BIGBANGスンリに嫌味言ってたBe.Aヨンギュンって誰?詳しいプロフィールをご紹介!

みなさん、こんにちは!

今回は韓国のボーイズアイドルグループ「Be.A(ビーエイ)」のメンバーであるヨンギュンの、BIGBANGスンリに対する意味深発言などについてご紹介したいと思います!

スポンサードサーチ

Be.Aヨンギュンプロフィール

(参照:Twitter)

活動名:ヨンギュン

本名:チョン・ヨンギュン

生年月日:1990年5月30日生まれ

身長:180cm

体重:57kg

趣味:音楽鑑賞

ポジション:サブボーカル

最近BIGBANGのスンリくんについて色々な議論が巻き起こっていますが、そんな中、BIGBANGのスンリくんに対してインスタグラムに意味深な投稿を残し注目を集めているのが、このBe.Aヨンギュンくん。

ヨンギュンくんは1990年生まれということで、スンリくんと同い年(というか同じ90年生まれ)なんですね。

ヨンギュンくんが活動しているという「Be.A」というグループ、あまり聞き覚えがなくネット上でも「ヨンギュンって誰?」という声が多く見られました。

というのも、もともとBe.Aは「K-MUCH」というグループ名で活動していたボーイズグループなんですよね。

K-MUCHと聞けば分かる方も多いかもしれませんが、2014年にデビューし、ボーイズ版「CRAYON POP」として活動していました。

所属事務所は、Chrome Entertainment。

所属しているアーティストは、先輩グループのCRAYON POPと、Be.Aだけという、韓国では小さい芸能事務所ですね。

K-MUCHはその後2017年に「Be.A」としてグループ名が変更されて、更にメンバーも追加されてパワーアップしているようです。

しかし、その後もあまり目立った活動はしていなかったようですね。

K-MUCHと言われれば、私もハッと思い出すことが出来ました。

ヨンギュンくんは、K-MUCHでボーナス(BORNAS)として活動していた子だったんですね!

メンバーのG.LOWくん(現MILLYくん)いわく、ヨンギュンくんは「相手に対する配慮がとてもある」とのこと。

女性にも優しいそうで、「2つの顔を持っている」性格のようです。

よく笑うけれど、ワイルドで真剣な面もあるようで、そんな二面性をうまく使い分けるのが上手いのかもしれませんね。

また、MILLYくんは「外見では内気な性格のようにも見えるが、実際は正反対だ」と話しています。

もし喧嘩をしたとしても賢く対処できたり、女性が好きなセクシーダンスが上手く、お尻の形が綺麗で何でもよく似合うのだそう。

また、肌がとても綺麗で童顔を誇っているとのことです。

そんなヨンギュンくんは、以前サバイバルオーディション番組「MIX NINE」に出演していた経験がありますね。

ダンスの上手さに定評があるようですが、MIX NINEに出演していたときにも、あまりこれと言って目立った爪痕を残すことは出来なかったようです。

MIX NINEといえば、スンリくんが審査委員として出演していましたね。

現在はBe.Aとして活動しているヨンギュンくんですが、最近もとくに目立った活動などを行っていないようです。

スンリへ仕返し投稿!その内容とは?

(参照:Twitter)

そんなヨンギュンくんが、BIGBANGのスンリくんに対する皮肉と思われる意味深な文章をインスタグラムに掲載したと、大きな話題となっていますね。

きっかけとなったのは、ヨンギュンくんが自身のインスタグラムに上げた投稿。

(参照:インスタグラム)

「先輩として一言言ってあげるといって、スタッフの方々がみんな見ている前で、僕と同い年だろ?これくらいやってもダメなら技術でも学ぶのが良いんじゃないか、お金を儲けて親孝行しないと、とアドバイス気取りで心を傷つけて行かれましたが、今では全国民の前で何倍にもなって戻ってきましたね」

ヨンギュンくんは、インスタグラムに「ある人に皮肉を言われたこと」を投稿したのです。

更に「親孝行はいつもちゃんとやっています。お金で親孝行するわけじゃありませんでした(笑)。人間はやはり謙虚でいなければいけないということを学ばせてくれてありがとうございます」と付け加えています。

このヨンギュンくんの投稿に「スンリ」もしくは「V.I」とは入っていませんし、ヨンギュンくんもこの投稿が誰宛てなのかは明かしていません。

しかし文章の最後には、「#バーニングサン」「#ムルポン」「#性売買」というハッシュタグが付けられていました。

バーニングサンとは、最近、暴行事件が問題になっているスンリの経営している江南のクラブです。

ムルポンとは、韓国では「デート強姦薬」と呼ばれているもののようで、デートレイプドラッグ(GHB)とも呼ばれている性暴力に使われる麻薬の一種だそう。

性売買は、性売買の疑いで警察調査を受けたスンリに関連しているのではないかと言われています。

この三つのハッシュタグから、この書き込みはスンリに向けられた投稿なのではないかという憶測が飛び交っているんですね。

先ほどもご紹介しましたが、ヨンギュンくんはスンリが審査委員を務めたオーディション番組「MIX NINE」に出演した経験があります。

さらに投稿にもあるように、スンリとヨンギュンくんは1990年生まれで同い年。

このことから、この投稿がスンリに対するものであるということは間違いないと言われているようなんです。

この投稿がスンリに宛てられたものだとすると、同い年の人間にスタッフみんなが見ている前で「皮肉を言われた」と捉えてしまったということですね。

この投稿によって「スンリに皮肉(嫌み)を言われた可哀想な?アイドル」として名前が知れ渡ったヨンギュンくん。

この投稿の中の「スタッフの方々がみんな見ている前で、僕と同い年だろ?これくらいやってもダメなら技術でも学ぶのが良いんじゃないか、お金を儲けて親孝行しないと」という部分は、どうやらMIX NINEでのことのようです。

ヨンギュンくんは、MIX NINEでスンリに言われたこの言葉が許せなかったのかもしれませんね。

同い年でありながら”アドバイス”として言ってきたその言葉にプライドが傷つけられ、その言葉をずっと根に持っていたのかもしれません。

スタッフみんなの前で・・・というところがやはりずっと引っかかっていたのでしょうね。

そんな思いが、スンリの問題発覚のタイミングで爆発・・・してしまったのかもしれません。

スンリは今とってもグレーなゾーンにいると言われていますし、正直スンリに対する韓国国民の反応はかなり厳しいものです。

しかしヨンギュンくんのこの投稿に共感する声は、韓国のネットユーザーにもずっとスンリを応援してきたファンの間にも見られれないようでした。

それどころか、スンリくんに色々な問題が巻き起こっている中でのこのような投稿に対して、「これは売名なのではないか?」という声がとても多く見られているのです。

ヨンギュンくんのスンリに対する投稿に、ネット上ではさまざまな反応が見られています。

「ヨンギュンさんにも問題があって注意したんじゃないの?それが気に食わなくて今になって悪く言ったなら人間性がやばい」
「スンリの件で自分が這い上がろうとしてたらそれは間違いだよ」
「90年生まれで名もないアイドルやってりや、そりゃ耳が痛い事言われんだろ」
「全く売れてない奴が言うなw 文句は同じ土俵に立ってから言え」

・・・などなど、やはりヨンギュンくんの投稿に対しては厳しい声が多く集まっているようですね。

しかし一方で、スンリの皮肉(嫌み)について、同情する声も見られます。

「傷ついた方は覚えているものだよね・・・」
「みんなの前でそんなこと言われたら確かに傷つくよな」

・・・一部のネットユーザーからしてみると、やはりヨンギュンくんが傷ついた気持ちも分かると共感の声が見られました。

ヨンギュンくんが皮肉を言われたのがスンリであるかはわからないものの、ハッシュタグがスンリそのものを表していると言われているだけに注目されても仕方がないかもしれません。

スポンサードサーチ

スンリの反応は?

(参照:Twitter)

Be.Aのヨンギュンくんがスンリに対するとみられる投稿をしたことについて、当の本人であるスンリはどのような反応を示しているのでしょうか?

スンリくんといえば、現在様々な事件にかかわってるのではないかということで、国内外で問題になってしまっていますよね。

実際にスンリくんがこの投稿に対してどんな反応をしているのか気になったのですが、この件に対してスンリくんは何の反応も示していないようです。

・・・でも良く考えてみたらこのインスタグラムが投稿されてから、すでにスンリくんは渦中の人となっていたわけですから、反応できるわけもないんですよね。

おそらくヨンギュンくんのこのインスタグラムの投稿が、自分に向けてのものだということはスンリくんも気付くはずです。

もしもスンリくんがSNSを見ていたならば、ヨンギュンくんがこの投稿をしたということもすぐに耳に入るでしょう。

しかし、そんなことは正直、スンリくんにとって今はどうでも良いことかもしれませんね。

ヨンギュンくんはこのインスタグラムの投稿によって注目を集めましたが、スンリくんはそれどころじゃない・・・という感じですよねこのタイミングじゃ。

こんなタイミングでスンリくんに対すると思われる投稿をしたヨンギュンくんは、この行為を「スンリへの反撃」「やられたらやり返す」なんて言われ方していました・・・。

この件に関しては、どちらが悪いとかない気もしますね・・・。

もちろん、スンリくんが関わっていると疑惑が浮上していることは犯罪ですし、それに関して擁護するつもりはまたったくサラサラありません。

しかし、ヨンギュンくんがスンリくんを反撃するような投稿をするのは、なんだか今のタイミングで怪しさしか感じないというのも正直なところ・・・。

スンリくんはヨンギュンくんを本当に思ってアドバイスをしたのではないかと思うし、同い年で同じ1990年生まれだからこそ、伝えたいこともあったと思います。

ヨンギュンくんはそれを、自分の中でもコンプレックスに思っていたから、図星をつかれて根に持ってしまったんじゃないかな・・・。(というのは、あくまでも個人的な憶測です)

スンリファンの方たちの反応は、「こういうの恥ずかしいからやめた方がいいと思う」という声が多かったように思います。

やはりタイミングからして、売名行為に思われてしまったのでしょう。

MIX NINEで審査委員をしていたスンリくんに辛口の審査をされたことを、やはりおそらく相当根に持っていたのではないかと言われています。

しかし、サバイバルオーディションとはそういう番組なんですよね、仕方が無いんです。

これがプライベートで傷つけられたというのなら怒っても仕方がないものの、サバイバル番組なんですから。

同い年というところがスンリくんを熱くさせたのだと感じます。

ネット上で一番多く見られた反応は、「スンリが問題起こす前は何も言えなかったくせに、問題になった途端この波に乗っかってあれこれ言い出すの情けない」という言葉ですね。

売名なんて言われていますが、正直こんなことで人気が出るとも思いませんし、ただただ悪い印象が残っただけでしょう。

タイミングがタイミングだっただけに、カッコわるいと思われてしまったのでしょうね。

インスタグラムで匂わせ発言をするだけでなく、わざわざスンリだと示すような分かりやすいハッシュタグまで付けたのがやはり痛いところ。

今後もスンリがこの投稿に対して、何らかの反応を示すことはないのではないかと思います。

これからヨンギュンくんがどんな活動をしていくのか、活動へどのように影響していくのか、そんなところにも注目していきたいですね・・・!

まとめ

今回は韓国のボーイズアイドルグループ「Be.A(ビーエイ)」のメンバーであるヨンギュンの、BIGBANGスンリに対する意味深発言などについてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・ヨンギュンは元K-MUCHのボーナス!

・スンリから皮肉を言われたという投稿が話題に!

・スンリからの反応はない!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)