人気になり“ワンマンチーム”になってしまうことを避けたい傾向があるようです。

ワンマンチームになってしまうことで、事務所との利害の一致、メンバーの不仲、いじめなどが起きているのも事実です…。

一方で、VappとTWICEの共同制作で、VappやYouTubeで配信されるTWICEメンバー個人の動画コンテンツ「メロディープロジェクト」ではメンバーたちがカバーソングを披露し、個人のアーティストとしての側面を見せる企画もあります。

2016年にスタートし、不定期配信ではありますが、アイドルに興味のない人もこの「アーティスト性」に惹かれてワンス(TWICEファンの愛称)になるケースもあるようで、アイドルの沼にハマる入り口のひとつとして大きな役割を果たしていると言えるのではないでしょうか。

最近ではツウィがテイラー・スウィフトの「ME!」をカバーし、清純なイメージとちがったクールビューティーな一面を披露したMVにも話題になっており、メンバーのギャップに気付く機会にもなっているようです。

それでもメンバー個人の影響力が抑えられているのは事実。

ソロデビューもないですし、他のグループに比べてメンバーの個人広告がほとんどないんです。それだけTWICEはグループとしての認識が強められているんですね。

JYPの主力を担ってきたTWICEが退所することはJYPにとっても、K-POP界にとっても打撃が大きいと予想されています。

日本にもONCEが多いですから、再契約がないとしたらかなりショックですよね…。韓国のファンページでは、それでもメンバー一人ひとりを全力で応援するというポジティブな書き込みが多くみられます。

TWICEが退所した場合、JYPに残るのは2PM、Day6、Stray Kids、ITZYの4グループのみ。

このタイミングで7月8日、2022年にデビューが決定しているガールズグループのティーザー(予告動画)が公開。

「JYPn」と言う新しいSNSアカウントも開設されました。

この「n」はnext, now, newなどの「新しさ」や「次世代」などを意味する英単語に加え、未知数を意味する記号「n」の意味が含まれているそう。

「BLIND PACKAGE(ブラインド パッケージ)」が意味するようにこの新人グループについての情報を非公開にしたままデビューシングルの限定版を7/16~7/25までの10日間のみの予約販売。

女性社内取締役のイ・ジヨン氏率いる4つの専門部署が設立され、これまで数多くのアーティストをブレイクさせてきた精鋭チームで構成。

JYPは「長年培ったノウハウに試みと発展を加え、新しいパラダイムを提示する」と語っているように、この新人ガールズグループにかなりの力を入れている様子からTWICEが再契約をしないと考えるファンも多いようです。

 

世界中の人々を魅了し、K-POPガールズグループのトップを走り続けてきたTWICE。

再契約してほしいと願うばかりですが、何よりも彼女たち自身にとってベストな選択ができればと思います。

K-POPを代表するTWICEだからこそ見えてくるK-POPのこれまでの課題、これからの展望を、次世代のK-POPにも生かしていってほしいですね。これからも進化し続けるK-POPから目が離せません!

まとめ

今回は、【悲報】TWICE 再契約なし説再浮上!?新人ガールズグループ2022年デビュー決定!についての紹介でした!

皆さんはどう思いましたか?

コメント残してくれると嬉しいです!

【公式】TWICEウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)