【ガルプラ】練習生達が暴露した番組のやらせ疑惑まとめ!プヤニンも犠牲に

みなさん、こんにちは!

今回は、ガルプラに出演していた練習生が暴露した番組のやらせ疑惑についてご紹介します。

ガルプラ練習生が暴露した番組のやらせ疑惑

番組の疑惑を暴露したのは、番組に双子姉妹の妹として参加していたリャン・チャオ。

SNH48の姉妹グループとして2016年中国広東省広州市で発足したアイドルグループGNZ48に所属しています。

最初の脱落者発表で脱落してしまったリャン・チャオは、その後自身のインスタグラムで行ったインスタライブの中で、番組に関して様々な暴露をしていました。

その内容としては、

「ファーストステージの選曲は番組側が決めた」

「ファーストステージの撮影は計40時間かかった」

「オーデション中は1日の睡眠時間が2,3時間ほどだった」

といったオーデションの過酷さを訴えるようなものでしたが、中でもファンを困惑させたのは、同じ練習生のプヤニンに対するやらせ疑惑でした。

プヤニンも同じく中国出身の練習生で、ガルプラ第1話で放送された「プラネット探索戦」では中国人グループのリーダーを務めていました。CLCの「Helicopter」を披露した中国人グループでしたが、その際にコメントを求められたプヤニンが「we go up! But you dont(私たちは上に上がるよ!でもあなたはできない)」と歌詞に合わせて挑発するようなコメントを相手チームにいたCLCのメンバーユジンに対して発したことで場の空気が凍り付き、視聴者からも「尊敬が足りない」「態度が悪い」などと悪評を受けてしまうこととなりました。

しかしリャン・チャオによると、このプヤニンのコメントが「番組が言わせた」ものだと言います。なんと、CLCのメンバーであるユジンの前でプヤニンに「Helicopter」をやらせ、更には強気なコメントをさせることで、番組が盛り上がるという思惑があったのだそうです。

確かに、プヤニンが自発的にコメントを発したというよりは、マスターから「ユジンに対して何かコメントはあるか?」と誘導されるような流れはありました。

また、この時の「プラネット探索戦」については元SM練習生のチェヒョンとジョンミンにaespaの「Black Manba」を、ヨンジアに「英雄」を歌うように指示していたことも暴露されており、パフォーマンスだけでなく総合的に番組が演出をかけていた可能性があります。

何より、Mnetは『Produce48』の時にも順位の操作が発覚するなど視聴者からの信用はかなり薄いのが事実です。あくまで早期に脱落となってしまった練習生の暴露ですが、これまでのMnetの行いを顧みると、信憑性が高そうと思ってしまいますよね。

また、この暴露がされたのが9月13日でしたが、この4日後に放送された番組内容では、リャン・チャオの姉のリャン・ジャオがミッション中の大事なタイミングで何度もトイレに行くなど、ミッションに対するやる気が感じられないような姿が垣間見られ、視聴者の中でちょっとした炎上が起きていました。暴露の直後ということもあり、これもリャン・チャオの暴露に怒ったMnetが、残るリャン・ジャオのイメージを下げようと悪編したのではないかと言われています。

確かに、オーデションにやらせがあったとしたら許されることではないですが、こんなオーデション真っ最中のタイミングで勝手に暴露をしてしまう、というのも、本人が訴えられたりしないのか心配になってしまいますね。

第1話の放送から悪評を得てしまったフヤニンでしたが、その後はフヤニンの素敵な人柄が表れる場面が多く、視聴者からの評価も回復していきました。

「Helicopter事件」についてフヤニンはあるインタビューで「悪編された放送内容を見て、中国人グループのメンバーから一斉に「大丈夫?」と心配の電話がかかってきた」と話しています。

プヤニン曰く、強気なコメントをした際、ユジンを含めその場の雰囲気はとてもいいものだったのに、放送を見ると確かに場が凍り付いているような演出になっていたそうです。電話をくれたメンバーたちには「大丈夫だよ」と返事をしたものの、ステージが大好きで完璧でいたいと思っているから、今回のことが今後の自分の活動に影響しないかとても心配で、両親に電話して「辛い」と泣いたと言います。

それでも、今では多くの人が自分を愛してくれるようになって、SNSのコメント等も自分で読むことができるようになったとのこと。本当はCLCのことをとても尊敬しているのに、番組が自分に強気なコメントを言わせたと言っています。リャン・チャオが暴露した内容と一致していますね。

この暴露内容についてMnet側のコメント等は出ていないため、その真相はわかりません。「その場の雰囲気はとてもいいものだった」というのもフヤニンの主観ですし、リャン・チャオとフヤニンが言っていることを完全に真実と決め込むことも危険かとも思います。

今回、最終的にはフヤニンの素敵な人柄が前面に出るようになり、評価を回復させることができたものの、第1話の炎上から回復できないほどになってしまっていたら、本人もフヤニンのファンも気が収まらないですよね。

番組を盛り上げるために多少の演出を考えるのはテレビマンとして必要な技量ということは理解できます。しかし、デビューメンバーに選ばれないとしても今後別の形でグループに所属したりタレント活動をしていく予定の練習生も多いため、少女たちの今後の人生を左右する可能性もしっかり考えて、不本意に悪評が集まるようなことは避けて欲しいと思います。

最後に

今回は、リャン・チャオが暴露した番組のやらせ疑惑についてご紹介しました。

皆さんはどう思いましたか?コメントを残してもらえると嬉しいです。

おすすめ記事(広告を含む)