韓国シンガーソングライター「LEE HI」のプロフィール!サマソニ2018出演も!

みなさん、こんにちは!

今回は韓国の人気シンガーソングライター「LEE HI」ちゃんについてご紹介したいと思います。

韓国・シンガーソングライター・LEE HI・プロフィールのキーワードで調べてみました。

スポンサードサーチ

LEE HIのプロフィール

(参照:Twitter)

本名:イ・ハイ(LEE HI)

ハングル表記:이하이

国籍:大韓民国

所属事務所:YGエンターテインメント

所属グループなし:シンガーソングライター

生年月日:1996年09月23日生まれ

兄弟構成:姉

出身地:大韓民国・京畿道富川市

高校:ソウル公演芸術高等学校

デビュー年:2012年

身長:158cm

体重:48kg

血液型:B型

Instagram:@leehi_hi

イ・ハイちゃんは、「R&B・ソウルミュージック界に現れた次世代の超新星」と言われている韓国のシンガーソングライターです。

2011年に放送が開始されたサバイバルオーディション番組にて準優勝を果たし、その後YGエンターテインメントと専属契約を結んでいます。

YGエンターテインメントと言えば、BIGBANGや2NE1などビッグアーティストを輩出してきた事務所でもあるので、イ・ハイちゃんの日本ファンにもかなり人気があります。

韓国人では珍しい重低音ボイスが魅力的で、あまりかぶらないようなユニークな声質とリズム感がYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表に高く評価されました。

そんなイ・ハイちゃんの才能や歌唱力の高い実力もあり、2012年10月にデジタルシングル「1.2.3.4」でデビューを果たしています。

そして2018年3月にはついに、日本のファンたち待望の日本デビューも果たしました!

イ・ハイちゃんは、自らの性格を「自由奔放な性格」と話しています。

幼いころは決まった場所ではなく色々なところへ遊びに行くことが好きで、とくに人見知りなどもせずにどんどん話しかけては仲間に入れてもらって遊んだりしていたのだとか。

学校へ行き始めてからも、いつも特定の仲の良い子と遊ぶというよりは、たくさんの友達とワイワイ騒いでいることが好きなタイプだったそうです。

イ・ハイちゃんって誰からも愛されそうなキャラですが、小さいころからやはり社交的で物怖じしないタイプだったんですね!

そんなイ・ハイちゃんは、アニメを見ることを最大の趣味としていて、「オタク」と言われるほどのレベルであるアニメ好きだということを公言しています。

アニメが好きな理由として、「色使いのきれいなアニメをつけたまま眠りにつくと、きれいな夢を見られるから」だと話しています・・・かわいい・・・!

同じアニメ好きとして、この理由ってかなり共感が出来るしますますイ・ハイちゃんに好感がもてた瞬間でもあります(笑)。

アニメのほかにも、色がきれいでキラキラしたものを集めることが好きなようで、口紅などを集める趣味もあるそうです。

アルバムではイ・ハイちゃん自身が作詞・作曲にも参加しているため、最近では曲を作ったり歌詞を書いたりすることがいちばん好きだとも話していました。

そんなかわいいイ・ハイちゃんですが、2016年に『スターソウルTV』のインタビューのなかで、恋愛について話していたことがあります。

イ・ハイちゃんは、「20歳を迎えるにあたり恋愛もしてみたいが、まだYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表より恋愛解禁の許可が下りない」と語っていましたね。

そういえば、同じくYG所属のBLACKPINKも「YGエンターテインメントには恋愛禁止令がある」と話していましたっけ(笑)。

ただBLACKPINKはまだデビューしたばかりですがイ・ハイちゃんはもうそろそろ解禁しても良い気が・・・しますよね(笑)。

イ・ハイちゃんもこの先、「機会があれば早く恋愛をしてみたい」と述べているようです。

理想の男性については、「自分と話題が合い、おしゃべりな人が良い。自分にギャグセンスがないので、笑わせてくれる人ならば嬉しい」と言及していました。

イ・ハイちゃんがデビューのきっかけとなった『K-POPスター』に出演した際には、放送内で「声がカッコいい」という理由でBIGBANGのT.O.Pが理想であると、TOP本人の前で話したことがあるようです。

イ・ハイちゃんは社交的で明るい性格なので、タプさんみたいに冷静で大人っぽい人に惹かれるのかもしれませんね!

歌唱力もバツグンでビジュアルもとってもかわいいイ・ハイちゃんは、韓国だけでなく日本でも大人気です!

サマソニ2018年に出演

(参照:Twitter)

そんなイ・ハイちゃんですが、なんと2018年の「SUMMER SONIC 2018」に出演していたんです!

イ・ハイちゃんがサマーソニックに出るということで、日本のファンたちがこぞってチケット争奪戦に参加していましたよね(笑)。

イ・ハイちゃんが日本最大級の夏フェス「Summer Sonic」に登場したのは、2018年8月19日(日)のこと。

東京会場の2日目にイ・ハイちゃんが出演しました。

イ・ハイちゃんとしては今年1月の日本ツアー以来の日本でのステージということで、日本のファンたちも「待っていました!」という感じでかなりアットホームな雰囲気が印象的だったのだとか。

サマーソニックのステージでは、イ・ハイちゃんならではのソウルフルで高い実力を誇る歌声で観客を魅了していたようです。

サマーソニックでは、近年アジア各国からさまざまな新鋭アーティストたち紹介してきたことでも知られていました。

今年2018年は「Billboard JAPAN」とのコラボステージに、世界中から注目を集めるホットな顔ぶれのアーティストたちが集結したようですよ!

韓国からは、「21歳にしてソウルフルな歌声で魅了する新鋭女性シンガー」との紹介でイ・ハイちゃんが東京のステージに出演。

イ・ハイちゃんとともに同じく韓国から出演したのは、この春北⽶ツアーを終えて活躍の場を世界へ広げている、韓国トップクラスのR&B・ヒップホップベースのシンガーソングライター「Zion.T」

(参照:Twitter)

Zion.Tもデビュー7年目にしてなんと待望の初来日ということで、今回のサマーソニックに出演した韓国アーティストにはライブ前から大きな期待が高まっていました。

イ・ハイちゃんは2018年3月に、ファン待望の日本デビューを果たしています。

デビューを前に昨年より日本のオフィシャルサイトもオープンしており、2018年1月には初の日本ツアー「LEE HI 1st JAPAN TOUR 2018」も開催して成功させています。

3月にはデビューにあたってアルバム「LEE HI JAPAN DEBUT ALBUM」をリリースするなどしていたので、そこから日本活動を活発化していったのだと考えられます。

そのなかで、レベルの高い確かな実力が評価されていったことから「Summer Sonic 2018」への出演が決定されたのでしょう。

イ・ハイちゃんがサマーソニックのステージに登場すると同時に、イ・ハイちゃんを待っていたファンたちからは大きな歓声が上がり、ボルテージも一気に上がったそうですよ!

ステージに登場すると、代表曲「ROSE」を日本語バージョンで初歌唱してくれたイ・ハイちゃん。

(参照:Twitter

曲の合間にはMCで「私のこと、知らない人が多いと思いますが、イ・ハイです」と日本語で挨拶やMCを挟んでいたとのこと・・・!

行けなかったファンとしても、想像するだけで可愛い姿が想像できますね!

「Billboard Japan Stage」の周りに集まる聴衆をイ・ハイちゃんの実力高い歌声でどんどん集めていき、最終的にはとっても多くの観客の中でなんと全9曲を歌い上げたのだとか。

これってもう軽くソロコン状態と言ってもいいですよね?

9曲も歌ってくれたなんて(しかもMCあり!)、ファンとしては本当にありがたいし、観に行った価値がありまくりのステージだったと思います・・・!

(参照:Twitter)

その9曲の中でもとくに、「X(Feat. Lee Hi)/ Code Kunst」や「FXXK WIT US feat. DOK2」など、ヒップホップの色濃い楽曲はやはり会場の注目を大きく集めたようです。

その曲のときには、とくに歓声と会場の一体感が作られるなど、ビルボードステージらしいカッコよさや、イ・ハイちゃんらしいクールで貫禄のあるステージを魅せていたそう。

イ・ハイちゃんは、「私は、これからも日本でたくさん活動しますので応援よろしくお願いします」と話してくれたようで、これに対して日本のファンは大盛り上がり!

そしてラストには、LIVEでは初披露の日本語での歌唱であり、日本の配信チャートでも1位を獲得した名バラード「BREATHE -Japanese Versin-」を歌ってくれたイ・ハイちゃん。

日本語バージョンでの曲やMCでの観客との日本語やりとりは、これからの日本での活動を意識したものだろうと言われています。

それだけに、今後もイ・ハイちゃんの日本での活躍に大きく期待が持てるということなんですよね・・・?

個人的に、イ・ハイちゃんの活動を日本でももっと見たいと思っていたので、この出演はかなり嬉しかったし気分も高まりましたね~。

(現場には残念ながら行けませんでしたが・・・;_;)

日本活動をもっと増やしてほしいと思っていただけに、サマーソニックへの出演はとっても大きなきっかけになってくれたのではないかと思います。

これをきっかけに、さらに日本活動が増えて活動の幅も広がっていってくれたらとっても嬉しいですね・・・!

スポンサードサーチ

デビューはいつ?

(参照:Twitter)

最後に、イ・ハイちゃんのデビューなどについてご紹介したいと思います!

イ・ハイちゃんは2012年に、今でこそ大人気となっているサバイバルオーディション番組の先駆けとも言える『K-POPスター』という番組の、シーズン1に参加していました。

このサバイバルオーディション番組は、審査員が歌手や作曲家などではなく、なんとYG、JYP、SMエンターテインメントという韓国3大芸能事務所の社長たちが先導したものだったのだとか。

イ・ハイちゃんが初めて番組内で歌を披露した直後から、イ・ハイちゃんの独特で”ソウルフル”な歌唱力は視聴者から大きな注目を集めていたそうです。

そして、審査員として参加していたYGエンターテインメントの社長ヤン・ヒョンソク、JYPエンターテインメントの社長パク・ジニョンの両氏から熱烈なラブコールを受けたのだとか。

イ・ハイちゃんはその番組で最終選考まで進んだものの、それまでともに熱戦を繰り広げてきたパク・ジミンに最終的に敗れてしまい、準優勝という成績に終わっています。

しかし、彼女の歌声の持つ魅力を最初から見出していたヤン・ヒョンソク代表のYGエンターテインメントとイ・ハイちゃんは専属契約を結ぶこととなりました。

そしてYGエンタからシンガーソングライターとしてのデビューのきっかけを掴んだのです。

デビューするにあたって、韓国の富川市を離れ、デビューを目指し母親とともにソウルでの生活をするようになりました。

富川市の中学を卒業した後は、韓国の芸能人が多く通うことで有名な「ソウル公演芸術学校」へ進学しています。

デビューを目指し努力し続けたイ・ハイちゃんは、才能や歌唱力の高い実力もあり、2012年10月にデジタルシングル「1.2.3.4」でデビューを果たしました!

(参照:Twitter)

デビューデジタルシングル「1.2.3.4」は、発売後すぐに音楽配信サイトのMelonで1位を獲得し、2週間後には100万ダウンロードを突破。

さらに、米国ビルボードのK-POPチャートではなんと3週連続1位を獲得するなど驚異的な売り上げを記録したのです!

そしてそんな結果を出したイ・ハイちゃんは、デビューからほぼ1か月後の年末歌謡大賞にて新人賞も受賞したのでした・・・!

華々しい活動があってからYG事務所の方針で3年間もの空白期間があったのですが、2016年にカムバックを果たしてからも変わらぬ歌唱力でヒットを生み出しています。

そして2018年3月にはついに、日本のファンたち待望の日本デビューも果たしました!

(参照:Twitter)

(参照:Twitter)

日本のファンとしては、イ・ハイちゃんの日本デビューは本当に嬉しかったですしこれからの活動にもさらに期待が高まっていると言えると思います!

日本デビュー、サマーソニック出演など日本活動にもだんだんと幅が出来たような感じでしょうか?

これからの韓国活動、そして日本活動にもさらに注目していきたいですね!

 

まとめ

今回は韓国の人気シンガーソングライター「LEE HI」ちゃんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・サマーソニックに出演し日本ファンを盛り上げた!

・2012年には韓国デビュー、2018年には日本デビューを果たしている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)