SS501キム・ヒョンジュンが性的暴行で逮捕!名誉棄損で逆告訴していた!

みなさん、こんにちは!

今回はSS501のメンバーであるキム・ヒョンジュン(マンネ)が性的暴行によって逮捕されたという衝撃的な事件についてまとめてご紹介したいと思います!

関連記事

スポンサードサーチ

SS501キムヒョンジュンプロフィール

(参照:Twitter)

本名:キム・ヒョンジュン

ハングル表記:김형준

生年月日:1987年8月3日生まれ

出身地:韓国・ソウル特別市

身長:181cm

体重:66kg

血液型:O型

家族構成:父、母、弟

学歴:ソウル特別市檀国大学校付属高校卒業

「キム・ヒョンジュン」という名前で、同じくSS501のメンバーであるリーダーと同姓同名のため、分けるために「マンネ」と呼ばれている末っ子のヒョンジュンくん。

ちなみに、「マンネ」とは韓国語で「末っ子」という意味です。

しかし、以前は「もう一人のキム・ヒョンジュン」などと呼ばれることも多く、ファンのあいだではその呼び方があまりよく思われていませんでしたよね。

個人的にSS501で最も推しているメンバーのヒョンジュンくんなのですが、大人しそうでかわいらしいルックスがとっても魅力的な”マンネらしいマンネ”です(笑)。

グループではマンネらしくかわいいいじられキャラ・・・と言う感じもありつつ、ちょっとしたあざとさなんかも兼ね備えていたりする、したたかな性格が魅力的(笑)。

日本食で好きなものはお寿司だそうで、そのなかでもとくにアナゴが大好きというなかなかシブいマンネでもあります。

また、日本のうなぎやたこ焼きなども大好きで、外国人には珍しく納豆も好きというやはり渋い味覚の持ち主です。

そんな渋い味覚の持ち主でも、梅干しだけはどうしても食べられないようですね。

そしてなぜかこのグループ(SS501)には、梅干し嫌いが多いというのも特徴的(笑)。

とはいってもマンネは日本食がわりと好きなようなので、いつか食べられるようになったら嬉しいですよね。

現在はすでに除隊していますが、兵役中には一緒に兵役期間を過ごしたSUPERNOVA(元超新星)のグァンスくんととても仲良くなったようです。

兵役中はいつも一緒にいたようで、たびたびグァンスくんのSNSに登場していましたね(笑)。

人懐っこい性格のようなので、色々な人から可愛がられる人柄がよく分かります。

SS501のメンバーとして活躍する一方で、2011年にはシングル『My Girl』でアーティストとしてソロデビューも果たしているヒョンジュンくん。

2012年からはドラマにも出演し、アイドルのみならず俳優としても活躍している”俳優ドル”としても知られていますね。

また、ミュージカルなどでも幅広く活動をしているメンバーであり、日本でもシングルを発売するなど積極的に活動をしているメンバーです。

日本での活動も精力的に行ってくれるため、日本のファンも多いというのが特徴的ですね!

飾らず気取らない温厚な性格がとっても人気のマンネです!

衝撃ニュース!ヒョンジュン性的暴行で逮捕!

(参照:Twitter)

そんな温厚なキム・ヒョンジュンくん(マンネ)が、なんと”性的暴行”で逮捕されたというニュースが飛び込み、ネット上では驚きの声が上がっていました。

報道によると、言葉通りヒョンジュンくん(マンネ)が「性的暴行」をしたとされているとのこと・・・。

しかし「逮捕」とされていた報道もあったようですが、実際には「性的暴行の疑いで訴えられた」ということですね。

逮捕ではなく、現在は女性から性的暴行をしたとして訴えられている段階ということです。

2019年3月29日、ヒョンジュンくんが性的暴行の疑いで提訴されたというニュースが伝えられました。

この報道に対し、ヒョンジュンくん側は「性的関係があったことは事実だが、合意のもとで行われた行為であり、強要したものではなかった」と性的暴行を否定しています。

さらにヒョンジュンくん側は、「芸能人という点を悪用しているものと見られる。警察の調査に誠実に応じるものの、名誉毀損の疑いで訴える」と主張しているとのこと。

自分の無実を主張し、さらに相手の女性を名誉棄損で訴えるとのことですが・・・もしも本当に性的暴行をしていたとしたら名誉棄損で訴えるなんて言えない気もします。

かと言ってこれを鵜呑みにできないという声も韓国では見られているようで、自分を擁護するためにとっさに出た言葉が「名誉棄損で訴える」だったのではないかとも言われているようですね。

これに先立って、ヒョンジュンくんの性的暴行を訴えるBさんは、ヒョンジュンくんの性的暴行に関して告訴状を提出したと明かしています。

韓国の報道によると、告訴状を提出したBさんは、当時働いていたバーでヒョンジュンくんと知り合ったのだそう。

そしてBさんは2010年5月に、イルサンにある自宅でヒョンジュンくんから性的暴行を受けたと主張しています。

酒を飲んでからやってきたヒョンジュンくんがBさんの体を触り、強制的に性関係を迫ったのだというのです。

Bさんは「彼は大丈夫だと言いました。私の腕をつかんで、羞恥心をたくさん感じました。人間的な尊重は全く感じませんでした」と話しているのだそう。

また、なぜBさんが今回この件を紅白しようとしたかについては、「最近の芸能人の性的暴行の暴露を見て、勇気をもらった」と、性的暴行の被害を告白したきっかけも語っているようです。

Bさんはヒョンジュンくんからの性的暴行のせいで、これまでにトラウマにより精神科に通っていると主張。

一方で、ヒョンジュンくんはBさんの主張とは正反対の主張をしています。

ヒョンジュンくんは、2010年に知り合いと2人で酒を飲んでいた際、一緒に酒を飲んでいたホステスがおり、それが今回被害を訴えているBさんであったと話しています。

二人の間に性行為はあったものの、性的関係はお互いの合意のもとに行われたと主張しているヒョンジュンくん。

どうやら事件が起きたとされているのは、2010年とかなり前のことなんですね。

このようにヒョンジュンくんとBさんの主張は真っ向から対立しているため、真実が明かされるのは難しいのではないかと言われているようです。

ネットの意見でも、どちらか一方を支持することはなく、お互いの発言の行方を見守らなければならないという意見がとても多く見られているのだそう。

というのも、以前の「Me Too」運動では、受ける必要のない非難をされた芸能人もいたため、行き過ぎた詮索は控えるようになったということのようです。

ヒョンジュンくんといえば、「SS501」としてデビューして以来、とくに大きな問題を起こすことなくおだやかに活動してきたメンバーでもあります。

それだけに、ネットユーザーたちも慎重に今後の行方を見ていくという感じなのでしょう。

それでも「キム・ヒョンジュンが性的暴行で訴えられる」という言葉だけが飛び込んできた当初は、「2010年の事件を掘り返して、ただ関係を復縁させたいだけなのではないか」なんて声も見られていたようですね。

また、「最近の芸能スキャンダルに乗じたかっただけなのではないか」という声も見られていたのだとか。

そういう意見もあって仕方がない気がするのですが、もしもBさんの主張が真実だとしたら・・・と考えるとやはり軽率な発言はできません。

仮にBさんの訴えが事実ではなかったとすれば、ヒョンジュンくんにとって名誉毀損となることは間違いありませんし、名誉棄損で訴えられても当然ということになりますね。

この報道が広まったときにヒョンジュンくんは海外ツアー中だったようで、帰国後に警察の調査に応じる予定となっています。

ヒョンジュンくんの口からはどのようなことが語られるのか・・・とても気になるところです。

スポンサードサーチ

詳しい事件の詳細!

(参照:Twitter)

ヒョンジュンくんに性的暴行の被害を受けたという今回の事件ですが、さらに詳しい詳細について探ってみたいと思います!

まず、ヒョンジュンくんを告訴したBさんは、2019年3月25日、ヒョンジュンに対して性的暴行容疑で訴える姿勢を示しました。

Bさんの主張によると、2010年5月ごろにキム・ヒョンジュンから性的暴行に遭ったとのことです。

Bさんは2019年4月2日に放送されたSBS「本格芸能一夜」のインタビューで、ヒョンジュンくんから受けたという被害について告白しています。

Bさんの主張いわく、「2010年に引っ越したという話を聞いたけれど、酒を飲んでわたしの家の前に来ました。眠らせてあげると言ってふとんをかけてきました。あっという間にわたしの腕を押さえました。それで羞恥心を抱きました」とのこと。

さらに続けて、「当時に性的暴行を受けたことによるトラウマとショックで、精神科の治療を受けたこともある」とも話しているようです。

これに対してヒョンジュンくんの所属事務所は、Bさんの主張した性的暴行関連容疑をきっぱりと否定しました。

性行為にはお互いの同意がしっかりとあり、Bさんの主張は明らかに事実に反していると主張しているのがヒョンジュンくん側です。

また、9年も経ってから突然告訴をしたのは、「キム・ヒョンジュン」の芸能人という点を悪用したものとして、名誉棄損で訴える方針であることも明らかにしました。

ヒョンジュンくんの性的暴行疑惑を担当する警察関係者は、「キム・ヒョンジュンの召喚調査日程を現在調整中にある」としています。

しかし報道直後は海外スケジュールで国外にいたため、「まだ日程は決定していない。フォトラインに立つかも本人が望まなければ強制することはできない」と説明。

そんななか、2019年4月9日にヒョンジュンくんが自身を性暴行したとした疑惑で告訴した女性Bさんを反訴したと伝えられました。

ヒョンジュンくんの所属事務所は、「キム・ヒョンジュンが9日、イルサン東部警察署に告訴人の女性に対して誣告、名誉毀損で告訴状を提出した」と、明らかにしたのです。

これまでに海外スケジュールで海外にいたと言われていましたが、スケジュールを追えてすでに韓国へ帰国していたのですね。

事務所によると、「キム・ヒョンジュンは、告訴人女性の一方的な虚偽主張により15年間一つの道を歩いてきた芸能人としてのイメージと名誉に莫大な被害をこうむったし、芸能界活動に深刻な支障を受けている状況」とのこと。

さらに、「告訴人の女性は告訴状を提出した前後でずっと自身のソーシャルメディアにとうてい納得し難い虚偽事実を入れた内容の掲示文を作成していて、さらにここには自身の陳述を翻意する趣旨の内容も多数含まれている」ということも明かされています。

もしもこれが仮にBさんのねつ造によるものだとしたら、ヒョンジュンくんに対する名誉棄損となるということは明らかでしょう。

この件によって、ヒョンジュンくんはもちろん、ヒョンジュンくんの家族までも耐え難い精神的苦痛に苦しめられているそうです。

そのような点も踏まえて、告訴人女性によって発生するすべての金銭的、精神的損害に対して、民事上損害賠償訴訟も請求する予定と明らかにしました。

もともとBさんが男性芸能人から性的暴行を受けたということについて、はじめは「キム・ヒョンジュン」という名前は公開されていなかったようですね。

しかしその後、さまざまな手がかりなどが露出していき、結果的に「キム・ヒョンジュンだろう」と特定されたのだそうです。

ヒョンジュンくんの事務所側が、逆告訴するとして挙げた理由はこちら。

・告訴人の一方的な虚偽主張で15年間積み上げた芸能人としてのイメージと名誉に莫大な被害を受けた
・根拠のない虚偽事実を流布する行為を断絶するために、事実関係を厳正に明らかにする
・自身のSNSに虚偽事実が入った内容の掲示文を作成している

・・・などが、ヒョンジュンくんが逆告訴する理由となっています。

先ほどもご紹介したように、所属事務所は告訴人女性により発生するすべての金銭的・精神的損害に対する民事上損害賠償訴訟を請求する予定とのこと。

明らかとなっている詳細はこのようなものですが、今後この事件がどのような展開を迎えるのか、ヒョンジュンくんの無実を願いながら注目していきたいですね・・・!

関連記事

スポンサードサーチ

まとめ

今回はSS501のメンバーであるキム・ヒョンジュン(マンネ)が性的暴行によって告訴されたという衝撃的な事件についてまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・キムヒョンジュンが性的暴行で訴えられた!

・逮捕ではなく訴えられたという状況!

・ヒョンジュンが逆告訴し今後の動向からも目が離せない!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)