KNK(クナクン)!事務所と専属契約解除!活動休止中のキム・ユジンは脱退に

みなさん、こんにちは!

今回は韓国の人気アイドルグループ「クナクン(KNK)」についてご紹介したいと思います。

KNK・クナクン・プロフィール・契約解除・活動のキーワードで調べてみました。

関連記事

 

スポンサードサーチ

KNK(クナクン)プロフィール

(参照:Twitter)

クナクン(KNK)は、2016年3月3日シングルアルバム「KNOCK」でデビューした韓国のボーイズグループです。

YNBエンターテインメントからデビューをしたクナクンは、「KNK」という愛称で親しまれている人気のグループでもありますね。

韓国ではもちろん、日本の韓国ファンのあいだでも人気のあるグループです。

クナクンというグループ名には、韓国語で”大きな”という意味と、”KpopkNock”(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックする)という意味が込められているのだそうです。

また、「大きな人になれ」という意味も込められているのだそうで、クナクンがK-POP界にもたらす影響力はすごいのではないかとデビュー前から予想されていたのだとか。

デビューするまでに約5年間かかっているそうで、その期間で歌とダンスに磨きをかけてきたKNKのメンバーたち。

その努力もあり、バツグンの歌唱力と高いパフォーマンス能力、そしてそれに加えてモデルのようなビジュアルという”三拍子そろった大型アイドル”としてデビューしました。

デビューしてからその実力とビジュアルで韓国や日本をはじめ、アジアや欧米でも大きな注目を集めているグループでもあります。

その高い実力が認められ、2017年には、「Soribada Best K-Music Award」にて『新韓流ミュージックスター賞』を受賞しています!

クナクンは、一度聞いたら耳につくような音楽と、メンバーたちの可愛らしいキャラクターで、若いファンからヌナ世代のファンまで幅広いファン層であることが特徴的。

公式ファンクラブ名は「ティンカーベル」(Tinker Bell)といい、韓国語の読み方で「ティンコベル」と呼ばれていますね。

ファンクラブ名がティンカーベルなんてとっても可愛いですよね!

このファクラブ名は、「クナクンを守ってくれる小さな妖精」という意味を込めて、スンジュンくんが名付けてくれたんですよ!

とってもファン思いということが伝わってきますし、とても素敵なファンクラブ名を付けてくれましたよね~!

2016年2月29日にデビューショーケースを開催し、その後2016年3月3日にシングルアルバム「KNOCK」でデビューしてからすぐに人気を博したKNK。

グループの強みとも言われている「平均身長185cmの高長身グループ」ということ、さらにハイレベルなビジュアルを誇るメンバーたちが揃っていることもあり、イケメン度はどこにも負けないと言われています。

KNKの音楽はバラードからノリノリ系まで幅広いですが、わりと聴きやすいものが多く、K-POPを聴くのが初めてという方でも耳に馴染む音楽というのが魅力になっているのではないでしょうか。

韓国をはじめ日本でも人気を博しているKNKは、これからどんどん注目の的となるであろうアイドルとして知られていますね。

人気の理由は実力の高さやビジュアルの高さももちろんですが、何よりメンバーひとりひとりがファンへのサービス精神旺盛なんです。

ファンのカメラを見つけると、すぐにファンサービスをしてくれるという、とても優しくてある程度の”近さ”を感じることも出来るアイドルでもあるのだとか。

ビジュアルが良すぎるあまりちょっぴり近づきにくい印象を受ける方もいるようですが、実際にはメンバー同士がとっても仲良しで、ユニークでおもしろいグループなんですよね(笑)。

それぞれのメンバーたちがおもしろさや個性を兼ね備えているグループなので、どんなバラエティーなどに出演してもそれぞれがうまく対応していけそうです(笑)。

韓国の音楽界ではアイドルの流行りや廃りがとても分かりやすく、インパクトが強いグループこそ残るという空気感もなんとなくあるのが現実。

しかしそんなK-POP界の中でも、KNKは5人組でありながら存在感があり今後の活躍にも期待が高まっていました。

大人気のフレッシュなグループがたくさん出てきている中で、まだまだ上に登れる可能性が十分にある魅力あふれるグループだと言われています!

 

事務所と専属契約解除

(参照:Twitter)

これからさらに人気が出るのではないか・・・と言われていたなかで、突然KNKが所属事務所であるYNBエンターテインメントとの専属契約解除が発表され、ファンのあいだには衝撃が走りました。

5人組のボーイズグループKNK(クナクン)が、YNBエンターテインメントとの専属契約を解除したと伝えられたのは、9月10日のこと。

YNBエンターテインメントの関係者によると、メディアの取材に対して「KNKとの専属契約を終了した。」と発表しているようです。

またその契約終了の発表の際にメンバーのグループ脱退も明らかとなっており、これからの残ったメンバーたちのグループ活動についてファンからは不安の声も上がっているようですね。

YNBエンターテイメントによると、「KNKに対する持続的な芸能活動の支援が困難になってしまった」ことが、KNKのメンバーたちとの専属契約を解除する理由となったのだそうです。

そのため、残念ながらKNKとの専属契約が解除されることとなりました。

所属事務所との契約解除後、KNKはグループの維持のためにと、メンバーたちとの意見を調整してきたようです。

所属事務所からのコメントからも分かるように、KNKの契約解除の背景には、事務所であるYNBエンターテインメントの経営難のためであることが原因となっているようです。

経営難のために大切に育ててきたグループを手放さなければならないとは・・・なんとも切ないというか・・・とても残念な結果となってしまいました。

YNBエンターテインメントといえば、KNKのほかにもBESTieが所属している事務所として知られていると思います。

KNKが事務所の経営難が理由ということで契約解除となると、やはり同じ事務所に所属していたBESTieにもその心配がありますよね。

現時点では、KNKのみが事務所から専属契約解除となっているようです。

所属事務所がなくなってしまったKNKのメンバーたちは現在、メンバーたちが一緒に移籍できる新しい事務所を探しているのだとか。

メンバーたちはどうしても一緒に活動したいという思いがあるようですね。

とっても切ないです・・・。

事務所を見つけることって正直とても難しいだろうし、これまでのような活動が出来るか、これまでよりも活動が減るかもしれないという心配もあると思います。

メンバーたちもとても不安でしょうし、ファンとしても今後の活動を考えるととても心配になっていることでしょう。

新しい事務所を見つけることがまずいちばんの課題となっていると思いますが、KNKならばすぐに事務所が見つかりそうという気もしますよね。

とにかく良いグループですし、ビジュアルも性格も実力も高いグループですから、やはりどの事務所としても置いて損は絶対にないグループだと思うんです。

というか、何なら私がKNKの良さをいろいろな韓国事務所に片っ端から売り込みたいくらいですね・・・(笑)。

メンバーのパク・スンジュンくん、チョン・インソンくん、キム・ジフンくんは、KNKとしてデビューしてからJTBCの「MIX NINE」に出演して話題を呼んでいます。

KNKを知らないという方でも、「MIX NINE」を通じてKNKを知ったという方はとても多いようで、人気や知名度もそれなりにあるグループだと思うんですよね。

新たな所属事務所については、ファンのあいだでもさまざまな予想が立っているようですが、結果はまだ分からず・・・。

しかし、事務所からの「専属契約解除」の発表のなかに、メンバーたちはすでにカムバックに向けて準備をしているのでもう少しだけ待っていてください!というようなコメントもありました。

カムバックの準備をしている・・・?もう少しだけ待ってて・・・?

このコメントの感じからだと、もうすでにメンバーたちのなかですでに移籍先となる事務所の目途がついている・・・という感じなのかもしれません。

事務所からの専属契約解除はちょっと切ない報道でしたが、これからの活動に目途がついているということなら全力で応援していきたいですね・・・!

 

スポンサードサーチ

活動休止中のキム・ユジンは脱退

(参照:Twitter)

事務所の経営難により契約解除を言い渡されたKNKですが、ファンのあいだで注目されていたのはやはりグループ活動を休止していたキム・ユジンくんの今後についてでしょう。

結果から言いますと、キム・ユジンくんはKNKからの脱退が決定しました。

(参照:Twitter)

キム・ユジンくんは今年の春にパニック障害と診断されたことをきっかけに、療養としてグループ活動を一時休止していました。

病院で「パニック障害によりしばらくのあいだ活動が難しい」と診断され、所属アーティストの健康が最優先だと判断した事務所によって治療に専念していたユジンくん。

ユジンくんが活動を休止している当分のあいだ、KNKは4人体制で活動するということになっていましたね。

しかし今回の専属契約解除となってしまい、キム・ユジンくんは復帰をすることなく脱退という形になってしまいました。

ユジンくんは事務所からの解除発表があった後の9月11日、公式ファンコミュニティに直筆の手紙を掲載し、「過去2年間、KNKのメインボーカルとして活動しながら、本当に幸せでした」と感謝の気持ちを伝えています。

キム・ユジンくんは、自身の気持ちを「子供の頃から長いあいだ夢見てきたことで、誰よりも上手にやりたいという思いが大きかった」と話しています。

しかし、「このような考えがプレッシャーになって、自分自身に失望する日が増え、心理的な問題が出てきて、最終的にグループ脱退という決断をすることになった」と、脱退の理由も明らかにしています。

夢を叶えられたことは嬉しいことだけれど、努力家でストイックな性格でもあるユジンくんだけにプレッシャーもどんどん大きくなってしまったのかもしれませんね。

最年長メンバーでもあったので、グループをいかにどうまとめるか、良くしていくかなど考えてしまったのかもしれません。

普段は大人っぽく何事にも動じないというようなユジンくんだっただけに、パニック障害と公開されたときはとても驚きました。

ファンのみなさんも、休止してから活動に復帰することなく脱退するなんて当たり前のように考えていなかったでしょう。

キム・ユジンくんは、「治療に専念する時間を持ったが、ステージに立って活動することがあまりにも難しい状況になった。このような決定をすることになって、ティンカーベル(ファンクラブ)の方々とメンバーに心から申し訳ないという思いです」と、謝罪の意を伝えました。

謝らなくていいよ・・・という気持ちでいっぱいになりますよね。

KNKが所属事務所から専属契約解除されて、それが経営難が原因で、メンバーの一人も脱退する・・・なんて、ユジンくんにとっても難しい選択だったかもしれません。

ユジンくんはこのまま脱退という道を選びましたが、ユジンくんを除くKNKの4人のメンバーたちは、このままのメンバーで一緒に活動をしていく予定とされています。

ほかのメンバーたちは、これから移籍できる新しい事務所を探してグループを維持する予定とのこと。

契約解除もメンバーの脱退も、とっても切ない結果となってしまったKNK。

ですが、ユジンくんにとってもKNKのメンバーたちにとっても、これが転機となってくれたらとっても嬉しい・・・というか救いになりますよね。

パニック障害がどうにか軽減してほしいですし、KNKメンバーたちもこれから十分に活動が続けていける良い事務所に巡り合ってほしいです。

ユジンくん、そしてKNKメンバーたちのこれからの動向から、当分のあいだ目が離せなさそうですね・・・!

関連記事

 

まとめ

今回は韓国の人気アイドルグループ「クナクン(KNK)」をご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・KNKは韓国でも日本でも注目のグループ!

・事務所の経営難によって専属契約を解除された!

・キム・ユジンはパニック障害により脱退が決定!

という結果になりました。

寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】



KNK(クナクン)のメンバーの人気順や名前を発表!

2017.08.21

おすすめ記事(広告を含む)