捏造疑惑?!Girls Planet 999イム・ハンビョルに批判の声が殺到!

みなさん、こんにちは!

今回は、サバイバル番組『Girls Planet 999』について、「捏造番組」だと批判の声が殺到していることや、参加者をわざと落としたという真相などをまとめてご紹介していきたいと思います!

 

サバイバルオーディション番組『Girls Planet 999』

2021年8月6日から放送がスタートした『GIRLS PLANET 999:少女祭典』は、韓国のエンターテイメント企業CJ ENCによる2021年最も注目されている新たなオーディションプロジェクト!

グローバルガールズグループとしてのデビューを目指す韓国、日本、中国の練習生達が仮想世界”ガールズプラネット”で様々な挑戦を繰り広げながら、夢に向けた旅路と成長過程を楽しめる番組構成になっているとのこと・・・!

今回『Girls Planet 999』を企画している韓国企業CJ ENCは、BTSの後輩として注目を集めている「ENHYPEN」が誕生したオーディション番組『I-LAND』や、「IZ*ONE」、「WannaOne」のデビューのきっかけとなった『PRODUCE』シリーズなどを手掛けている大手の会社。

PRODUCEシリーズ内で、プロデューサーたちの不正問題が明らかになってからは、韓国国内で大きなオーディション番組はあまり行われてきませんでした。

しかし、今までの教訓をしっかりと刻み、新たな巨大プロジェクトが進行していったとのことです!

有名オーディション番組から誕生するアイドルたちは、デビュー前から全世界で注目されてから、超人気アイドルになる場合も多いと言われています。

オーディション番組への出場は、人気アイドルになるための近道とされているんですよね。

そのため、多くの練習生たちがデビューを夢見て、オーディションプログラム参加を目指します。

今回の『Girls Planet 999』に寄せられた練習生の応募総数は、ななななんと1万3000人!

プログラムにはこの1万3000人の中から、日・中・韓で行われたオーディションに通過した各国33人、計99人が参加しています。

この番組には、あの「NiziU」のデビューのきっかけともなったサバイバル番組『Nizi Project』に出演していたメンバーも参加しているということで、余計に注目度が高まっていますよね!

『Nizi Project』は、JYPエンターテインメントの音楽プロデューサーであるJ.Y.Parkが取り仕切っていたこともあって、練習生のレベルも高かったことで知られています。

放送当時、非常に注目されていたことから、8月6日に初放送されたサバイバルオーディション番組『Girls Planet 999』にも高い注目度が集まっているというのも納得です!

それぞれ違う文化を持つ少女たちが、“K-POP”を通して一つになり、グローバルガールズグループとして成長するための挑戦を描くプロジェクト『Girls Planet 999』!

放送を前に公開された練習生99人のビジュアルにも、放送前であったにもかかわらず物凄い注目が・・・!

各国33人の参加者が披露するステージ、そして99人全員が参加したバージョンのステージが公開されていき、すでに人気が高まりつつある番組と言えるでしょう!

『Girls Planet 999』は、異なる文化圏と練習期間、様々な経歴を持つ参加者たちが集まって、成長していく過程で最高のケミ(ケミストリー:相手との相性)を披露していく番組となっています。

韓国はもちろん、YouTubeなどの海外プラットホームを通じても生配信され、シグナルソングステージの公開もあることから、世界中のファンの関心が高まっているんですよね!

もちろん日本でも視聴ができるため、すでにハマってしまってる・・・!というK-POPファンの方はとても多いのではないでしょうか?

『Girls Planet 999』は、8月6日の午後8時20分からスタートしています。

新たなグローバルグループの誕生の”はじまり”を、みんなで楽しく応援していきたいですね!

「捏造番組」の疑惑が浮上!

そんな注目度の高い『Girls Planet 999』の3話が20日に放送されたのですが、その中の内容で「捏造番組」と言われる出来事が放送されとても批判の声が上がっています。

『Girls Planet 999』3話では、練習生の「キム・ダヨン」ちゃんが「わざとTOP9に選ばなかった」と告げられ、涙を流すというシーンが放送されました。

キム・ダヨンちゃん▼

問題となっている3話では、最初の脱落発表式(99人中48人脱落)を控えて、「コネクトミッション」を準備する姿が放送されました。

「コネクトミッション」では、2つのチームが同じK-POPガールズグループの曲で対決を繰り広げるという内容となっています(男性の曲の場合は3つのチーム)。

このチーム対決に勝利すれば、投票数が倍になるベネフィットが付与。

ガールズグループ曲で勝利したチームは、グローバル投票締め切り前24時間の投票数が2倍となり、ボーイズグループ曲で勝利したチームは3倍になります。

脱落はグローバル投票の得票数によって決まるため、この投票数にも非常に注目が集まていましたよね。

そしてそんな中、キム・ダヨンちゃんの涙のシーンとなったのが、その本番ステージを控え行われた中間評価の場面でした。

『How You Like That』2組のパフォーマンスを見たメンターのイム・ハンビョルが、「キム・ダヨンがどうして1位になったのか分かった」と称賛。

そして続けて、「わざとTOP9に選ばなかった。とにかく後でTOP9に入りそうなので」と話したのです。

この言葉を聞いたキム・ダヨンちゃんは涙。

キム・ダヨンちゃんは、「正直、Kグループの1位だけがもらえなかったことがすごくプレッシャーだった」「心の重荷が軽くなった。もう自信を取り戻してもいいと思う」と話していました。

一見、このシーンは実力を評価されているとてもよいシーンという感じがしますが、このシーンを見たネットユーザーからは、「不公正だ」とし批判的な反応があがることになってしまっているんです。

この「TOP9」というのは、2話でメンターたちによって選ばれた暫定のデビュー組9人のこと。

「TOP9」に選ばれると、生存と脱落の運命を共にする「セル(3人組)」を主体的に構成できる権利が与えられるんですよね。

人気や実力などを見ながら、脱落の可能性が低い練習生を先に指名し一緒に「セル」を組むことが可能となるんです。

この場合、もちろん実力のある練習生と一緒に組むことによって、今後のミッションで勝利しベネフィット獲得の可能性も高くなっていく・・・ということですね。

デビューするためにとても重要な「TOP9」なのですが、その特典をイム・ハンビョルは「わざと与えなかった」と言っているのです。

この発言に対して、ネットユーザからは批判的な声が殺到。

というのも、Mnetのサバイバル番組にはこれまでにも『プロデュース』シリーズの票捏造によって、いまだに不信の目が向けられているというのが現状でもあります。

それだけに、このような狙いの分からない発言は「不公正」「不正」「捏造番組」といった声が上がってしまう原因となってしまうのでしょう。

わざとこのポストを与えなかったことが理由になってかならずか、キム・ダヨンちゃんが所属した『How You Like That』チームは、「コネクトミッション」で敗北しました。

このメンターからの評価がとても重要であるだけに、応援しているファン側から納得がいかないという声が殺到するのも非常に納得できますね・・・。

「捏造番組」疑惑に対する視聴者たちの反応は?

メンターであるイム・ハンビョルの「わざと選ばなかった」発言により、「捏造番組」という声が殺到してしまっている『Girls Planet 999』。

練習生たちを応援している視聴者たちは、応援している練習生をデビューさせたいという想いで投票しているため、とても厳しいものばかりです。

視聴者たちの声はこちら▼

「実力があって上手なら選ばないと。わざわざ入れないなんて捏造と同じ」

「人生がかかっているのにわざと選ばないなんてことがあっていいのか」

「不公正。セルという大きなチャンスを逃したことはあまりにも不利すぎる」

「どうして同じ基準で評価できないのか。みんな平等でなければならない」

「先にセル組んだ後に組み直しになった側だから不公平感はある」

「その操作はいらなかった。ただ普通に選んであげるべきだった」

「わざと選ばないことでモチベーションを上げるつもりだったのかもしれない。でもやり方が公平ではない」

キム・ダヨンちゃんがTOP9に選ばれずに涙を流していたとき、ダヨンちゃんが泣いて喜んでいたため単純に”よかったね”となっていた自分もいたのですが、一方でやはりわざと選ばないというところには違和感も感じました。

ここでTOP9に選ばれないからと言って序盤で落ちる可能性はほとんどないと思いますが、それでもこのやり方自体が”不公平”に感じてしまうのは事実でしょう。

イム・ハンビョルが独断と偏見でこの評価をしたふうにも見えますが、韓国のネットユーザーたちのあいだでは「Mnet側の操作なのではないか」と疑う声も上がっているのだとか。

もしもイム・ハンビョルの独断意見だったら、それはそれでまた問題になりそう(笑)。

そもそもこのメンターの発言などが問題ということではなくて、放送局自体に問題あるのかもという意見もありますね。

とはいっても、キム・ダヨンちゃんの実力はたしかにレベルが高いといえるほどのもので、パフォーマンスをみてもかなり秀でているということは目に見える真実。

この論争は、「参加者たちに対してフェアじゃない」というところで批判が殺到しているということなのでしょうね。

実際、これだけの発言で「捏造番組」「操作」というのもアレかな・・・という感じもしますが・・・それもこれも「Mnetだから叩かれるのかな」という気もしてしまいます(笑)。

サバイバルオーディション番組ということもあり、「一度は落とした方がますます奮起する可能性があるとか?」という声も見られていました。

そのような可能性もあるとすると、そういう意味も込めてわざと落とした・・・という意図もあったのかもしれませんね。

応援していたり投票をしているファンにとってはいらない意図という感じもしますが、番組をさらに面白くするためのエッセンスになる可能性もあるのかもしれません。

とはいっても、やはりせっかく実力があるのにわざと選ばないというのは納得がいかないというのも事実。

一部では、「こういうことで番組が話題になって、視聴者数が増えるようになるんじゃないか」という意見も見られていました。

たしかにこの件は韓国でも日本でも大きな話題となり、ますます高い注目を集めている番組だと言えるでしょう。

炎上商法・・・とまではいきませんが、話題作りという見方もできるかもしれませんよね。

同じチームでデビューするとなっていながら、選ぶ基準が違えば不平等だと言えると思います。

もしまだ未熟だったとしても、それを理由に練習生たちを別々の選び方で選んではいけないという声がとても多く見られていますね。

『Girls Planet 999』は、日本、中国、韓国から夢を叶えるために集められた練習生たちが一生懸命に自分のパフォーマスを披露しています。

そのような努力を披露している練習生たちを、視聴者たちは純粋に評価し投票していると思うので、番組も公平に選んで「捏造番組」という疑惑を払拭してほしいですね・・・!

まとめ

今回はサバイバル番組『Girls Planet 999』について、「捏造番組」だと批判の声が殺到していることや、参加者をわざと落としたという真相などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・サバイバル番組『Girls Planet 999』が人気!

・わざと練習生を選ばず捏造番組という疑惑が浮上!

・ネット上では批判の声が殺到している!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)