BTS(防弾少年団)のV、東京五輪に出場中の卓球女子シン・ユビン選手に神対応

みなさん、こんにちは!

今回は、BTS(防弾少年団)Vの卓球女子韓国代表選手に対する神対応や、BTSのファンだと公言しているオリンピック韓国選手やチームコリアの応援などをまとめてご紹介していきたいと思います!

【公式】バンタンウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

防弾少年団 Vのプロフィール

ステージ名:V(ブイ)

本名:キム・テヒョン

ハングル表記:김태형

ニックネーム:テテ

生年月日:1995年12月30日生まれ

出身地:韓国・大邱

血液型:AB型

身長:178cm

体重:58kg

家族構成:両親、妹、弟

学歴:大邱第一高校→韓国芸術高校、グローバルサイバー大学、漢陽サイバー大学大学院

V(テテ)は、BTS(防弾少年団)に所属しており、韓国のみならず日本をはじめとした世界中で高い人気を誇っているメンバーです!

人気の高いVは、不思議な性格だとよく言われているメンバーであり、韓国では”四次元の魅力”と言われているちょっぴり天然な性格が特徴的でもありますね(笑)。

物静かで大人しいというときもあれば、ハチャメチャにテンションが高いというときもあって、喜怒哀楽がハッキリとしているようなユニークな性格をしています。

そんなコロコロと万華鏡のように変わる性格から、今ではVのことを理解しているBTSメンバーたちも、Vと出会ってすぐの頃は戸惑ったこともあったのだとか。

ジンくんいわく、デビュー初期のVは「これはしちゃだめ!って言われたらしちゃう子」だったのだそう(笑)。

ですが、メンバーたちとともに過ごしているうちに成長していくことで性格も落ち着いていき、メンバーの中で最も変わったメンバーといわれているそうです。

Vによると、自分自身はもともと”僕一人だけが良ければいい”という気持ちがあったと言います。

しかし今では、“BTSのメンバーが幸せなら自分も幸せ”と思えるようになったというV。

BTSというグループとしてメンバーたちと一緒に過ごしていくことで、心の成長を著しくしたというところにとてもグッと来てしまいますよね。

そんなVくんは、BTSの中でも特にイケメンなビジュアルとしても注目を集めています。

もはや毎年の恒例ともなっている「世界で最もハンサムな顔ランキング」でも、常に上位にランクインしているだけでなく、1位を獲得したこともあるほど・・・!

まさに、世界が認めるイケメンといても過言ではないでしょう・・・!

デビュー当時から、というかデビュー前からすでにずっとイケメンだったテテですが、デビューし経験と年齢を重ねていくことで、さらにビジュアルに磨きがかかっています。

ステージによっては、カッコいい表情から可愛らしい表情、昔のあどけない顔からは想像もできないほどセクシーな雰囲気まで持ち合わせているところがまた魅力的。

そして何より、変顔も嫌がらずにしてくれるというところにとても好感が持てますよね(笑)。

ビジュアルだけでなく、ファッション界からも注目を集めているほどオシャレなファッションも評価されています。

空港で見せる私服ファッションなども、毎回話題になっていますよね。

BTSはオシャレなメンバーが揃っていると言われていますが、その中でも特にVはジャンルを問わないファッションを上手く着こなしていて、小物や色遣いなどもうまいと言われています。

独特で個性的というようなファッションでも着こなしてしまうことから、Vのファッションを参考にするファンたちも多いほど。

Vが着用した服はすぐに売り切れることも多く、まさにみんながマネしたくなるようなファッションアイコンというような存在ですね!

卓球女子韓国代表 シン・ユビン選手のプロフィール

名前:シン・ユビン

背番号:5

背ネーム:SHIN

戦型:右シェークドライブ型

生年月日:2004年7月5日

身長:165cm

出身地:韓国

経歴(過去の所属チーム):木下アビエル神奈川(2020-)

得意:長身から繰り出される威力のある両ハンドドライブ

主な戦績:

2018年・ITTFワールドツアー ベルギーオープンシングルス ベスト4

2019年・ITTFワールドツアー チェコオープン混合ダブルス 優勝

シン・ユビンは、2004年7月5日生まれの韓国の卓球選手です!

2018年に出場したワールドツアーチャレンジ・ベルギーオープンで、14歳にしてベスト4に輝き世界にその才能を知らしめました。

2018年の世界ジュニア選手権団体では銅メダルを獲得し、2019年ワールドツアーチェコオープン混合ダブルスでは当時15歳にして優勝。

今後、世界のトップ選手としての活躍が期待されている注目の若手選手と言われています。

幼いころから世界ジュニア選手権やワールドツアーU21で活躍してきたシン・ユビン選手ですが、ここ数年でさらに実績を積み日本人選手の前にも立ちはだかるほどの存在になりつつあるそうですよ!

2019年のワールドツアー、チェコオープンの混合ダブルス決勝では、日本の水谷隼選手・伊藤美誠選手ペアを破り、15歳50日でワールドツアー優勝を果たしました。

韓国卓球界の未来を担う天才少女として、韓国のみならず日本でも高い注目を集めている選手ですね!

ことし日本で開催されている東京五輪2020でも、女子卓球の韓国代表に選ばれて活躍中です!

V(テテ)がシン・ユビン選手に神対応!

そんな卓球の韓国代表シン・ユビン選手に対して、BTS(防弾少年団)のV(テテ)がした”応援”の神対応がとても話題を集めています。

Vは7月25日、BTSの公式ファンコミュニティプラットフォームの「Weverse」を通じて、シン・ユビン選手に「ファイト」と応援を伝えました。

お面とと一緒に親指を立てて”GOOD”をあらわす絵文字も付け加え、シン・ユビン選手の活躍を応援し注目を集めました。

というのも、もともとこのシン・ユビン選手はBTSのファンと知られていたそうなんですよね!

ファンであっただけでなく、6月15日には、自身のInstagramにBTSのメンバー7人から貰ったサインと感謝のコメントまで書かれた『BE』のサインアルバムを公開していたシン・ユビン選手。

この写真とともに、「私は成功したオタク・・・・・・ありがとうございます」というコメントを残しています。

このコメントを見ると、”あ~~~アイドルオタクに国境ってないんだな・・・”というか、なんだか愛おしいような気分になりますよね(笑)。

これだけ活躍して韓国にも功績を残せるほどの期待があるからこそ、BTSもメンバー総出で応援しているのだと思うと、シン・ユビン選手がすごい存在なんだと実感します。

それにしてもVくん、本当に神対応がすぎますよね!

ARMYを大切にするテテくんだからこその神対応、羨ましすぎます!

BTSの公式ファンコミュニティプラットフォームである「Weverse」を通して、シン・ユビン選手に「ファイト」という応援コメントを絵文字付きで送るなんて、もうその気持ちがすごい。

ファンだと公言しているからかもしれませんが、だとしても神対応すぎて、もし自分がそうされたら嬉しすぎて失神してしまう・・・(想像が捗るが一生そんなことは起こりません)。

メンバーたちみんなでサインとメッセージ付きのアルバムをプレゼントすることがまず神対応すしますし、改めてBTSがファンに寄り添うファン想いのアイドルグループということが分かりますよね。

シン・ユビン選手は、2020年東京五輪で女子卓球の韓国代表に選ばれて活躍中。

7月25日には、東京メトロポリタン体育館で行われた卓球女子シングルス2ラウンドで、ルクセンブルク代のニーシャーリエン選手に勝利しているそうです!

BTSやVたちの神対応の力が、オタクの力の源となっているのかも・・・?

もちろん日本選手を応援していますが、BTSのファンということで今後はシン・ユビン選手にも注目してしまいそうですね!(笑)

オリンピック選手たちの”BTS愛”が話題に!

シン・ユビン選手に対する神対応が注目を集めているBTSですが、東京五輪で活躍中の選手たちの”BTS愛”も話題になっています。

まず、女子アーチェリー韓国代表の“長姉”と呼ばれているカン・チェヨン選手。

カン・チェヨン選手はBTSファンであることを公言しているそうです。

7月25日、女子アーチェリー団体戦の金メダルを獲得後、東京・夢の島公園アーチェリー場には、K-POPガールズグループBLACKPINKの歌が流れたのだそう。

その日の記者会見で、「BLACKPINKの歌を直接要請したのか」という質問を受けたカン・チェヨン選手は、「実際にはBTSの歌を流してほしいと頼みましたが、流れなくて残念です」と話したのだとか。

卓球神童と呼ばれているシン・ユビン選手も、オリンピック出場を控えて行われたインタビューで、自分自身をARMYだと公言。

シン・ユビン選手は、「試合前にウォーミングアップするとき、BTSの『Dynamite』や『DNA』を聞きながらコンディションを整える。」と話しているそう。

また、「BTSのオッパ(兄さん)たちと一緒にトレーニングするという感じで、音楽に合わせてコンディションを整える。金メダルを取れば、BTSに会えないだろうか」と、BTS愛を存分に伝え注目を集めたそうですよ!

さらには、韓国のみならず日本の選手もBTSファンであることを明らかにしているんです!

ソフトボール日本代表の最年少、後藤希友選手は最近、日本のFNNプライムオンラインとのインタビューで、「NiziUさんとBTSさんをひたすらずっと見ている。」と話していたそう。

「めちゃめちゃかっこいいです。試合前には、モチベーションアップのために動画を鑑賞。エネルギーの源になっている」という発言に、ファンたちからは共感の声が集まったそうです!

今後また新たな選手のARMY宣言が出てきそうなので、引き続き注目していきたいですね!

BTSが韓国選手団を応援!

オリンピック選手たちからも愛されているBTSが、楽曲を通じて2020東京オリンピックに参加している韓国選手団を応援することが明らかとなりました。

大韓体育会は、「2020東京オリンピック期間に運営するオンラインチームコリアハウス内の観光大衆文化コンテンツ部門にBIGHIT MUSICが「BTS」の『Butter』、『Permission to Dance』の2曲のミュージックビデオを無償で提供した」と発表。

チームコリアハウスは、韓国の広報、韓国代表選手団支援などの目的でオリンピックが開催される現場で運営されてきました。

しかし、今回の東京オリンピックは、新型コロナウイルスの世界的な拡散により史上初のオンラインサイトを通じて具現化し運営しているそうなんですよね。

チームコリアハウスでは、VR展示館で「K-Sportsゾーン」、「K-Cultureゾーン」、「K-Travelゾーン」に分かれて、多彩なコンテンツを提供することとなっています。

スポーツファンたちが太極戦士を応援できる空間を設けるなど、オリンピックに出場する選手たちに大きな力を伝える空間になっているそうですよ!

史上初めて準備したオンラインチームコリアハウスVR展示館で上映されるのが、BTSの『Butter』と『Permission to Dance』のミュージックビデオになるとのこと。

これは、韓国の選手たちにとってとても大きな力になることでしょう。

ちなみにこのチームコリアハウスのK-Cultureゾーンには、「BTS」だけでなく「Brave Girls」、「MAMAMOO」、「OH MY GIRL」、「ASTRO」、「ATEEZ」なども名前を連ねているのだそうです。

有名歌手たちのリレーダンスなど、多くの見どころを提供していることで注目を集めているこのチームコリアハウスは、7月15日から8月8日まで運営される予定。

オリンピック選手たちの心の支えや癒し、パワーになること間違いなしのBTSなどからの応援、改めて韓国の団結力や応援の力の大きさを実感しますね・・・!

まとめ

今回はBTS(防弾少年団)Vの卓球女子韓国代表選手に対する神対応や、BTSのファンだと公言しているオリンピック韓国選手やチームコリアの応援などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・シン・ユビン選手に対するVの神対応がうらやましい!

・五輪選手にはBTSファンが結構いる!

・BTSは韓国選手団にMVを無償提供し応援している!

という結果になりました。

【公式】バンタンウォッチ!!YouTubeも要チェック!!

おすすめ記事(広告を含む)