【IVE】待望の日本デビューが決定!詳細とこれまでの日本活動を振り返る

みなさん、こんにちは!

K-POP第4世代を代表する6人組ガールズグループのIVEは、デビューから現在まで、発表する楽曲全てで注目を浴び、アーティストとして様々な記録を築いてきました。

STARSHIPエンターテインメントに所属しており、6人組のIVEには、元IZ*ONEのチャン・ウォニョンやアン・ユジンが活躍を見せており、さらに日本人メンバーのレイも人気を集めています。

そんなIVEが最近、今年の秋に日本デビューすることを発表し、大きな話題となりました。

今回は、IVEの日本デビューや、知っておきたいIVEの功績についてご紹介します。

IVEの日本デビューが決定!詳細とこれまでの日本活動を振り返る

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿

2022年8月10日、IVEの日本公式サイトにあるニュースが発表され、ファンの間で歓喜の声が広がりました。そのニュースがまさにIVEの日本デビューの知らせだったのです。

公式サイトには、「IVEが2022年秋に日本デビュー決定!」「IVEが2022年秋に日本デビューすることが決定しました!詳細は追って発表となりますので、続報をぜひお楽しみください!」と書かれており、ファンの期待感を一層高め、SNS上ではIVEの日本デビューを喜ぶファンの声で溢れていました。

日本デビューの日程など、詳細は今のところ発表されていませんが、秋にデビューということから9月〜11月頃になることでしょう。

IVEは日本デビュー発表に先立ち、8月に日本に初来日を果たし、神奈川や神戸、福岡で行われた音楽イベント「THE STAR NEXTAGE」に参加していました。

レイは残念ながら、出国前に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、欠席となってしまいましたが、メンバー5人で協力し、日本初ステージを盛り上げます。

デビュー曲「ELEVEN」や、「ROYAL」、「LOVE DIVE」を披露したIVEは、完璧なパフォーマンスで観客を沸き立たせ、日本での活動に勢いを見せつけました。

その後はレイも日本での活動に合流し、8月11日にはめざましテレビに出演。

レイは韓国でギャルピースを流行らせ、ポーズ職人というあだ名があることでも知られていますが、番組内でも新たなポーズ「ぷにぷにハート」を披露しました。

ぷにぷにハートは、自身の頬を挟んで両手でハートを作るポーズで、斬新な発想と可愛らしいポーズにファンからは大絶賛が寄せられています。

番組出演後は、フジテレビ主催「バーチャル冒険アイランド 2022」の一環として開催されるバーチャルイベント「めざましライブ」にもオープニングアーティストとして出演。

さらにIVEは日本デビュー発表後、渋谷のスクランブル交差点に登場し、ファンを驚かせました。

渋谷のタワーレコードに直接訪問し、IVEのCDが展示されているコーナーを確認していた様子も確認されています。

当時、渋谷や新宿の街頭ビジョンには、IVEの日本デビューを報告する映像も流されており、IVEメンバーは自身の目でビジョンの広告をチェックしたようです。

秋の日本デビューの前に、ファンと交流しデビューの土台を作り上げたIVEですが、リーダーのユジンは、日本でのスケジュールを振り返り、コメントを出しています。「今日は渋谷に行って、ビジョンに映る私たちを直接見ることができました。とても光栄で嬉しかったです。」さらに、これからももっとたくさんの人々にIVEを知ってもらいたいと語り、これからの日本デビューについては「ファンのみなさんが待って下さっている分、一生懸命準備しています。どうか楽しみにしていてください。」と呼びかけています。

IVEは8月22日に韓国で3枚目のシングル「After LIKE」を発売し、ファン待望のカムバックをする予定です。

現在、「After LIKE」のコンセプトフォトが公開されており、夏らしい新たなコンセプトで期待を高めているIVE。

今回のカムバックは前回の「LOVE DIVE」から約4ヶ月ぶりのカムバックです。

「After LIKE」は、大ヒット曲「ELEVEN」や、「LOVE DIVE」の歌詞を担当した作詞家ソ・ジウムが再び参加しており、新たな大ヒット曲誕生を予告しています。

また、タイトル曲のラップメイキングには、レイが直接参加しているのだとか。

実力派メンバーとしても知られているレイが、どのようなラップを書き、披露するのかが楽しみですね。

 IVEはそもそもどんなグループ?今までの功績がすごい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿

IVEは、2021年12月1日に1stシングルアルバム「ELEVEN」でデビューを果たしました。人気アイドルグループから派生してできたグループの中で、人気を集めるグループはあまり多くありませんでしたが、IVEはまさにその成功例であると言われています。

IVEはデビューから7日後の12月8日に出演したMBC「SHOW CHAMPION」にて、デビュー初となる音楽番組1位を獲得。

多くのアイドルが1位を取るのを目標に掲げる中、IVEはわずか7日間で1位を達成したのです。

デビュー7日での1位獲得は、歴代ガールズグループの中で最速記録となっています。IVEはその後も各音楽番組で次々と1位を獲得。

最終的にデビュー曲で13冠達成という異例の記録を残しました。

さらに4月5日に発売した、2ndシングルアルバム「LOVE DIVE」も連続ヒットを果たし、韓国芸能界でも話題の楽曲として度々登場するほどの人気を誇っています。

ラジオや、ファンミーティングなどで、「LOVE DIVE」を披露するアイドルが続出し、誰もが知っている人気曲のひとつとして若者を中心に浸透。

その結果、IVEのカムバック活動期間が終わっても根強い人気を集め、音楽番組では計10冠を獲得しています。

デビュー曲と2ndシングルを合わせて通算23冠達成は、異例の結果であり、3rdシングル「After LIKE」でどのような成績を残すのか、今から期待が高まっています。

まとめ

今回は、IVEの日本デビューや、知っておきたいIVEの功績についてご紹介してきました!

みなさんはどう思いましたか?

コメントを残してくれると嬉しいです。

おすすめ記事(広告を含む)