【EXO】ベッキョンに脱退フラグ?共同購入や個人会社設立で議論勃発!

みなさん、こんにちは!

今回はEXO「ベッキョン」について、脱退疑惑が浮上していることや事務所とのいざこざ、共同購入・個人会社設立で議論が勃発していることなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

目次

EXO「ベッキョン」プロフィール

本名:ビョン・ベッキョン(ベクヒョン)

ハングル表記:변백현

出身地:大韓民国・京畿道富川市

生年月日:1992年5月6日生まれ

血液型:O型

身長:174cm

兄弟構成:兄1人

特技:合気道、ピアノ

ベッキョンは、ハイレベルなボーカルが揃うボーイズグループ「EXO」のメインボーカルを担当している実力派メンバー。

高音を自由自在に操るハイトーンボーカルや、爆発的な声量を一気に放出できるパワーボーカルなどを得意としていて、実力者揃いのK-POPアイドルのなかでもとくにトップレベルだと言われています!

ベッキョンは歌がとにかくうまいので、EXOのなかでも声で聞き分けられることが簡単なメンバーでもあります。

バツグンの歌唱力を持ち、いつどんなステージでも最高の歌声を披露してくれる、まさに”EXOの声”の一人ですね!

笑顔がとってもやわらかくて、全体的にふわっとした雰囲気を持っている、子犬のような愛らしいビジュアルも特徴的なベッキョン。

声はハイトーンで綺麗さとカッコよさを兼ね備えていますが、お顔立ちはきゅるんとした子犬のようでとってもかわいらしいルックスが特徴的。

チャニョル&ジョンデ(チェン)と同様に”ビーグルライン”とされているベッキョンは、とっても明るく賑やかで人懐っこい性格なのでみんなから愛されていますね。

愛嬌もとっても多く、ファンに対してのファンサービスもめちゃくちゃ旺盛なので、世界中のファンから大人気。

サービス精神が旺盛で、ファン思いというところも大人気の理由!

ファンだけでなく、メンバーたちを想いやる気持ちや優しい性格も、ベッキョンに惹かれるポイントです。

これまでに、残念なときに口にする言葉「ケプソン」というオリジナルの造語、EXOファンのことを指す「エリ」という略称も考案したメンバーでもありますね!

小学6年生の時、歌手のRain(ピ)をみて歌手を志したベッキョン。

高校時代はバンド部に所属し、「昏睡状態」という名前のロックバンドで活動、ロック・フェスティバルでは最優秀賞を獲得した経験もあるそう。

実用音楽科入試の準備をしていた頃に路上でSMにスカウトされ、その後、2011年にSMキャスティングシステムを通じて事務所に入所しました。

ちなみに、同じオーディションをチェンくんも受けており、共に合格してメンバー中最後に合流、ベッキョンはチェンより3日早く入社しています。

事務所に入ってからダンスを初めて習い、歌唱法も発声からやり直したのだとか。

ベッキョンとチェンはメンバーの中で最も練習生期間が短く、本人たち曰く「入社から7か月ほどでデビューチームに選ばれた」とのこと・・・!

2012年1月30日に公開されたEXO-Kの『What is Love』ミュージックビデオを通じて、ディオとともに初披露され、2012年4月8日、EXO-Kのメンバーとして韓国で正式デビューを果たしました!

韓国のみならず、日本や中華圏、そして世界中のファンたちがベッキョンのあふれる魅力に魅了されていますね!

また、EXOのメンバーを想う気持ちや優しい性格も持ち合わせている、まるで太陽のような存在だと思います。

以前から日本語をたくさん勉強してくれているということもあり、日本に来たときにはたくさんの日本語を話してくれて、韓国ではもちろん日本でも人気が高いベッキョン。

おしゃべり大好きでお笑いもお上手なので、バラエティーにも欠かせないメンバーですね!

ベッキョンと事務所のあいだに確執・・・?

そんなEXOのメンバー「ベッキョン(ベクヒョン)」が個人会社設立を発表し、大きな話題を集めています。

ベッキョンは8月8日、自身のインスタグラムを通じて「個人会社を運営する予定であり、SM(所属事務所)も同意した」と明かしました。

また、自身とSMエンタテインメントに向けられている不仲説についても「会社を運営しながらSMにもいるし、EXOメンバーとも活動を続ける」と、SMとEXOからは離れないことを説明。

これより前、ベッキョンがこのほど130億ウォン(約14億円)の融資を受け、この資金で上場企業を設立し不当な利益を得ようとしていると主張する書き込み注目を集めました。

これに対しベッキョンは「融資金で会社を上場すること自体が不可能で、法的にも間違った主張」と反論。

130億ウォンの融資を受けた理由については「(個人会社設立に向けた)自分との約束だった」とし、会社の運営がおろそかにならないよう常にプレッシャーを抱えていこうという意味があると説明しています。

また、ベッキョンが社内取締役を務める企業については「友人とともに振付師やダンサーを養成したいという思いからスタートした会社」と説明し、ベッキョンの個人会社ではないと否定しました。

ライブ配信では、ベッキョンがEXOのメンバーのシウミン、チェンとともに専属契約の解除をめぐりSMと対立した問題についても触れていましたね。

2023年6月1日、EXOのベッキョン、シウミン、チェンの3人は所属事務所SMエンターテインメントに対し、専属契約解除通知を送付。

これは、「所属事務所との専属契約を解除したい」という申請。

ユニット「EXO-CBX」で活動しているベッキョン、シウミン、チェンの3人は、「不透明な精算」と「奴隷契約」という理由で専属契約解除通知を送付したのです。

これまで所属事務所に対し精算資料のコピーを要求したが拒否されたこと、さらに最低でも17年以上の契約期間を結ぼうとしていると主張しました。

これについてSMエンターテインメント側は猛反発し、「所属アーティストに接近し虚偽の情報と誤った法的評価を伝達し、当社との専属契約を無視して自分たちと契約を締結しても大丈夫だという風に非常識な提案をする外部勢力が確認された」とコメント。

第三者によって、3人を誘引するような不法行為が確認されているとし「あらゆる法的措置を取る」と明かしました。

この外部勢力の存在はのちに誤りだったことが判明しており、SMエンターテインメントは謝罪していますね。

このベッキョン、シウミン、チェンの専属契約解除通知送付は、ファンに大きな不安を与えました。

そんな中、6月19日にSMエンターテインメントと3人は共同でコメントを発表。

「弊社とアーティスト3人は、すべての問題について議論する時間を十分に持ち、誤解を解消し双方円満な合意に達することができました」とし、わずか2週間程度で和解に至ったとのこと。

また「アーティスト契約関係を認め、維持しながら、一部協議および修正の過程を通じて、EXOの活動をより活発に、継続的に展開していくことにしました」とコメント。

双方の葛藤は収まったものの、CBXに対する噂は続き、そんな中でベッキョンが会社設立ということで注目が集まったんですよね。

ベッキョン設立の会社「ワンシグネチャー」は、ベッキョンいわく「友人のKASPERと共に、良い振付師、ダンサーを養成したいという思いから始まった会社」とのこと。

しかし、韓国ではその後、「EXO-CBXがSMを離れてベッキョンの個人会社に入ることにした」というニュースが報じられたそう。

このような入り乱れた情報から、ネット上ではグループ存続への危機なども嘆かれているようです。

個人会社設立などで議論が勃発・・・脱退フラグも

個人事務所設立で注目されたベッキョンは、今年5月にも、靴下の共同購入を巡り議論が巻き起こっていました。

議論のきっかけとなったのは、ベッキョンが普段履いている靴下に、ファンが興味を示したこと。

その結果、ベッキョンが「ファンのみんなが安く買えるように、靴下を共同購入してみようか?」と提案し、スタイリストを通じて靴下の購入先などを検索していたそう。

しかしそれに対し「ファンの気持ちを利用して金儲けしている」という指摘が上がり、ベッキョンは「正直、否定的な視線は覚悟していた。それでも別に構わない」とコメントしたのです。

ベッキョンが個人会社を設立したのは、SMエンターテインメントと和解した後のこと。

ベッキョンは「会社をしながらSMに所属して、EXOのメンバーともずっと活動を共にする」とし、事務所退社やグループ脱退のために会社設立ではないと主張しました。

また、ベッキョンの会社設立やSMとの関係性に注目が集まる中、韓国メディアは別の事案を取り上げ注目していました。

それは、ベッキョンが金融機関から貸し付けを受けた100億ウォン(約10億円)を上回る巨額の資金。

一部の韓国メディアが注目しているのは、100億ウォンを超える資金が”担保貸付”であり、その担保物件が他人名義の高級マンションである点。

そんな”物上保証”にメディアが注目している理由は、「ビジネス経験のないベッキョンが巨額の資金を準備した理由が不明」「夫妻がリスクを背負いながら高級マンションを担保として提供している理由が不明」と言われているようですね。

韓国の大手メディアによると、「ベッキョンが130億ウォンに達する資金で上場企業を立ち上げる」「上場企業で不当なキャピタルゲインを得ようとしている」という噂が広まったのだそう。

この疑惑に対してベッキョンは、「貸付金で上場をするということ自体が不可能であり違法だ」と反論していましたね。

また、夫妻の担保提供について、ある不動産専門弁護士は「両者間の契約内容は不明だが、別途の契約があったと見られる」と、ビジネスパートナーである可能性を示唆しているとのこと。

ベッキョンが設立した事務所は「才能ある振付け師やダンサーを養成したいという思いで始まった会社」であり、設立に関してSMエンターテインメントも前向きに同意してくれたと話しています。

個人会社を設立したベッキョンですが、その後シウミンとチェンがこの事務所に移籍するという報道も飛び出しました。

その真偽は不明なものの、SMでは一部のメンバーが移籍をしてもグループ活動はそのまま継続というケースが増えているため、移籍をしても活動には大きな影響がないのではという声も。

ただ、個人会社を設立することについて「SMエンターテインメントも前向きに同意してくれた」と明かしていたベッキョンに対し、SMはコメントを発表。

まずCBXの3人がベッキョンの会社に移籍するという報道に関しては、「既存の専属契約は終了していない」とし、当時3人と和解したことについて「紛争が続いた場合、事実上EXOメンバー全体が熱心に準備したアルバム活動を正常に行うことが難しく、今後のグループ活動も不透明になるため、メンバー全体の活動のために合意した」と伝えました。

また、契約問題の議論の中で「ベッキョン、シウミン、チェンの個人活動も可能にした」とした上で「(ベッキョンの会社設立を)記事を通じて知り、当惑している」とコメントしたのです。

ベッキョンは「SMも同意してくれた」としていますが、事務所にとっては聞いてないといった状況であることから、ファンの不安はより一層大きくなるばかり。

SMでの専属契約が「2024年1月」に満了することが明らかとなっており、グループ活動は継続するとしているベッキョン。

事務所とのわだかまりは明らかですし、このまま再契約をするのか、SMを出るのか・・・はたまた脱退するのではといった声まで浮上している事態になっています。

ファンのあいだでは、SMエンターテインメントを退社すればEXOのグループ活動継続は少し難しいのではないかと懸念の声もあることから、脱退の可能性もあるとされているのかもしれません。

ベッキョンだけでなく、シウミンとチェンもその前に専属契約が終了するため、3人の動向を見守っていきたいですね。

まとめ

今回はEXO「ベッキョン」について、脱退疑惑が浮上していることや事務所とのいざこざ、共同購入・個人会社設立で議論が勃発していることなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・EXOベッキョンが個人会社設立!

・事務所は寝耳に水で確執疑惑が浮上!

・共同購入で問題視もされていた!

・脱退するのではないかと懸念されている!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)