EXOカイ「引退する予定だった!」アイドルの過酷な運命を語る

みなさん、こんにちは!

今回はボーイズグループ「EXO(エクソ)」のメンバー「カイ」について、”引退するつもりだった”という過去の考えの告白、アイドルの過酷な運命などをまとめてご紹介していきたいと思います!

EXO カイのプロフィール

ステージ名:KAI(カイ)

本名:キム・ジョンイン

ハングル表記:김종인

出身地:韓国・ソウル特別市

生年月日:1993年1月14日生まれ

血液型:A型

身長:183cm

兄弟構成:姉2人

特技:クラシックバレエ、ジャズダンス、ヒップホップ、ポッピングダンス、ロッキング

ボーイズグループ「EXO(エクソ)」のメインダンサーとして、高いダンススキルと特技を生かした鮮やかなパフォーマンスを見せつけ、グループの顔としてセンターを任されることも多いカイくん。

クールでシャイで照れ屋でぶっきらぼうな性格であるため誤解されがちですが、笑顔がとっても可愛らしくて情も深く、思いやりのある性格だと思います。

とても純粋で感情が表に出やすいタイプのカイくんは、涙もろい一面もあり、そんなところがファンの心をくすぐると言われていますね!

大人っぽいルックスですが実際にはマンネラインで、甘えん坊な一面もあるなどさまざまな魅力があふれるメンバー。

ステージ上と普段の姿のオンオフが白黒はっきりしていて、まるで別人のように表情を変えることのできるまさに”カリスマ的存在”です!

カイくんは二人の姉をとても大切にしているようで、「もし彼女ができても、彼女より姉のほうが大切」と語っていたこともあるほど。

また、お姉さんも「テレビで活躍するカイの姿を見ることができてとても幸せだ」と、カイくんのことをとても可愛く、そして誇りに思っているようです。

身長は183センチとかなりの長身メンバーで、福士蒼汰さんに似ていると言われているイケメン!

メインダンサーをつとめているだけあって、メンバーで一番ダンスがうまいため”ダンスマシーン”と呼ばれているんですよ!

https://www.instagram.com/p/CNMmWSmB1Ut/?utm_source=ig_web_copy_link

ハイレベルなダンスパフォーマンスを披露することから、EXOのコンサートではカイくんが一人でダンスを披露するステージもあるほど。

メンバーも認めるメインダンサーということがよくわかりますよね・・・!

ステージ以外ではいつも眠たそうでぼーっとした様子を見せるカイくんだけに、本番になるとガラッと表情を変え、挑発的で情熱的でとても魅力的にダンスをこなす姿のギャップがたまりません!

カイくんはバレエを小学校4年生のときからやっていたそうなので、その経験もカイくんのダンスの美しさに繋がっているのでしょう。

”EXOといえばカイ”、”カイがいなければEXOではない!”とまで言われるほど、大きな存在感とオーラを放っていながら、普段はとてもクールでシャイな性格のカイくん。

家族の前でもクールで冷静な姿が多いことから、お姉さんに「ファンに愛想を振りまいているなんて信じられない」と言われることもあるそうですよ(笑)。

EXOのメンバーとはとても仲がいいカイくんですが、特にディオくん、チャニョルくん、スホくんの三人と仲がいいと言われており、「SHINee」のテミンくんとはデビュー前からとても仲が良いという親友関係。

犬好きな一面もあり、「チョンア」、「チャンク」、「モング」という三匹の可愛らしいトイプードルを飼っていることでも知られています。

「引退するつもりだった」過去の考えを告白・・・

そんなEXOのメンバー・カイくんが、レギュラー出演中のtvNリアルバラエティー『牛島居酒屋』のなかで、20歳の時に考えていた引退年齢について語り話題となっています。

8月9日に放送された、tvNリアルバラエティー『牛島居酒屋』で、EXOのカイくんが、自身の考えていた引退年齢について明かしました。

7月12日より放送がスタートした、tvNリアルバラエティー『牛島居酒屋』は、新婚夫婦限定で居酒屋をオープンし、料理をもてなすという番組。

キム・ヒソン、タク・ジェフン、ムン・セユン、ユ・テオ、そしてカイくんがレギュラーとして出演しています。

今回の放送では、SG Wannabe(エスジーワナビー)のメンバーであるイ・ソクフンがゲストとして出演しており、レギュラー陣たちとともに本音トークを語りました。

この日カイくんは、アイドルの引退年齢について「もともとアイドルの寿命は5年とか7年とか、そんな話をたくさん聞いていました」と説明。

そして、「10年は走り切れないような話を聞いていた僕たち(EXO)が、(デビューして)すでに10年になるので特別です」と話し、出演者たちを驚かせました。

これまでに数多くのMCを務めてきたタク・ジェフンは「もう10年になるの?」と尋ね、ゲストとして出演していたSG Wannabeのイ・ソクフンは「もう10年になるの?本当に?僕とそんなに差がないんだ、僕は(デビューから)13年だよ」と驚きを見せていました。

さらにカイくんは、「僕は20歳のときに、引退するのは29歳あたりだろうなと思っていた」と当時を振り返りながら告白。

これに対し、イ・ソクフンは「でも自分(カイ)が28歳になってみて、10年後の38歳と全く同じ景色が見えると思う?」と聞き返す場面も。

しかしカイくんは、今では「あの頃の自分は何を考えていたんだろうか」と思うほど、引退に対する考え方が当時と変わったことも説明しています。

今では、過去の自分のそんな考えを理解できないというカイくんに対し、イ・ソクフンは「(大丈夫)僕が今38歳なんだから」と言って共感する場面もありましたね。

K-POPアイドルはとっても華やかな世界だと感じますし、韓国のみならず日本や中華圏でも高い人気を誇るグループがほとんどという印象。

ましてやカイくんが所属している「EXO」なんて、韓国や日本などのアジア圏のみならず世界中で高い人気を寄せているボーイズグループの一つですよね。

それだけに、カイくんがそんなことを考えていたというのはなかなか衝撃的でした。

https://www.instagram.com/p/CSXqu7Mrm7Z/?utm_source=ig_web_copy_link

カイくんがまだ20歳のころ、すでにもう「アイドルという仕事を続けられるのは29歳くらいまでだろう」と考えていたと思うと、その考えが変わってくれて本当に良かったとしか思えません。

最後に、タク・ジェフンが「私は、まだこの歳(53歳)で撮影をしているのか」と話すと、ムン・セユンは「たしかに歳を重ねるごとに、大変だよね」と相槌を打ちます。

そして、「衝撃的なのは(同業種の)ドンヨプさん(タレントのシン・ドンヨプ)は50歳、ホドンさん(タレントのカン・ホドン)はドンヨプさんより2つ歳が上なんだ」と話しました。

カイくんが話した「29歳でアイドルを引退するつもりだった」という言葉によって、共演者たちもそれぞれの年齢を噛みしめる・・・というような内容になった今回の放送。

もともとは29歳で引退するつもりだったという考えをしていたカイくんも、現在は「長く長く活動していきたい」と思うようになったと明かしています。

これを聞いた出演者や視聴者たちも、ホッとした様子をみせていましたね。

カイくんといえば、2012年4月にEXOのメンバーとしてデビューしてから、アイドル活動のみならず俳優やソロ歌手、バラエティー番組やモデルなど多方面で大活躍している大人気メンバーです。

EXOのメンバーである以上、引退の心配すらする必要もないのではないか・・・なんて思ってもしまうのですが、やはりこのようなことはアイドル当人にしか分からないのでしょう。

アイドルはいつも華やかな場所にいるから、こちらから見ているだけの自分はずっと目の前で輝き続けてくれるものだと当然のように考えていたりもします。

カイくんもカイくんなりに、若い頃は色々なことを考えながら活動していたのかと思うと、これまでの活動がますます愛おしくなるというか・・・EXOでいてくれて本当にありがとう・・・!という気持ちになりますね(笑)。

そんなカイくんの発言も観られるtvN『牛島居酒屋』は、毎週月曜日の午後10時30分より韓国で放送中です。

アイドル寿命は短い・・・アイドルの過酷な運命

https://www.instagram.com/p/CSrskTuDdww/?utm_source=ig_web_copy_link

EXOのカイくんが「20歳のときに、29歳あたりで引退するんだろうな」と考えていたということが注目されていますが、実際にアイドルという仕事はとても過酷な運命だと言われていますね。

カイくんも番組内で言っていましたが、アイドルの引退年齢について「もともとアイドルの寿命は5年とか7年とか、そんな話をたくさん聞いていました」と説明していました。

そして、「10年は走り切れないような話を聞いていた僕たち(EXO)が、(デビューして)すでに10年になるので特別です」と話していたカイくん。

デビューしてからすぐにではないものの、着々と人気を伸ばしていったEXOは、今では世界的に高い人気を誇るK-POPスターとして成長をしたボーイズグループでもあります。

そんなEXOのメンバーとして大活躍をしているカイくんなのに、20歳の頃には引退の時期を考えることがあったんだ・・・と思うとなんだか複雑な気持ちにもなりますね。

カイくんが「アイドルの寿命は5年とか7年とか、そんな話をたくさん聞いていました」と話していたように、K-POP界にはある有名なジンクスがあることで知られています。

その名も、「7年目のジンクス(または”魔の7年”)」というもの。

韓国のK-POPアイドルは、デビューから7年目を迎える前に解散、もしくはメンバーの脱退、または活動休止などをするグループが多いと言われています。

その区切りが7年目に多くあることから、K-POPファンたちのあいだでは”魔の7年”、もしくは”7年目のジンクス”と呼ばれている・・・K-POPファンたちにとっても非常に有名な言葉でもありますよね。

なぜこのようなことが起こるかというと、どうやら韓国の芸能界の契約期間は「最大で7年」ということが決まっているのだそう。

そのため、アイドルと所属事務所との契約が7年目になると、韓国芸能界の芸能人たちが必ずと言っていいほど瀬戸際に立たされるのだそうです。

韓国では、この7年目に立たされる瀬戸際のことを「7年目のジンクス」と呼んでいるんですよね。

これは韓国だけでなく、K-POPアイドルが好きな日本人や国外のファンたちのあいだでも知られているほど知られている言葉だと思われます。

これまでにも、4minuteなど、「7年目のジンクス」を乗り越えられずに解散した人気アイドルは多く、BIGBANGの妹分としてデビューした2NE1や、miss Aなども7年目に解散しています。

7年目のジンクスだけでなく、K-POPアイドルの寿命はとても短いともいわれていますよね。

女性アイドルは基本短命と言われており、どうしても最初のインパクトや瞬発力などが大切ともいわれています。

一方で男性アイドルは、最初からグンといくよりは時間をかけて着々と売れていく傾向にあると言われています。

しかし男性アイドルは活動中に「兵役」というものがあり、それが人気ののぼりを阻むとされているのだそうなんです。

アイドルの寿命は、契約期間の7年目だけでなく、入隊時期にも訪れる可能性があるということなんですね・・・。

カイくんは20歳のときすでにこのようなことを考えて、もしかしたら29歳あたりに引退するかもしれない、と思っていたなんて、本当にすごい世界にいるんだと改めて実感します。

アイドルは輝かしい世界ですが、それだけに寿命も短いのかもしれません。

「EXOは10年目なので特別です。」

と言っているカイくん、「29歳で引退するつもりだった」という考えを変えてくれて本当にありがとう・・・!

これからもEXOのメンバーとして、人気メンバーのカイくんとして、マイペースに活動していってほしいですね!

まとめ

今回はボーイズグループ「EXO(エクソ)」のメンバー「カイ」について、”引退するつもりだった”という過去の考えの告白、アイドルの過酷な運命などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・カイはEXOの人気メンバー!

・20歳の頃に29歳で引退を考えていたと告白!

・K-POPアイドルの寿命は短いと言われている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)