【NCT ユウタ】初の日本コンサート大成功!その裏で起きたあるユウタの悲劇とは?

みなさん、こんにちは!

今回は、NCTユウタが日本コンサートで大泣きしてしまったある理由についてご紹介します。

【NCT ユウタ】初の日本コンサート大成功!その裏で起きたあるユウタの悲劇とは?

NCT127は2016年7月に韓国でデビューしたボーイズグループです。

韓国、日本、カナダ、アメリカなど多国籍なメンバーが集まり世界各国で人気を博しています。韓国の3台芸能事務所の一つであるSMエンターテインメントに所属し、「ネオ・カルチャー・テクノロジー」の略である次世代グローバルグループNCTの派生ユニットとして結成されました。「127」の数字にはソウルの経度が東経127度線にあることから名付けられ、ソウルを基盤に活動にするといった意味が込められています。

しかしなんとそんな韓国で活動するNCT127の東京ドーム公演が決定!2022年5月28日、29日に東京ドームにてNCT127初となる日本ドームツアー「NCT127 2NDROUR’NEOCITY:JAPAN-THELINK’を開催しました。2日間にわたる公演を見事完走し、デビュー当時からの夢をかなえたユウタは号泣!涙ながらに赤裸々な胸の内をかたりファンは大号泣してしまいました。各日5万人ものファンが集まり、バンテリンドームナゴヤ公演を合わせ計14万人もの動員を得ました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NCT 127 Official Instagram(@nct127)がシェアした投稿

東京ドームの初日にはWOWOWで国内独占生中継配信が行われ、海外向けにもBeyondLIVEにて配信。全世界からNCT127の素晴らしいパフォーマンスが中継されました。やっと会えたファンたちのまなざしと大きな拍手に包まれてメンバーも一層気合が入ったパフォーマンスを披露!

メンバーであるヘチャンは練習生の頃から憧れていた夢の舞台に立っていることに胸が熱くなっていた様子。ジョンウも「とても感情深い」と日本語でコメントしました。ユウタだけでなくみんながこの日を待ちわびていたことがよく伝わってきますよね。

公演時間が残りわずかとなるとテヨンは感情が高ぶってしまったのか涙を浮かべ歌う姿も・・・。楽しい時間がもう少しで終わると思うと悲しくなってしまったのか一生懸命涙をこらえるシーンにファンたちも涙があふれてしまいました。

最後メンバーが感想を話す場面では今回のツアーを通じて感謝の気持ちを表現。「みんながとてもいとおしくて、かっこいい」「メンバーがいるから僕はここにいます。本当にありがとうございます。」と涙ながらに語りました。

こんな姿をみたらこの先もずっと応援したいという気持ちが高鳴りますよね。

唯一日本人であるユウタは「すげぇ楽しかったです。」と気さくに話し始めますが途中目頭が熱くなる様子・・・。「泣きたくなかったんだけどね」と続け、実は公演の前日夢のステージを目の前にし、ファンを満足させられなかったらどうしようという不安も感じていたのだそう。

素直な気持ちを語ったユウタ。しかし、一度ステージに立ちファンの顔をみたら一気に自信に変わり楽しい時間になったとこの日の公演を振り返ります。

そして、日本に帰ってくるたびにファンにあたたかく迎えられ、これほどうれしいことはないといつも変わらず応援してくれるファンに感謝を伝えました。

最後にユウタはこの公演を実現させてくれた関係者やスタッフに感謝の気持ちを述べ、ファンの盛大な拍手で幕を閉じました。いつも感謝の気持ちを忘れない彼の姿は誇らしいですよね。若くして韓国に渡り、慣れない土地でも困難に乗り越えたくさんの努力を続けてきたユウタ。ようやく夢をかなえられ感情的にならないといっていた彼が涙を流してしまう姿にファンも同じように涙を流しました。

そんなユウタの姿にメンバーたちがぎゅっと抱きしめたり、涙を拭いてあげる場面も・・・。メンバー同士の深い絆が伝わりますよね。

ファンからは「ユウタの夢がかなったね!本当に誇らしい」「ここまで努力を続けてきたユウタに感謝」などの声があがりました。

最後のドーム公演は6月末だったため、メンバーは韓国へ帰国しましたが、ユウタは日本に残り自身のインスタグラムに日本で楽しむ様子をアップ!

久々の日本を有意義に楽しんでいる姿をファンにみせてくれました。日本のファンもうれしい出来事ですよね。

そんな中、6月2日にNCT127の日本オフィシャルTwitterが「#ユウタ初東京観光」で質問を募集します。するとこのハッシュタグがTwitterのトレンドに入るほどの盛り上がりに・・・!世界中がユウタの初東京観光へ注目することとなりました。

しかしその裏では驚きの事態が・・・。日本の公演がWOWOWにて配信が実施されていたものの問題はエンディングに起こります。

メンバーがゴンドラへ乗り、ファンが名残惜しそうにメンバーへ手を振ったり声をかけているとき、一人ひとりアップされていたにも関わらずなぜかユウタだけが映ることなく放送が終了!

見逃し配信も実施されていたため、ファンがもう一度確認するもやはりユウタの姿はありません。視聴していたファンは驚愕。

このことがSNSで広まると、大勢のファンが見逃し配信を視聴しますがなんと別の楽曲でも数分間ユウタだけが映っていないことが判明しました。

さすがに日本ファンをはじめ海外ファンも激怒の声が。

「母国の日本でこんなことされたのはつらい」「韓国での対応では少々目をつぶってきたけど、さすがに日本でこれはあり得ない」など、SMエンターテインメントへの失望と怒りが噴出する事態となりました。

SMエンターテインメントはこれだけでなくたびたび日本がらみになるとこういった出来事が何度も起きているのだとか・・・。

最後に

日本のファンに向けてパフォーマンスを披露するため努力したメンバーのことを思うと少し悲しくなりますね。しかしユウタが韓国に渡って10年。

ようやく念願の夢が叶い、大きな会場の母国で公演することができたユウタ。

これからもどんどん大きく羽ばたくNCT127に目が離せません!

みなさんはどう思いましたか?コメントを残してくれると嬉しいです。

おすすめ記事(広告を含む)