「2018 Asia Artist Awards」投票でYGエンターテイメント所属歌手に不自然なランキング?

みなさん、こんにちは!

今回は韓国が主催する”アジアと韓国を輝かせた歌手と俳優”のための授賞式「Asia Artist Awards」をご紹介したいと思います。

Asia Artist Awards・2018・ランキング・不正・YGエンターテイメントのキーワードで調べてみました。

スポンサードサーチ

「2018 Asia Artist Awards」とは

(参照:2018Asia Artist Awards)

韓国は、K-POPアイドルが受けられる授賞式がとても多いことで知られていますね。

とくに1年の終わりごろや年末になってくると授賞式が立て続けに行われるなど、韓国はアイドルや俳優のための授賞式ラッシュとなります。

いくつも授賞式がありすぎて、K-POPオタク××年の私も未だに式の名前や違いなどをイマイチ理解していないというのが正直なところ・・・(笑)。

Asia Artist Awards(アジアアーティストアワード)は、簡単に説明したら「アジアと韓国を輝かせた歌手と俳優のための授賞式」という感じですね。

ちなみにハングル表記では「 아시아 아티스트 어워즈」と書き、一般的には「AAA」と略しています。

読み方は「エイエイエイ」なのか「スリーエー」なのか「トリプルエー」なのか分かりません(笑)。

この「Asia Artist Awards」は、”アジアのK-POPドラマ統合授賞式”と言われているものなのだそう。

記念すべき第一回目は、以外にも二年前の2016年なのだそうです。

韓国国内で初めてK-POPとドラマを結合させたアジアの授賞式として創設されているようで、韓国メディアSTARNEWSが主催している授賞式なのだとか。

Asia Artist Awards組織委員会が主管を務めており、Samsung Pay(サムスンペイ)、MTN(マネートゥデイ放送)、ザ・スター・ジャパン、ライブ・ビューイング・ジャパン、CSテレ朝チャンネル1の協賛で開催されているようです。

日本の企業(?)も協賛していたなんて知らなかった・・・!

この「Asia Artist Awards」には、一般的なアーティスト授賞式と同じように歌手部門が設けられているのはもちろんのこと、ドラマ部門というジャンルも設けられているのだそうです。

そして、ノミネートされたアーティストや俳優たちのなかから、アジアと韓国を輝かせたアーティストと俳優に対し賞の授与が行われるのです。

日本では「CSテレ朝チャンネル1」での生中継放送があり、またライブ・ビューイング・ジャパン配給による映画館上映も行われているのだとか!

最新の受賞者は、アーティスト部門では「EXO」、俳優部門(ドラマ部門大賞)では「キム・ヒソン」さんとなっています。

大きな授賞式というだけあり、さすがの顔ぶれと言った感じですね。

この「Asia Artist Awards」、最大の魅力と言えばやはり”ファン投票が出来る”というところでしょう。

ファンが好きなアーティストなどに投票することで票が増えていき、多く票が得られればノミネートにつながるのです。

自分の推しのために投票した票が推しグループの賞につながるかもしれない・・・というのは本当におもしろいですよね。

ちなみに、最多受賞者は「EXO」で7回、そして大賞最多受賞者も「EXO」で2回となっています。

しかし、「歌手部門」と「俳優部門」だけというわけではもちろんなく、様々なジャンルの賞を色々なアーティストや俳優が受賞するのもこの授賞式の見どころとなっているんですよね。

これまでにどのような賞があったのかを、簡単にご紹介させて頂きますね!

まずは2016年・第1回目の賞はこちら。

  • 「ベストアーティスト賞」
  • 「ベストアイコン賞」
  • 「ベストスター賞」
  • 「ベストプロデューサー賞」
  • 「ベストエンターテイナー賞」
  • 「ベストチョイス賞」
  • 「人気賞」
  • 「ベストOST賞」
  • 「ニューウェーブ賞」
  • 「アジアスター賞」
  • 「バイドゥスター賞」
  • 「ライジングスター賞」
  • 「新人賞」
  • 「ベストセレブリティ賞」

 

そして2017年・第二回目の賞はこちらです。

  • 「レジェンドアーティスト賞」
  • 「ベストアーティスト賞」
  • 「ベストスター賞」
  • 「ベストセレブリティ賞」
  • 「ベストアイコン賞」
  • 「ベストエンターテイナー賞」
  • 「新人賞」
  • 「ファビュラス賞」
  • 「チョイス賞」
  • 「人気賞」
  • 「ニューウェーブ賞」
  • 「ライジングスター賞」
  • 「サムスンペイ賞」

 

見比べてみると二年のあいだで賞の種類が増えたりしているものもあるので、今年2018年開催の「2018 Asia Artist Awards」でも新たな賞を見ることが出来るかもしれませんね!

今年もすでに投票が始まっているようです。

一つのアカウントで1日5回まで投票が出来るということで、ファンのみなさんは推しのために頑張っている最中ですよね?

私ももちろん推しグルに投票しようと思っています。

こんな楽しみ方もあるのが、K-POPや韓流コンテンツオタクのいいところでもあるのかもしれません(笑)。

どんな結果になるか、推しがどんな賞で受賞されるか、ドキドキワクワクしながら当日の放送を楽しみにしていましょうね・・・!

 

YGエンターテイメント所属歌手に不自然な上昇発覚

(参照:Twitter)

そんな、ファンにとってもアーティストや俳優にとってもワクワクドキドキな「2018 Asia Artist Awards」ですが、この授賞式をめぐって、ある事務所の所属アーティストに不穏なウワサが流れているのだとか・・・。

不穏なウワサが流れているのは、韓国大手事務所「YGエンターテインメント」に所属しているアーティストたちについて。

どうやら、「2018 Asia Artist Awards」の投票で、YGエンターテイメントに所属しているアーティストに、不自然な上昇が見られると話題になっているようなんです。

11月28日に開催される「2018 Asia Artist Awards」のインターネット投票が、もうすでに始まっているというお話はしましたよね。

そのインターネット投票に際して、YGエンターテイメント所属のアーティストにだけ、今年はなぜか不自然な上昇が見られるとインターネット上で話題になっているのだとか。

話題に挙がっているグループは、

YGエンターテインメントの大人気ガールズグループ「BLACKPINK」と、ボーイズグループ「iKON」

(参照:Twitter)

(参照:Twitter)

このiKONとBLACKPINKは、ほぼ同数の投票数率であると韓国のネットユーザーにより発表されています。

iKON・・・4.8%(549,149票)

BLACKPINK・・・4.7%(536,919票)

この二組は活動の量などが明らかに違うにもかかわらず、ほぼ同数の投票率をiKONとBLACKPINKが獲得しているというところで、とても不自然だと言われているようです。

たしかに、同じ事務所に所属しているアーティストがほぼ同じ得票数で、それが20万票ともなるものすごい数字の急上昇となったら、やはり不自然だと感じてしまうのも無理はないかもしれません。

今年で第3回を迎える「2018 Asia Artist Awards」のネット投票について、YGエンターテイメント所属アーティストの数値の急上昇がとても不自然ですが、ネットユーザーたちからも疑問の声が上がっているようです。

ある韓国のネットユーザーが公開した、共にYGエンターテイメント所属歌手である「iKON」と「BLACKPINK」の得票数について。

「今年は2組がほぼ同じ得票数で、しかも突然20万票という大きな数値からスタートしている」

と指摘するような投稿をしたことをきっかけに、YGエンターテイメントに所属しているアーティストの得票の不自然な急上昇がウワサとなったようですね。

不自然な票数急上昇のウワサによると、iKONが昨年、1日で獲得した得票数がグラフとなって出されていたとのことなんですが、そこでの最大投票数もおかしいと言われているんです。

昨年iKONが一日に獲得した最大投票数は「10.8万票」とのこと。

ところが今年は、始めからいきなり23.1万票からスタートしているということで、あまりにも不自然なスタートだと言われているんですね。

スタートから急上昇してしまっている数値に、韓国のネットユーザーたちはおどろきを隠せない状態のようです。

 

・・・なんかBLACKPINKも疑惑の種になっているというような言われ方もしていましたが、iKONの投票数の急上昇が不自然と言われていたんですね。

こういうことってアイドルたちが直接やっているわけではもちろんないと思いますし、こんなウワサの対象となってしまったiKONも可哀想な気がします・・・。

事務所が操作しているならばもっと所属アーティストの実力を信用してあげてくれ~とも言いたくなってしまいますね。

iKONには違う意味でも注目が集まってしまいそうですが、不自然な急上昇がどんな結果になっていくか目が離せないところです・・・。

 

スポンサードサーチ

ネットの反応は?

(参照:Twitter)

この投票数の不自然すぎる急上昇について、韓国のネットユーザーたちはさまざまな反応を見せています。

『いきなり20万票?しかも2組とも同じ数値www』
『意図的に操作しない限り、2組の得票数がここまで同じになることはありえない』
『YGももう少し賢くすればいいのに、これは不自然だ』
『ボーイズグループとガールズグループはもっと差が開くべきだけどね』
『他アーティストのファンは、常に他アーティストの得票数もチェックしている、YGはファンダムが弱いからファン心理が全く分からないようだ』

・・・などなど、やはり厳しいコメントも多く見られているようですね。

 

不自然さを挙げるとするならば、やはりファンの反応からも見てわかるように「2組ともがほとんど同じ数値である」というところでしょう。

いきなり20万票を獲得しているという時点では、iKONだけでなくBLACKPINKも不自然ではあるのかな・・・という気もしますね。

ファンの反応にもありましたが、これだけほとんど同率という感じで並んでしまうと、意図的に投票数が操作されていると思われても仕方がないかもしれません。

韓国のネットユーザーだけでなく、これはどの国のファンも思うことなんですが、本当になんでこんな明らかに不自然な票数操作をしてしまうんでしょうね(笑)。

もっと上手にやったらよかったのに・・・というファンの声には思わず笑ってしまいました(笑)。

ほかに不自然である点は、ボーイズグループとガールズグループであるにも関わらず、投票数の差がほとんどないこと。

ボーイズグループ同士、ガールズグループ同士ならば競る可能性はあると思うのですが、ボーイズグループとガールズグループ(しかも同じ所属事務所)で競るということは珍しいのだとか。

また、YGエンタ所属のアーティストはファンダムが弱いともよく言われていますよね。

他事務所のアーティストのファンは、推しだけでなく他のアーティストの得票数もチェックしていることは常なのですが、YGはファン心理を分かっていないという声もよく見られます。

YGはとても大きな組織だし、なんとなく「YG」と聞くだけで強いというイメージもあるのですが、投票数の操作などにはあまり慣れていないようですね(笑)。

投票数の明らかな操作って、毎年必ずと言っていいほどウワサが流れてきます。

せっかく年末にむけてどんどん授賞式がはじまってドキドキワクワク楽しい気分になっているのに、そういったウワサが水を差すんですよね~。

「もうそんな時期か~」と感じさせる風物詩的なものでもありますし(笑)、純粋に楽しみたいですよね、ファンもアーティストも。

こんな良くないウワサが流れてしまっていますが、iKONもBLACKPINKも、そしてファンのみなさんも、楽しくて良い授賞式になったらいいな・・・。

票数の操作はいけないことだし絶対にバレることだけど、それってアーティストの問題じゃなくてもう事務所が勝手にすることですからね、だいたいの場合は。

これ以上騒ぎが広がることなく願いながら、投票結果に注目していきたいですね!

関連記事

 

まとめ

今回は韓国が主催する”アジアと韓国を輝かせた歌手と俳優”のための授賞式「Asia Artist Awards」をご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・「2018 Asia Artist Awards」は韓国の授賞式!

・YGエンタのiKONとBLACKPINKの投票数に不自然な上昇が!

・ファンの反応も厳しめ!

という結果になりました。

BLACKPINK 歴代の人気曲・代表曲まとめ!

2018.07.23

iKONの人気順や名前を発表!代表曲まとめ!

2018.05.16

BLACK PINKメンバーの人気順や名前を発表!

2017.09.06

寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】



おすすめ記事(広告を含む)