PENTAGON唯一の日本人メンバーユウトの魅力。パパ好き?ユウトの過去

みなさん、こんにちは!

今回は韓国の人気アイドルグループ「PENTAGON」のメンバー、ユウトくんについてご紹介したいと思います。

プロフィール

本名:安達祐人

生年月日:1988年1月23日

出身地:日本 長野県長野市

血液型:O型

身長:182cm

体重:63kg

特技:ラップ、サッカー、野球、釣り

趣味:アニメ鑑賞、サッカー、海外の音楽、動画鑑賞

得意な外国語:韓国語

ポジション:ラップ

日本のファンにはデビュー前からすでに人気のあったユウトくん、韓国デビューを果たすとそのふわっとした性格から人気を博しました。

おっとりとしていてボーっとしている印象の強いユウトくんですが、実はPENTAGONで低音ラッパーをしているカッコいいメンバーなんです。

もともとお姉さんの影響でK-POPに興味を持っていたユウトくんは、みんなからなぜか「アダチ」と呼ばれとても愛されていますね(笑)。

実はお父さんを「パパ」と呼んでいたり、フイくんのコメントに涙したりと、ユウトくんもかなり魅力の塊で見ているだけで面白いという感じです。

ユウトくんは身長が高くシブいルックスをしているということもあり、マンネラインとは思えないほどの落ち着きを見せています。

PENTAGONメンバーではマンネラインなのに、お兄さんメンバーたちに甘えられるほどのヒョン感があるユウトくん。かなり大人っぽい雰囲気です。

ユウトくんは韓国でK-POPアイドルとして活躍していますが、韓国アイドル特有のいわゆる「愛嬌」はめちゃくちゃ苦手なようです。

とくにデビュー当時は愛嬌が大の苦手で、クールな雰囲気を持ったポーカーフェイスというイメージが強かったと思います。日本人らしいですよね(笑)。

しかし、ただシャイなだけで、本当はみんなと楽しいことをするのが大好きなかなりのマンネ気質。

普段はクールなイメージが強いということもあり、ステージでメンバーたちとわいわい楽しそうにしている姿はギャップを感じてかわいいというファンが急増中です!

シャイでおだやかで思いやりのあるユウトくん、そんなところが日本人みあるということで日本人ファンからの人気もかなり高いようです!

噂のパパ呼びって?

ユウトくんを語るうえで、ファンとしてまずいちばんに覚えておきたいこと(?)は、やはりなんといってもユウトくんの「パパ呼び」ではないでしょうか(笑)。

ユウトくんがパパ呼びをしている!ということが発覚したのは、実はメンバーからの暴露だったんですよね~たしか・・・誰でしたっけ・・・?ウソクちゃん?(笑)

あっ、違いますね!その前に、デビューが確定となったときに両親に電話したとき、涙でうるうるしながら笑顔で「パパ?」って言いながら喜びを報告していましたっけ!

ユウトくんのそんなところがすごく可愛いな~、なんて思った方も多かったのではないでしょうか?

ユウトくんのパパ呼びがファンに目撃された日と言えば、PENTAGONがデビューしてから日本でショーケースが行われたときのこと。

そのときもたしか、自己紹介で「パパ呼び」をいじられていましたよね?(笑)

そこがかわいいっていうファンも多く、あのシブいイケメンゆうとくんがパパって呼んでいるというギャップにやられてしまいました・・・!

日本でのショーケースにはユウトくんのご家族も見に来ていたそうで、家族の話をするとスクリーンにはユウトくんの噂の(?)パパが映し出されたんですよね~。

「お父さんをパパと呼ぶ」と言われると、ユウトくんは「心はアメリカ人です」なんて笑いを誘い、その会場に両親が来ていることを明かしパパがスクリーンにドーン!

そのパパがあまりにもユウトくんとそっくりのイケメンパパだっただけに、会場は黄色いような大歓声に包まれたんですよね(笑)。

ユウトくんはどちらかというとシブい感じで男らしい・・・というルックスだと思うのですが、ユウトくんのパパもシブい雰囲気を持ったイケメンだそうです!

イケメンの血筋はやはりイケメンなんですね・・・!

ユウトくんのパパにウソクちゃんが「オヤジ~~~!」なんて茶目っ気たっぷりのかわいさで叫ぶなど、日本ショーケースはものすごく大盛り上がりだったそうです。

ユウトくんのパパ呼びいじりがなかなか定着しつつありますが、ウソクくんがパパではなくオヤジと呼ぶところがなんか上手いですよね~(笑)。

このPENTAGONの関係性がおもしろいです。

また、フイくんからは会場で見守っていたユウトくんの両親に向けてコメントもあったんですよね。

「まだ幼いのに外国で一人でいるユウトを、これまでとても心配されたかと思います。でも、ユウトは、本当に格好良く誇らしくなりましたので心配しないでくださいね。これからも楽しみにして、ペンタゴンを愛してください。ご両親には心から感謝します」。

フイくんの、リーダーらしくメンバーと家族を気遣う頼もしいコメントに、ユウトくんは涙をこぼしていました。

ユウトくんも「素敵な仲間たちと一緒に出来ることが幸せです」と語っていましたが、きっとパパさんもご家族も、息子がPENTAGONのメンバーで良かった・・・と安心できたのではないかと思います。

パパ呼びがかわいいユウトくん、家族からもメンバーからもたくさんの愛を受け取っているんだな~と想像できますね。

ユウトが日本にいた時は?

ユウトくんは長野県長野市で生まれ育った日本人メンバー。

もともとK-POPが好きだったというお姉さんの影響もあって、ユウトくんもK-POPにハマり、なんとわずか15歳で渡韓しました。

ユウトくんは日本での初コンサートで、渡韓当時は両親の反対を押し切って韓国に行ったこと、これまで一人で頑張ってきたことを語っています。

15歳で渡韓をしたユウトは、姉の影響もあって純粋にK-POPが好きで、K-POPアイドルを目指して韓国へ来ました。

韓国に来る前からK-POPへの興味が深かったというだけあり、日本にいるころから独学で韓国語を勉強していたというユウトくん。

そのため、デビューを目指して頑張っていた「PENTAGON MAKER」のときから韓国語がとても上手でしたよね~。

普段からユウトくんは”負けず嫌いで頑張り屋さんの努力家”というイメージが強いのですが、やはり日本にいるころから頑張って勉強していたんですね。

ユウトくんはそんな努力や頑張ることを惜しまないという強い意志で、みごと夢をかなえました。

そんな強い意志で日本にいるころから独学で韓国語を勉強していたというユウトくんですが、それだけありやはり韓国語の実力派なかなかのもの。

同い年のウソクちゃんとショッピングをしたときには、ウソクちゃんから「韓国人の友達と歩いているみたい」と言われるなんていうシーンも。

頑張りが認められたユウトくんは喜んでいました(笑)。かわいい。

しかし、慌てたり焦ったりしてしまうとやはり日本語がぽろっと出てしまうようで、それは日本人のファンにとっては妙に親近感がわいてしまったり(笑)。

また、年齢の上下関係などが厳しいといわれている韓国で、お兄さんメンバーたちに何のためらいもなく「こらこらこら」「なんで?なんで?」なんて日本語の突っ込みを入れてしまうユウトくんもまた日本人らしくてかわいいですよね(笑)。

韓国のアイドルではとても新鮮に感じますね。

ご飯を食べるときなんかも「いただきます」と、ナチュラルに日本語で言ってしまうユウトくん。

そんなユウトくんですが、デビューした今でも日本にいたころと変わりなく韓国語の勉強を怠ることはないと言います。

最近では韓国語のことわざも覚えているとか…。

努力を怠らずに頑張り続けるユウトくん、これからもずっと応援していきたい日本人メンバーですね!

韓国でのアイドルデビューのきっかけや道のり

両親の反対を押し切って韓国にやってきたユウトくん。

韓国に渡ってCUBEエンターテイメントの練習生となったユウトくんは、その後まもなくデビュー前のサバイバル番組「PENTAGON MAKER」に参加することになります。

「PENTAGON MAKER」は、PENTAGONがデビューするまでに、ケーブルチャンネルMnetとCUBEエンターテインメントが手を組んで繰り広げられたデビューリアリティー番組のことです。

韓国でNAVER tvcast「M2-PENTAGON MAKER」チャンネルを通じて、12週にも渡って公開されたこの番組にユウトくんも出演していました。

ユウトくんのほかにもPENTAGONメンバーが出演しており、毎週「アイドルが必要とする5大能力」を見せつけた出演メンバーたち。

そこでは、アイドルが必要とする5大能力として、「パフォーマンス力(歌、ラップ)」、「ダンス」、「チームワーク」、「タレント性(バラエティセンスなど)」、「マインド(性格や態度など)」がチェックされました。

この5つをすべて兼ね備えたメンバーのみPENTAGONとしてデビューできる・・・という課題が与えられた番組でしたね。

 

ユウトくんをはじめそれぞれのメンバーが部門別のミッションに個人、あるいはユニットで挑戦していき、そのミッションのオンライン再生回数といいね!の数などによるスコアの結果に基づいて確定されたPENTAGONのメンバー。

最終的には、ユウトくんを含め10人全員がデビューすることに決定しましたね。

この番組では、ただステージミッションとして雪斎琢磨していくだけでなく、メンバーどうしの仲の深め合いや寄宿舎での様子なども観れると評判でした。

とくに外国人メンバーもいるグループということで、宿舎などでの和気あいあいとした楽しい姿はファンにとっても嬉しいものでしたよね。

しかし、ユウトくんは外国人メンバーということもあり、「PENTAGON MAKER」開始当時はやはりあまり評価が高いメンバーではありませんでした。

やはり韓国人ではないため当初は口数も少なく、かなり控えめで物静かなメンバーというイメージが強かったユウトくん。

しかし、PENTAGON MAKERのミッションも真面目にコツコツと努力しながらこなしていくユウトくんの姿に、韓国のファンの心も少しずつ動かされたようです。

各ミッションでの自身のラップパートでは、持ち前の低音ボイスを見せつけながら少し日本語を混ぜてアレンジをしたりするなど、自身の実力を着実に発揮していきました。

韓国でのデビュへ向けて頑張る中でも、日本への愛情を感じとれることができた、とデビュー前から日本で応援しているファンもたくさんいましたね。

しかし、デビューまでの道はそう簡単なものではなく、なかなかデビューへのポイントがあと一歩というところで得られず、苦労しながらミッションに挑んでいたユウトくん。

どんなに苦労が報われなくてもあきらめずに前だけ見て頑張っているユウトくんの姿は、見ているみんなの心を打ちました。

そしてついにその努力が報われ、デビューに必要なポイントを獲得しみごとデビューを決めたときのユウトくんの涙にもらい泣きしたファンも多かったのではないでしょうか。

デビューが決まり嬉しさのあまり泣いてしまったユウトくんに、「ヒョンが守ってあげると言ったじゃないか。」と祝福してくれたジノヒョン・・・。

その喜びを両親に伝えたときの電話があの有名な(?)「パパ?」だったのです。

今まであんなに凛々しく頑張ってきたユウトくんだったのに、ご両親の前ではまだこどもなんだな~・・・と感じとてもかわいらしかったんですよね(笑)。

そんな苦労をしながらデビューしたこともあり、フイくんがユウトくんのご両親に「いろいろ心配はあるかもしれませんが、ユウトには僕たちがついています」と宣言してくれたことは本当に心強かったことでしょう。

日本の自宅では可愛がられながら育ってきたようなユウトくんであり、そして、韓国でPENTAGONメンバーからは可愛い弟であり・・・。

15歳という若さで異国の地にわたり、外国人でありながら言葉の壁などを頑張って乗り越えようとする姿は、PENTAGONのメンバーたちにも良い刺激になっているのではないでしょうか?

きっと、助けてあげたくて、そして守ってあげたくなるような弟なのでしょうね。

まとめ

今回は韓国の人気アイドルグループ「PENTAGON」のメンバー、ユウトくんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・お父さんをパパと呼んでいる!

・日本にいたときから韓国語を独学で勉強!

・韓国デビューまで苦労した!

という結果になりました。

PENTAGON キュートなジャイアントマンネ「ウソク」ファッションテロリスト!脚の長さの破壊力!

2018.01.28

PENTAGON唯一の日本人メンバーユウトの魅力。パパ好き?ユウトの過去

2018.01.27

PENTAGONイケメン垂れ目の貴公子「ヨウォン」実力派俳優として活躍中

2018.01.26

PENTAGON ナルシストイケメン「シノン」奇行?天然?短気なシノン!

2018.01.26

PENTAGON グループ唯一の中国人メンバー「イェナン」女性は苦手な一面も?

2018.01.25

PENTAGON カリスマ高音ラッパー「イドン」!背中や首、肩や腕にまでタトゥー!つんくに似てる?

2018.01.25

PENTAGON 童顔キュートな最年長「ジノ」優しさの裏に人見知り?!歌唱力ずば抜け!

2018.01.24

PENTAGONグループを見守るオンマ「ホンソク」のデート現場!噂の彼女Produce101のイ・スヒョンて?

2018.01.23

PENTAGONかわいいマンネ組のカリスマ「キノ」

2018.01.19

PENTAGONリーダーフイ、愛嬌満載の愛されるリーダー

2018.01.17

PENTAGONのメンバーの人気順や名前を発表!

2017.11.07

おすすめ記事(広告を含む)