【韓国女優ハン・ソヒ】母親が娘を利用し詐欺?過去の母親に関する借金問題

みなさん、こんにちは!

今回は韓国女優「ハン・ソヒ」について、母親が娘を利用し詐欺をしたという噂や借金をめぐる騒動についての謝罪、過去の母親に関する借金問題などをまとめてご紹介していきたいと思います!

韓国女優「ハン・ソヒ」母親が娘を利用し詐欺疑惑?

女優「ハン・ソヒ」の母親が、詐欺の疑いで告訴されたことが明らかになり注目をアt目ています。

ハン・ソヒのプロフィール▼

活動名:ハン・ソヒ(한소희)

本名:イ・ソヒ(이소희)

生年月日:1994年11月18日生まれ

出身地:韓国・蔚山広域市

血液型:AB型

身長:165cm

所属事務所:9atoエンターテインメント

高校卒業後、ソウルに上京しアルバイトで生計を立てていたハン・ソヒ。

しかし広告モデルを始めたことをきっかけに事務所に所属し、2016年、SHINeeの『Tell Me What To Do』のミュージックビデオに出演し芸能界デビューを果たしました。

2017年、ドラマ『ひと夏の奇跡 〜Waiting for you』で女優デビューすると、その演技力に注目が集まることに。

その後『カネの花 〜愛を閉ざした男〜』で主要キャストに抜擢されると、2018年には時代劇『100日の郎君様』で正室キム・ソへ役を演じ話題となりました。

2019年、ドラマ『アビス』で主人公を裏切る悪女を演じ、2020年には韓国で大ヒットしたドラマ『夫婦の世界』で不倫相手役というインパクトの強い役を演じ切ったことで、連日検索サイトに名前が上がるなど注目を集めブレイクしました。

2021年、ドラマ『わかっていても』ではソン・ガンとともに主演を務め、若者のリアルなラブストーリーを繰り広げ日本でも話題となりました。

韓国のみならず、日本の韓国ドラマ好きのあいだでも人気の高まっている韓国女優だと言えますね。

View this post on Instagram

A post shared by 한소희 (@xeesoxee)

そんなハン・ソヒですが、先日、芸能記者出身のYouTuber「イ・ジンホ」が自身のチャンネルを通じて、とある詐欺事件に言及したことをきっかけに大きな注目を集めているのです。

韓国では、これより前に「有名芸能人の母親であるAさんが8500万ウォンを詐欺した疑いで告訴状を受け、捜査中である」というニュースが伝えられていたそう。

報道によると、Aさんは2018年2月から9月まで知人から毎月200万ウォン、計8500万ウォンを借金したが返済しなかったとのこと。

そしてYouTuberイ・ジンホは「この有名芸能人はハンソヒさんです」とし、Aさんがハンソヒの母親であることを暴露したのです。

イ・ジンホは、ハン・ソヒの母親はお金を借りる過程でハン・ソヒの実名口座を使用したといいます。

その結果、ハン・ソヒは事件に無関係で完全に巻き込まれた形ではあるものの、「口座を提供した」として「電子金融取引法違反」で告訴されてしまったのだそうです。

そんな暴露がされてしまった中、渦中の人であるハン・ソヒが、母親の詐欺疑惑に対して立場を発表しました。

ハン・ソヒの所属事務所「9atoエンターテインメント」は3月7日、公式報道資料を通じ「母親がお金を借りる過程で、ハンソヒ名義の銀行口座を利用しました」と発表。

そして、「母親はハンソヒが未成年の時に任意に通帳を開設、該当の通帳を(ハンソヒが知らないうちに)お金を借りる目的で使用しました」と説明しました。

また同様の事件がこれまで何件もあったこと、私文書偽造事件などもあったことを説明した上で「裁判所はハンソヒとは関係なく行われていたと判断しました」と説明。

そして被害者の方に謝罪を伝えた上で「ハンソヒは関連する債務に対して責任を負う必要が全くないことを明らかにします」とし、「娘の名前を借金に利用し、その娘が芸能人であることを悪用して金銭を受け取ろうとする一連の行為を遮断するため」と付け加えました。

この発表により、ハン・ソヒの母親は「ハン・ソヒ」という娘の名前を借金に利用したことが明らかに。

活躍している娘の名前を利用して借金をするなんて・・・非道としか言えませんよね。

あまりにも非道すぎる母親の行動に、多くのネットユーザーたちからハン・ソヒに対して同情の声が上がっている状況です。

母親の借金や金銭トラブルに関して謝罪

女優ハン・ソヒの母親が金銭トラブルに関していることが明らかとなり、ハン・ソヒは報道について謝罪しました。

これに先立って、YouTuberが「有名芸能人の母親から詐欺に遭ったと主張する被害者たちが告訴した」とし「その芸能人とはハン・ソヒです」と暴露したことが高い話題となっていました。

これを受け3月7日、ハン・ソヒの所属事務所は公式報道資料を通じて、母親に関する報道について謝罪を含むコメントを発表しています。

先ほどもご紹介していますが、あくまでも「母親がお金を借りる過程でハン・ソヒ名義の銀行口座を利用した」という今回の騒動。

どうやら母親はハン・ソヒが未成年の時に任意に通帳を開設しており、該当の通帳をハン・ソヒが知らないうちにお金を借りる目的で使ったとのことです。

このような事案は、これまでにも何度かあったようですね。

さらに、私文書偽造事件もあったそうで、こうした一連の騒動によって民事裁判が行われたとのことで、裁判所は「ハン・ソヒとは関係なく行われていた」と判断したと公式からも発表されています。

所属事務所からの公式コメント全文▼

こんにちは。9atoエンターテインメントです。

ハン・ソヒの母親に関する報道について、次のように説明致します。

母親がお金を借りる過程で、ハン・ソヒ名義の銀行口座を利用しました。母親はハン・ソヒが未成年の時に任意に通帳を開設し、該当の通帳をハン・ソヒが知らないうちにお金を借りる目的で使用しました。

類似の事案が何度かありました。さらに、私文書偽造事件もありました。このような一連の騒動により、民事裁判が行われ、裁判所はハン・ソヒとは関係なく行われていたと判断しました。

「母親はハン・ソヒ名義の口座を利用して借金をしたが、それにより(ハン・ソヒが)債務について連帯責任を負うことは認められず、これに関与したという証拠がない」(蔚山地裁の2021年4月8日の判決書)

仕事に関することではなく、プライベートなことでご心配をおかけして申し訳ございません。しかし、このように再びコメントをさせていただくのは、今後新たな被害者が発生しないことを願うためです。

また、ハン・ソヒは関連する債務に対して責任を負う必要が全くないことを明らかにします。娘の名前を借金に利用し、その娘が芸能人であることを悪用して金銭を受け取ろうとする一連の行為を遮断するためです。

母親と娘という立場は切ることができない関係です。不本意ながら、被害を受けた方々に謝罪致します。また強硬な法的措置を取り、これ以上このようなことが繰り返されないことを願います。

裁判所によると、母親がハン・ソヒ名義の口座を利用して借金をしたものの、それによりハン・ソヒが債務について連帯責任を負うことは認められず、関与したという証拠がないとのこと。

ただ、このことについてハン・ソヒ側が「プライベートなことでご心配をおかけして申し訳ない」「被害を受けた方々に謝罪致します。強硬な法的措置を取り、これ以上このようなことが繰り返されないことを願います」と謝罪をするというのがなんとも辛いですね。

しかし、今回このようにコメントを出したのは、「今後も新たな被害者が発生しないことを願うため」と明かされています。

このようなことが、活動にどれだけの影響を与えるかというのが母親は全く分かっていないのでしょう。

とくに、様々な作品に出演しまだまだこれからという女優であるため大切な時期でもある中で、このような報道というのはかなり本人へのダメージが大きすぎると思われます。

「娘の名前を借金に利用し、その娘が芸能人であることを悪用して金銭を受け取ろうとする一連の行為を遮断するため」・・・ということなので、本当にそうであってほしいです。

どうかこれ以上、母親がハン・ソヒの名前を利用した金銭トラブルを起こさないことを願うばかりですね。

過去にもハン・ソヒは母親の借金問題について謝罪していた

今回、母親の金銭トラブルが問題となり謝罪している女優のハン・ソヒですが、実は2020年にも母親の借金問題に謝罪し、恵まれなかった家庭の事情を告白していたのです。

ハン・ソヒは2020年7月19日、自身のブログを通じて「決して胸中を察することはできませんが、崖っぷちに立った気持ちで文章を書いた被害者の方々に謝罪を伝えたいです」と被害者たちに謝罪しました。

この前日、あるオンラインコミュニティの掲示板には「JTBC『夫婦の世界』でスターに浮上した女優の母親にお金を騙し取られた」という内容の書き込みが掲載され、議論になりました。

そして、その加害者の加娘というのがハン・ソヒだったということが明らかになったのです。

ハン・ソヒによると、「5歳の頃、両親が離婚して祖母が私を育ててくれた。高校入学と同時に、母親が暮らしていた蔚山(ウルサン)に転校した後もずっと祖母と一緒に暮らした。卒業した後はソウルに行って、女優の道へ進むことになった」とのこと。

そして、「母との往来が少なかったため、20歳以降に母の借金について知った」としたことも告白してます。

また、「私を育ててくれた祖母の娘だし、天輪なので子供の道理でデビュー前から母の借金をできる限り返済してきた。デビュー後、母が私の名前を盾にお金を借りて、返済していなかったことを知った。その借金の書類の中には、私も知らない借用証と私の名義で借りた借金の金額が手に負えないくらい膨らんでいた」とも明かしているハン・ソヒ。

この頃から、母親の金銭に関する考えは偏ってしまっていたのかもしれませんね・・・。

ハン・ソヒからのコメント全文▼

こんにちは、イ・ソヒ(ハン・ソヒの本名)です。

まず、決して胸中を察することはできませんが、崖っぷちに立った気持ちで文章を書いた被害者の方々に謝罪を伝えたいです。

どんな言葉も慰めにならない状況の中にいらっしゃると思います。

また、今回のことを通じて不愉快な思い、あるいは傷ついた皆さんにも心からお詫び申し上げたいと思います。本当に申し訳ございません。

そして、他の被害者が出てほしくないので恥を省みながら書いてみます。

5歳の頃、両親が離婚して祖母が私を育ててくれました。高校入学と同時に、母親が暮らしていた蔚山(ウルサン)に転校した後もずっと祖母と一緒に暮らし、卒業した後はソウルに行って女優の道へ進むことになりました。

母との往来が少なかったため、20歳以降に母の借金について知りました。私を育ててくれた祖母の娘ですし、天輪なので子供の道理でデビュー前から母の借金をできる限り返済してきました。

デビュー後、母が私の名前を盾にお金を借りて、返済していなかったことを知りました。その借金の書類の中には、私も知らない借用証と私の名義で借りた借金の金額が手に負えないくらい膨らんでいました。

私の未熟な判断で、借金を代わりに返済することだけが解決策だと思っていました。ですが、私の不覚で被害者の方々が増えてしまったようで、ただただ申し訳ないと思っています。

最後に、もう一度被害者の方々と今回のことで傷ついた全ての方々に心からお詫び申し上げます。

ハン・ソヒが、「私の未熟な判断で、借金を代わりに返済することだけが解決策だと思っていました。ですが、私の不覚で被害者の方々が増えてしまったようで、ただただ申し訳ないと思っています」と繰り返して謝罪を伝えているところが・・・本当に胸が痛いですね。

隠してはいなかったの思いますが、それでも生い立ちの話まですることとなり、世間にしなくても良い話や謝罪まで母親の代わりにすることとなり、本当に可哀想で仕方がないです。

今後ハン・ソヒにとって、このようなことが二度と起きないことを願うばかりですね。

まとめ

今回は韓国女優「ハン・ソヒ」について、母親が娘を利用し詐欺をしたという噂や借金をめぐる騒動についての謝罪、過去の母親に関する借金問題などをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・ハン・ソヒの母親が娘を利用し詐欺疑惑!

・母親はハン・ソヒの名前を勝手に利用した!

・母親の金銭問題に関してハン・ソヒが謝罪!

・2020年にも母親の金銭トラブルで謝罪していた!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)