【BTS】RMとコラボで話題に!「チョ・ユジン」日本での活動や大学教授の経歴も!

みなさん、こんにちは!

今回は「BTS(防弾少年団)」のRMについて、ソロアルバム『Indigo』が好評なことや、コラボ相手「チョ・ユジン」が誰なのかなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

「BTS」RM、ソロアルバム『Indigo』リリース!

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

本名:キム・ナムジュン

ハングル表記:김남준

出身地:韓国・京畿道一山

生年月日:1994年9月12日生まれ

血液型:A型

身長:181cm

家族構成:父、母、妹

特技:ラップ、作詞作曲

「BTS(防弾少年団)」のラッパーでありリーダーをつとめている、一見いかつめのゴリゴリラッパーのような出で立ちが特徴的なRM(ナムジュン)。

しかし本当はすぐに緊張してしまうようなナイーブな性格で、見た目とは裏腹に天然なところがあるのも最大のギャップ!

学生時代にIQのテストでなななんと「148」という数字を出すほどの秀才・・・!

(ちなみに東京大学のIQはだいたい135くらいだそうなので、ナムジュンのIQがいかにすごい数字だということが分かりますね・・・!)

海外公演の際は”その国の言葉で話すことが大事だ”と考える真面目な性格で、日本公演でも最近は基本的に通訳なしでトークを行うことも多くなりました。

そんな「BTS(防弾少年団)」のRMが、12月2日にニューアルバムをリリースしソロ活動に乗り出し注目を集めています!

『Indigo』は、RMの悩みと考えを盛り込んだ日記のようなアルバムとなっています。

多様なアーティストとの境界のないコラボを通じた幅広い音楽が披露され注目を集め、RMのカリスマ性がふんだんに盛り込まれているアルバムなんですよね・・・!

RMの悩みと考えを盛り込んだ日記のようなアルバム・・・その説明だけでも物凄いものになっていてファン冥利に尽きます・・・!

RMはソロデビュー発表の前日である10日、自身のInstagramにアルバムのタイトルと共にデニム生地がクローズアップされたムードカットを投稿していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

RMは2015年3月に公開した『RM』や、2018年10月に公開した『mono.』など、これまでに自身の率直な話を盛り込んだミックステープを通じて音楽の才能を証明してきています。

アメリカの音楽専門メディア「SPIN」が選んだ「2015ベストヒップホップアルバム50」にも選ばれ、『mono.』はアメリカのビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で26位を獲得しました!

そんなRMが12月2日にリリースした初の公式ソロアルバム『Indigo』は、主要海外メディアから好評を得ているのだとか・・・!

イギリスの有名な音楽メディアは、

「アルバム『Indigo』でアーティスト(RM)はユニークに区分した人生の一章に対する挫折感、創作のカタルシス、実験的挑戦の余地、傷心の哀切な解読、そして希望など様々なことを表現している。しかし、何よりも今回のアルバムは進むべき道が多く、共有すべきことが多いことを証明した、トップクラスにのぼりつめた作家の記録」

と、『Indigo』をとても高評価しているとのこと!

また、米国の週刊誌でも「RMが『Indigo』というソロアルバムを通じてグローバルスターダムという騒ぎの中で意味を見つけた」「RMの歌詞は芸術、アイデンティティ、人気、そして愛の本質について苦心している」と伝えられているそうですよ!

イギリスの音楽雑誌では、

「RMは木々の間に位置した『インディゴ』色の森を連想させる今回のアルバムを通じて生々しく蓄積されたこれまでの教訓、芸術的力量、そして年を取ることに対する成熟した観点を提示する」
「今回のアルバムを通じてRMは成長を見せ、すべてのトラックの間に鮮明に存在するように感じられる。 『Indigo』は落ち着いて共感を形成し、新鮮な印象を与える」

と評価されているようで、さらにアメリカの有名な音楽マガジンでは、

「収録曲である『Yun(with Erykah Badu)』でRMは現代韓国美術に対する感想と1990年代米国の黄金時代ヒップホップ、R&Bを統合して彼らの革新に敬意を表し、この二つの伝説が音として会える場を作る」「境界を越えた協業だ」

と、とても高評価を得ているのだそうですよ・・・!

他にもアメリカやイギリスの音楽媒体、そして多くの海外メディアがこのRMのソロアルバム『Indigo』に注目しているようです。

『indigo』は、「BTSをあまり知らない」「韓国アイドルにあまり興味がない」「K-POPの曲だから」というような感覚で聴かないということがもったいないくらいの名盤と言われています。

それほどまでのソロアルバムを作り上げたRM・・・本当にすごすぎますね・・・!

RMのコラボ相手「チョ・ユジン」とは一体誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

12月2日、ソロアルバム『Indigo』が発売し話題を集めているBTSのRM。

その収録曲は、多彩なアーティストとのコラボレーションを含む全10曲となっています。

そのコラボアーティストたちの中で、「なぜRMとコラボ?」と韓国で驚きの声が上がったある女性アーティストが。

それは、韓国のロックバンド、「Cherry Filter(チェリーフィルター)」のボーカルを務める「Youjeen」こと、「チョ・ユジン」さん。

活動名:Youjeen(ユージーン)

本名:チョ・ユジン

生年月日:1977年7月5日生まれ

出身地:大韓民国・京畿道仁川市(現・仁川広域市)

ジャンル:ロック

活動期間:1997年 – 現在 (バンド)、2001年 – 2002年 (ソロ)

チョ・ユジンは、韓国でロックバンド「Cherry Filter(체리필터)」のボーカルとして活躍しており、2001年から2002年まで日本ソロ活動経験があるアーティスト。

2000年4月14日にCherry Filterとして韓国デビューし、2001年3月23日に日本でソロ活動デビューをしています。

ボーカリストとして地元バンドで活動後、1997年にCherry Filterを結成し、弘益大学校近辺のライブハウスでライブ活動を続けていたようです。

2000年4月14日にデビューアルバム『HEAD-UP』をリリースし、同時期に大学を卒業し女子高校に英語の教師として勤務するという経歴も持っているのだとか。

バンドの男性メンバーが兵役のためバンドの活動を休止し、日本のレコード会社に送ったアルバムが関係者の耳にとまったことで「Youjeen」としてのデビューが決定しました。

そして2001年3月23日に、元LUNA SEAのベーシスト・Jのプロデュースにより、デビューシングル『HEY JERKS』をリリース・・・!

先行シングル『Someday』リリース後、ファーストアルバム『THE DOLL』をリリースするなどとても精力的に活動を続けてきています。

アルバム収録曲『Beautiful Days』は『ビートたけしのTVタックル』のエンディング・テーマに起用されたこともあるそうですよ!

2002年にCherry Filterとしての活動を再開すると『ロマンチックな猫』が韓国で大ヒットとなり、その後バンドの2枚アルバム『Made in Korea?」を2002年8月13日リリース。

2002年9月26日、元MAD CAPSULE MARKETSの室姫深プロデュースによるセカンドアルバム『BEWITCH』をリリースを最後に日本での活動を休止し、帰国。

以降はChelly Filterでの活動に専念しており、2002年10月にCherry Filterの初の全国(韓国)ツアーを敢行しました!

そんなチョ・ユジンが、BTSのRMとアルバムタイトル曲『들꽃놀이 / 野花遊び(withチョ・ユジン)』でコラボレーションしたのです。

この曲は、華やかだけどすぐに消えてしまう ’불꽃(花火)’ではなく、穏やかな’들꽃(野花)‘の姿で生きていきたいというRMの願いが込められているのだとか。

Cherry Filterは、明るく軽いポップスタイルのモダンロックからラフでパワフルなハードコアやメタルまで、大衆性と作品性を兼ね備えた多様な音楽で人気を集めました。

日本では「LUNA SEA」のベーシストJのプロデュースでデビューしたこともあることから、日本でも知っている方は多いのではないかと思われます。

チョ・ユジンのボーカルは、ロックの歌い方と技巧を完璧に駆使し、個性的な音色を溶け込ませた独創的で魅力的だと言われています。

速いビートでも息を切らすことなく曲を歌いこなすことができ、クリアな音色と安定した高音域が特徴的な圧倒的ボーカル力の餅牛なんですよね。

実力に定評があるチョ・ユジンは、過去に韓国の人気音楽バラエティー番組『覆面歌王』に出演し、パワフルな歌唱力を披露したことでも知られています。

その番組では、残念ながら途中敗退という結果に終わってしまったものの、多くの視聴者がチョ・ユジンを惜しみ、「敗退に納得がいかない」という声が上がったそうですよ・・・!

バンドではボーカルだけでなく楽曲の作詞や作曲も担当、キーボードやギター演奏もこなしながら、現在は世宗サイバー大学の実用音楽学科の教授として指導も行っているそう。

また、結成からすでに25年経つバンドも、これまでメンバー変更はなく今年もフェスのステージに立つなど活動を続けているといいます。

そんな韓国を代表する女性ロッカーのチョ・ユジンが、コンかい、ヒップホップ色の強いRMとコラボすると発表されたことで、多くの韓国ファンが驚いたのだそうです。

2人が歌う『野花遊び(withチョ・ユジン)』は、12月2日にミュージックビデオが公開されました。

RMの低音ボイスのラップと、チョ・ユジンの力強い高音ボーカルが圧倒的な世界観を見せつけているこの作品。

映像の綺麗さまでも際立てるほどのボーカル力・・・凄まじすぎますよね。

RMの歌声にチョ・ユジンの声がとてもいい感じに組み合わさっているし、何よりまず歌詞が最高。

RMの表現力や表現の仕方って毎回とても評価されていますが、今回の作品もすごく考えたんだろうな・・・と伝わってくるほど壮大で素敵でした。

ファンの声の中には「メンバーが出したソロの中で1番好きかも」という声も少なくないようで、さすがナムさんという感じですね・・・!

『Indigo』がオリコン週間デジタルアルバムランキング1位に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

そんなBTSのRMがリリースしたソロアルバム『Indigo』が、12月7日発表の『オリコン週間デジタルアルバムランキング』で初登場1位に輝きました!

この作品はRM自らが全曲の作詞・作曲をはじめ、アルバム作業の全般に携わっているだけに、ファンにとっても非常に嬉しい結果となりましたね!

12月7日、オリコンが発表した最新チャート(12月12日付け / 集計期間11月28日~12月4日)によると、今月2日に発売された『Indigo』は、週間デジタルアルバムランキングに1位で初登場しました。

同作は3日間集計されたダウンロード回数だけで、週間デジタルアルバムランキング1位を獲得しているそうで、その人気の高さを証明しました!

これに先立って、タイトル曲『Wild Flower(with チョ・ユジン)』も、オリコンデイリーデジタルシングルランキング(12月2日付け)で2位を獲得しています!

その他にも『Indigo』は12月6日基準で、世界71ヶ国と地域のiTunesトップアルバムチャートで1位を記録し、世界的な人気を集めているそうですよ・・・!

さすがRMというしかないですが、RMの作品をたくさん評価されるのは本当に嬉しいことですね!

まとめ

今回は「BTS(防弾少年団)」のRMについて、ソロアルバム『Indigo』が好評なことや、コラボ相手「チョ・ユジン」が誰なのかなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・RMソロアルバムが大好評!

・チョ・ユジンとのコラボがとても良い!

・オリコン週間ランキングで1位も獲得!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)