【BTS】 一部ファンがボイコット?「2023 ソウル歌謡大賞」投票開始

みなさん、こんにちは!

今回は『2023 ソウル歌謡大賞』について、投票が開始したことや国内外のファンダムの動き、スキズやBTSの一部ファンがボイコットしていることなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

『2023 ソウル歌謡大賞』の投票がスタート!

K-POPファンたちが注目する『2023 ソウル歌謡大賞』の投票が、ことしもスタートしました!

投票が開始し、国内外のファンダムの動きにも注目が集まっていることで、ことしはさらに話題を集めていますね。

12月6日、第32回『ソウル歌謡大賞』授賞式の本賞、新人賞、人気賞、韓流特別賞、トロット、バラード、R&Bヒップホップ、OST(オリジナル・サウンドトラック)部門のモバイル投票が始まりました。

中でも、人気賞(国内投票結果)と韓流特別賞(海外投票結果)は、ファンの投票だけで選定されることとなっています。

候補者はハントチャート基準で、2022年1月から12月までに発売された楽曲及びアルバムが対象となっています。

ソウル歌謡大賞公式モバイル投票は、1次投票完了後50%適用、インターミッション期間に初期化後2次投票結果を50%適用し合算されるのだそう。

1次投票は『ソウル歌謡大賞』公式投票アプリで、12月6日昼12時から同月25日午後11時59分まで。

そして2次投票期間は、12月27日午昼12時から2023年1月15日午後11時59分までとなっているそうです。

『ソウル歌謡大賞(SMA / SEOUL MUSIC AWARDS」は、「ソウル歌謡大賞」「ソカデ」などとも呼ばれる、1990年にスタートした韓国の大衆音楽授賞式。

大衆の愛を最も多く受けた歌手に対して賞が授与される、とても大きな歌謡祭ですね!

ソウル歌謡大賞は、財団法人韓国訪問委員会と文化体育観光部の後援により実施されます。

主催はスポーツソウル、主管はソウル歌謡大賞組織委員会が務め、大衆の愛を最も多く受けた歌手に対し授与されることで知られていますね!

第21回以降は、韓国放送公社のKBS drama、KBS W、KBS Joyのいずれかで生放送が行われてきました。

公式サイト&SNSはこちら▼

公式サイト:https://seoulmusicawards.com/

Twitter(韓国):@SMA_korea

Twitter(日本):@SMA_japan

Twitter(グローバル):@SMA_global

YouTube:서울가요대상 Seoul Music Awards

そんな『ソウル歌謡大賞』、2023年の回にノミネートされているアーティストも発表されましたね!

豪華なアーティストたちを、本賞と新人賞で分けてご紹介したいと思います!

【本賞】

・Young Woong Lim
・Kim ho Joong
・ATEEZ
・ENHYPEN
・TREASURE
・Jin
・KANG DANIEL
・BTS
・j-hope
・TWICE
・Seventeen
・MONSTA X
・TOMORROW X TOGETHER
・BLACKPINK
・NCT 127
・fromis_9
・Stray Kids
・ASTRO
・NCT DREAM
・ITZY
・TAEYEON
・THE BOYZ
・aespa
・SUHO
・GOT7
・SEULGI
・BTOB
・(G)I-DLE
・IVE
・CRAVITY
・DKZ
・ONEUS
・P1Harmony
・NAYEON
・WEi
・BIGBANG
・KIHYUN
・SUPER JUNIOR
・Red Velvet
・WINNER
・STAYC
・Girls’Generation
・CHOI YENA
・Crush
・PSY
・Jay Park
・ZICO
・GOT the beat
・BOL4
・10CM

【新人賞】

・LE SSERAFIM
・TEMPEST
・VIVIZ
・Lapillus
・NewJeans
・TNX
・Kep1er
・NMIXX
・TAN
・Billlie
・CSR
・YOUNITE
・NINE.i
・ATBO
・CLASS:y
・H1-KEY
・TRENDZ

審査基準は、部門によって違ってきます。

審査基準は本賞と新人賞で、審査員40%、音源の売れた量30%、全世界モバイル投票30%という割合。

そして各部門では審査員40%、音源の売れた量30%、全世界モバイル投票30%となってきます。

人気賞では韓国モバイル投票100%(韓国の投票のみ)となり、韓流特別賞は海外モバイル投票100%となるようですね!

バンド賞、今年の発見賞、ベストパフォーマンス賞、審査員特別賞などもありますが、それは審査員100%といった割合となています。

その中でも、投票が重要になる賞は「人気賞」と「韓流特別賞」です!

また、「本賞」や「新人賞」も投票がとっても重要になる賞。

好きなアーティストがノミネートされているファンのみなさんは、たくさん投票して受賞を応援しましょうね!

「Stray Kids」「BTS」の一部ファンがボイコット?

『2023 ソウル歌謡大賞』の投票が開始されている中、国内外のファンダムのとある動きに注目が集まっています。

現在本賞部門で1位となっているのはイム・ヨンウンで、新人賞部門はLE SSERAFIM(ルセラフィム)、韓流特別賞部門はBTS(防弾少年団)が上がっていますね。

しかし一部のアイドルファンダムでは、”投票ボイコット”の動きが見られているというのです。

「Stray Kids」の海外ファンダム連合は、SNSで「長い議論の末『ソウル歌謡大賞』の投票推薦をしないことに合意した」と明かし注目を集めました。

「2021年の授賞式では、投票期間の終了前に優勝者がトロフィーを受け取り勝利演説をしたという証拠がある。これは、オンライン投票がきちんと反映されていないという証拠」と今回のボイコット理由について説明したStray kidsのファンダム。

また、「BTS」の一部ファンも「毎年ファンが被害に遭っており、その損害に対して『ソウル歌謡大賞』側は、フィードバックも謝罪も一切していない」と投票ボイコットを宣言。

しかし、海外のファンダムは投票を行っていることが判明しているようです。

Stray KidsやBTSのファンダムがボイコットの動きを見せるのには、理由があるとのこと。

ことし1月23日、ソウル市内(コチョクスカイドーム)で開かれた『第31回ハイウォンソウル歌謡大賞(ソウル歌謡大賞)』で、「NCT 127」が栄誉ある大賞に選ばれました。

そんな中、一部では「『ソウル歌謡大賞』の受賞結果は”不正”に仕組まれている」という陰謀論が展開され、SNS上で”#SMArigged”というハッシュタグを付けて批判を強めるという動きが見られていたのです。

その規模はもはや世界規模へと広まったようで、あくまでも不正への対抗ということからボイコットの動きが見られているのだそう。

#SMAriggedとは、SMA(ソウル歌謡大賞の英字略称)+rigged(操作された)という意味なのだとか。

これは受賞結果に疑惑を抱いていたK-POPファンたちが、不満の意を表すために使用しているハッシュタグです。

当時、アメリカのK-POP韓流メディアでは「NCT DREAM、BLACKPINKのロゼ、Stray Kids、TOMORROW X TOGETHERなどが本賞受賞落選後、#SMAriggedがトレンドに上がった」と報道されたようです。

「海外でも多くのファンを抱えているK-POPグループが本賞受賞に失敗。彼らを応援するK-POPファンが、露骨に『ソウル歌謡大賞』側を批判している」と伝えていたのだとか。

K-POPファンたちは当時、なぜこの由緒ある授賞式に対して”操作”という危険なワードで批判を続けていたのでしょうか。

ファンたちが指摘していたのは、「審査基準における、審査委員及び『ソウル歌謡大賞』組織委員会の評価(40%)が大きすぎる」という点でした。

ファンによる事前投票や、アルバム販売・音源ダウンロードで好成績を残しても、少数の審査委員と組織委の意向が受賞結果を大きく左右する・・・というその”仕組み”を批判していたのです。

さらに一部のファンからは、特定のエンターテインメント企業との”癒着”を疑う声も浮上していました。

というのも、『ソウル歌謡大賞』の歴代受賞者を見ると、”偏り”とも捉えられかねないほど特定のエンターテインメント企業が輩出したアーティストが多いと言われているのです。

30年以上の歴史、そして官民共益事業の一環として行われてきた『ソウル歌謡大賞』。

しかし、一部の人気アーティストの事前投票システムにエラーが生じたり、人気投票で1位となったアーティストを招待しないなど、数々の疑惑の標的になってしまっているというのも事実なんですよね。

『ソウル歌謡大賞』が、特定エンターテインメント企業のアーティストを優遇しているかどうか、その真相はもちろん不明。

しかし近年では、ほとんどのK-POP受賞式がその受賞結果を巡って世界中のファンから反発を買っているとも言われているのだとか。

そのようなことがあるから、Stray KidsとBTSのファンダムでは投票ボイコットをしているようです。

不正の可能性があるから好きなアーティストに投票しないなんて・・・ファンに投票させるなら企画側もしっかりと公平であってほしいものですね。

『2023 ソウル歌謡大賞』詳細をご紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AzizPedia(@aziz_pedia)がシェアした投稿

『2023 ソウル歌謡大賞(SMA)』の投票がすでに開始されています。

今回の『ソウル歌謡大賞』の開催日程は以下の通りです!

開催日:2023年1月19日(木)

開催場所:KSPO DOME

投票期間は、1次投票と2次投票で分かれています。

それぞれの投票期間は以下の通りとなっているので、チェックしてみてくださいね!

1次投票:2022年12月6日(火)12:00~2022年12月25日(日)23:59

2次投票:2022年12月27日(火)12:00~2023年1月15日(日)23:59

投票結果については、2023年1月16日(日)に発表される予定となっています。

投票は何度もできるようにはなっているのですが、無限で投票できるというわけではありません。

1つの部門ごとに1日最大10回までの投票が可能となっており、1日の投票カウントは毎日午前0時にリセットされるようになっています。

また、『ソウル歌謡大賞』は韓国でアプリ「U+アイドルライブ(U+아이돌Live)」にて生中継されるそう。

日本から利用するには、韓国版AppleIDやVPN接続が必要となるとのこと。

「U+아이돌Live」は韓国のアプリなので、韓国のアプリストアからダウンロードするようになります。

それだけではアプリを使用することが出来ないので、さらにVPNアプリをダウンロードすることになるため、「U+아이돌Live」を使う際には注意してくださいね!

見逃し配信についてはまだ情報がないものの、前回は受賞の様子が公式YouTubeに投稿されました(ただしパフォーマンス動画は投稿されていませんでした)。

一昨年やれ以前のものは、だいぶ遅れていくつか投稿されていたことから、今回は動画で投稿されることも楽しみにしていたいですね・・・!

まとめ

今回は『2023 ソウル歌謡大賞』について、投票が開始したことや国内外のファンダムの動き、スキズやBTSの一部ファンがボイコットしていることなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・『2023 ソウル歌謡大賞』投票開始!

・BTSとStray Kidsのファンダムが投票ボイコット!

・ボイコットの理由は投票の不正を疑っているから!

・視聴するには韓国のアプリが必要!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)