【ガルプラ】セル&個人ランキング!個人1位は日本人「川口ゆりな」

みなさん、こんにちは!

今回は『Girls Planet 999』第1回脱落発表について、「セル」ランキングや個人ランキング「TOP9(暫定デビュー組)」など、順位をまとめてご紹介していきたいと思います!

サバイバルオーディション『Girls Planet 999』

2021年8月から放送がスタートした『Girls Planet 999:少女祭典』。

この番組は、韓国のエンターテインメント企業「CJ ENC」による、2021年最も注目されている新たなサバイバルオーディションプロジェクトです!

グローバルガールズグループとしてのデビューを目指す日本、中国、韓国の練習生たちが、仮想世界「ガールズプラネット」でさまざまな挑戦を繰り広げながら夢に向けた旅路と成長過程を楽しめる・・・という番組コンセプトになっているんですよ!

今回『Girls Planet 999』を企画した韓国企業CJ ENCは、これまでにも数多くの人気サバイバルオーディション番組を輩出してきました。

BTSの後輩として話題の「ENHYPEN」が誕生したオーディション番組『I-LAND』、「IZ*ONE」や「WannaOne」のデビューのきっかけとなった『PRODUCE』シリーズなどを手掛けている大手の会社です。

『PRODUCE』シリーズ内で、プロデューサー達の不正問題が明らかになってからは、韓国国内で大きなオーディション番組はあまり行われてきませんでした。

しかし、今までの教訓をしっかりと刻み、新たな巨大プロジェクトが進行されたとのことです。

有名オーディション番組から誕生するアイドルたちは、デビュー前から全世界で注目され、デビュー後はさらに超人気アイドルになるという場合が多いとされています。

そのようなことから、オーディション番組出場は人気アイドルになるための近道とされているんですよね。

そのため、とっても多くの練習生たちがアイドルデビューを夢見て、オーディションプログラムへの参加を目指します。

新しくスタートしたサバイバルオーディション番組って、いつ見てもワクワクドキドキしてしまいますよね・・・!

番組をみていると、まさに異なる文化圏の練習生たちが、協力し合い、そして切磋琢磨し合いながらお互いを高めあっていくという素晴らしいストーリーに感動することもしばしば。

みんながライバルであるものの、一緒に厳しさを分かち合うことで仲間という感覚も芽生えるような関係性がとっても尊いですよね。

韓国はもちろん、YouTubeなどの海外プラットホームを通じても生配信されており、世界中のファンの関心が高まっている『Girls Planet 999』。

世界中のファンたちが、リアルタイムで練習生たちを応援し、投票し、推している練習生が自分の一票でデビューするかもしれない・・・なんて面白いですし素敵すぎますよね!

たくさんの実力者たちが集っているこのサバイバルオーディション番組。

第1回脱落発表では脱落者も出てしまいましたが、残ったメンバーたちは残れたことをチャンスにし、自分の実力を存分に出し切ってデビューの切符をぜひ手にしてほしいですね!

『Girls Planet 999』第1回脱落発表

韓国のみならず、日本や海外でも高い注目を集めている、Mnetのサバイバルオーディション番組『Girls Planet 999』。

その第5話が、9月3日に放送され大きな話題となりました。

5話の番組内容は、第1回生存者発表式の模様が公開されるというもので・・・初の番組脱落者が出る回だったんですよね。

第1回生存者発表式では、個人ではなく「セル」単位で順位付けされた、生存者(54人)と脱落者(45人)が決定されました。

「セル」というのは、日本、中国、韓国グループの1人ずつで構成された3人組の運命共同体とのことをいいます。

そしてその「セル」のランキングは、”100%”グローバル投票で決定されました・・・!

進行役となったヨ・ジングさんは、第1回脱落者の発表を前に「世界164か国で2週間、計3936万投票数を記録しました」と説明。

そして、「最初のミッションであるコネクトミッションで勝利した5チームは、グローバル投票でベネフィットを受けることになります」と話しました。

ちなみに、『Girls Planet 999』4話でおこなわれた1stミッション後半ステージ公開は、『Fiesta』『SSFWL』『Mic Drop』『The Eve』『Pretty U』。

ランキング発表の順番は、生存ギリギリの17位の「セル」を最後に残した上で、16位の「セル」から1位までを発表。

そしてその後、17位の発表を経て、メンターによって選ばれた復活者3人の名前がアナウンスされる・・・という、とってもドキドキする形式になっていました。

またその後、個人投票の結果をもとに、個人ランキング「TOP9(暫定デビュー組)」も発表され、ネット上ではかなりの盛り上がりを見せていましたね!

そんな『Girls Planet 999』の「第1回脱落発表」のランキングを、まとめていきたいと思います!

第1回:「セル」ランキング

まずは、個人ではなく「セル」という単位で順位付けされた、生存者(54人)の発表から!

先ほどもご紹介したように、「セル」というのは、日本、中国、韓国グループの1人ずつで構成された3人組の運命共同体とのことをいいます。

そしてその「セル」のランキングは、”100%”グローバル投票で決定されました!

ということで、ここに選ばれた参加者たちはグローバル投票の結果で生き残ったメンバーだということですね!

グローバル投票は、世界164か国で2週間、計3936万投票数を記録したとのことなので、まさに世界中のファンたちがこの参加者たちに投票した結果がランキングとなりました!

そんなファンたちの想いも乗せた「セル」ランキングの生存者たちはこちらです!▼

<1位>:ツァイ・ビーン、チェ・ユジン、メイ

<2位>:シェン・シャオティン、ソ・ヨンウン、川口ゆりな

<3位>:スー・ルイチー、チョン・ジユン、江崎ひかる

<4位>:ファン・シンチャオ、カン・イェソ、坂本舞白

<5位>:リー・イマン、キム・チェヒョン、桑原彩菜

<6位>:シュイ・ズーイン、キム・ドア、新井理沙子

<7位>:シュイ・ニエンツー、ヒュニンバヒエ、坂本志穂菜

<8位>:フー・ヤーニン、キム・スヨン、野仲紗奈

<9位>:ウー・タミー、キム・ダヨン、櫻井美羽

<10位>:チェン・シンウェイ、チェ・イェヨン、久保玲奈

<11位>:ヤン・ズーグァ、グイン・マヤ、嘉味元琴音

<12位>:ジアイ、ホ・ジウォン、山内若杏名

<13位>:リョン・チェクイン、イ・チェユン、岸田莉里花

<14位>:リャン・ジャオ、イ・ヘウォン、永井愛実

<15位>:ワン・ヤーラ、アン・ジョンミン、藤本彩花

<16位>:ヂャン・ルォフェイ、キム・ボラ、早瀬華

<17位>:チョウ・シンユー、ユン・ジア、島望叶

▼メンターによって選ばれた復活者3人(救済)▼

<救済>:ウェンヂャ、キム・ヘリム、池間琉杏

第1回順位発表式では、16セル、48人が脱落となります。

しかし、その脱落するメンバーの中から3人は”プラネットパス”によって”救済”されました。

今回のミッションはこのセルでおこなわれましたが、次回のミッションで、セルの組み換えがされるとのことです。

次のミッションでどのようにセルが組まれるのかは、現時点で明かされていません。

ただ、第2話のなかではセルの組み換えが大幅におこなわれたんですよね。

そう考えると、コネクトミッション後の組み換えもかなり多そうだと言われています。

また、コネクトミッションの練習をしていく中で、セル内やチーム内でも意見や文化の相違が出てきてしまう・・・ということがあったようですね。

そのようなこともあって、ネット上では『Girls Planet 999』の中で性格が悪いと言われてしまうメンバーも出てきてしまいました。

しかしこれは、グローバルオーディション番組ではよくあることというか・・・多国籍の参加者がいるからこそ、文化の違いや意見の相違などがあることは仕方がないこと。

それをぶつけ合って、お互いに納得し合って、高めあっていく・・・という参加者たちの姿を見ることができるのもまた、グローバルオーディション番組の面白さでもあるのではないかと思います。

参加者たちのあいだでも、性格や考え方などの違いで「他のメンバーと組みたい」「このメンバーとだったら合いそう」という考えなどはありそうですよね。

そのようなところも楽しみにしながら、次のセルランキング発表もドキドキな気持ちで待ちたいと思います・・・!

第1回:「TOP9」(暫定デビュー組)

続いては、”暫定デビュー組”としてとても有利な位置づけに立つことのできる「TOP9」入りを果たしたメンバーたちの発表です。

個人投票「TOP9」順位はこちら!▼

1位:川口ゆりな(日本)

2位:シェン・シャオティン(中国)

3位:江崎ひかる(日本)

4位:チェ・ユジン(韓国)

5位:坂本舞白(日本)

6位:スー・ルイチー(中国)

7位:ツァイ・ビーン(中国)

8位:カン・イェソ(韓国)

9位:キム・チェヒョン(韓国)

個人投票「TOP9」は、ご覧の結果となりました。

6位となったスー・ルイチーちゃん(中国)は、SNSのフォロワーがなんと360万人を超えているというものすごく高い認知度を持った参加者。

5位になった坂本舞白ちゃん(日本)は、元JYPエンターテインメントの練習生だったという経歴の持ち主です。

4位になったチェ・ユジンちゃん(韓国)といえば、CUBEエンターテインメント所属のガールズグループ「CLC」の現役メンバーとして知られていますよね!

3位となった江崎ひかるちゃん(日本)は、シグナルソング『O.O.O(Over&Over&Over, オ.オ.オ)』でJグループのセンターを務めた存在感のある参加者。

2位に選ばれたのは、Cグループのセンターを務めた圧倒的ビジュアルの持ち主シェン・シャオティンちゃん(中国)。

そして1位に選ばれたのは、「X21」(第13・第14回『全日本国民的美少女コンテスト』のファイナリストで構成されたアイドルグループ:2018年に解散)の元メンバー・川口ゆりなちゃん(日本)でした。

1位となった川口ゆりなちゃんは、「投票してくださったプラネットガーディアン(視聴者)のみなさん、本当にたくさんの票をありがとうございました。」と感謝の気持ちを視聴者に伝えました。

そして「とても光栄な順位に、私の実力がまだまだ追いついてなくて。未熟な部分をもっともっと磨いて、投票いただいたみなさんに第1回のTOP9の1位を獲った川口ゆりなとして認めてもらえるように、もっと頑張るので見守ってください」と挨拶。

なお、川口ゆりなちゃんは投票に参加した164ヶ国の視聴者のうち、計83ヶ国で1位になっていたそうで、得票数はなななんと444万6387票だったそうですよ・・・!

ちなみに、日本での投票数1位は坂本舞白ちゃん、2位はスー・ルイチーちゃんだったそうです!

初のミッションで行われたグローバル視聴者投票では、セルの投票数と個人投票数の合計が3900万票を突破。

放送当日は、「TOP9」「ゆりなちゃん」といったハッシュタグがツイッターの日本トレンド入りを果たしたことが話題にもなりましたよね!

さらに、「Girls Planet 999」「Yurina」が世界トレンドにもランクインするなど、世界中で大きな話題となっているというのだから驚きです・・・!

9月10日の放送からは新たなミッションがスタートしているので、今後のメンバーたちの成長やランキングの変動などもますます楽しみですね!

まとめ

今回は『Girls Planet 999』第1回脱落発表について、「セル」ランキングや個人ランキング「TOP9(暫定デビュー組)」など、順位をまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・Girls Planet 999は人気のサバイバル番組!

・「セル」ランキングが発表され脱落者も!

・個人1位は川口ゆりなだった!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)