【ENHYPEN】ニキがソヌいじめで大炎上?!ニキのお母さんも関わってるって本当?

みなさんこんにちは!

今回は、ENHYPENメンバーであるニキがソヌいじめで大炎上し、ニキのお母さんも関わってる噂についてご紹介します。

目次

ニキがソヌいじめで大炎上?!

2020年11月30日にデビューした7人組グローバルボーイズグループ、ENHYPEN(エンハイプン)。

日本デビューも果たし、今ノリに乗っている彼らですが、グループのマンネであるニキは唯一の日本人メンバーで当初から注目度が高かったですよね!

そんなニキがとある事情から炎上を招いてしまったんだとか…。

更に炎上にはニキのお母さんも関わっているという噂も!?

気になるその理由を徹底調査します!

ENHYPEN、ことエナプといえばBTSが所属するHYBEの代表を務めるパン・シヒョク氏がプロデュースした、サバイバルオーディション番組『I-LAND(アイランド)』から誕生したことでも大きな話題を呼んでいました。

中でも最年少のニキは、デビュー当時まだ14歳の中学2年生!

細身ながらもズバ抜けたダンススキルで圧巻のパフォーマンスを披露し、今ではエナプのダンスマシーンとも称されています♪

活動名はニキですが、本名は西村力(にしむらりき)。日本の岡山県の出身です。

練習生期間は8ヶ月と比較的短い方ですが、ダンス歴は約10年!

彼は3歳の頃にマイケル・ジャクソンの動画を見たことがきっかけでスターを夢見るようになったんだそう。

元々ご両親がダンススタジオを経営していて、5歳からダンスを本格的に始めたんだとか。

その頃から才能が開花していたのか、“リキジャクソン”という名前で地元では有名なちびっ子ダンサーだったようです♪

SHINeeのライブにもキッズダンサーとして出演していた過去まであり、幼いながらも着実に経験を積んできたニキ。

『I-LAND』では周囲を惹きつける圧倒的なダンスパフォーマンスで、最終順位4位で見事デビューメンバーに選ばれました。

デビュー3年目を迎え16歳になったニキは、とにかく成長期真っ只中!

175cmだった身長はぐんぐん伸びて今では183cmに!

1年間で13cmも伸びたそうで、今ではグループイチの長身になりました。

しかし何と言ってもまだ16歳…。これからも更に伸びそうな予感ですね!

そんなニキ、実は“態度”に関して一部のファンたちから問題視されているようで、度々炎上を招いてしまっているんだとか…。

韓国は上下関係が厳しいことでも有名ですよね。

一般的には一歳でも年上であれば「ヒョン」や「オンニ」と呼びますし、みんな敬語を使います。

そういったことから、SNS上では「ニキのソヌに対する態度が悪い」といった書き込みが相次いでしまったようです。

Sunki(ソンキ)というケミ名で呼ばれるニキとソヌは、年齢も近いこともあり仲が良いことで知られています。

宿舎では2人一緒に寝ることが多く、毎月24日は“Sunkiの日”として公式SNSにはツーショットを投稿してお祝いするほどの仲良しぶり!

しかしニキがソヌにボールをぶつけたり、ぬいぐるみを投げつけたりと悪戯をしたりイジる様子が「度を超えている」「いじめではないか」と過剰に反応してしまったENGENEから批判の声が殺到してしまったんです。

仲が良いからこそ出来るじゃれ合いのようにも思えますが、過剰なイジりと不快感を覚える人もいたようで…。

確かに、自分の推しがやりすぎと思われるようなイジりをされていれば、あまりいい気がしないのがファンの心理でしょうね。

実際SNS上ではニキペンの中でも「最近ニキのソヌいじりがしつこすぎて、たまにヒヤヒヤする時がある」「ソヌいじりは度は超えてないと思うけど、ファンが見てて少しでも不快な気持ちになってるなら、あまり良いイジり方ではないのかも…」などという意見も。

これに対して「まだ思春期だから仕方がない」「ソヌのことが好きすぎるのが伝わって、逆に微笑ましいと思うけど」など愛情の裏返しだから出来る事、と捉えるファンもおり意見は対立…。

そんな中、事態の更なる悪化を招いてしまったのはなんとニキの“お母さん”にありました。

ニキのお母さんは今現在岡山県でダンススタジオ『Music Studio LEAD』を経営しており、そこでダンスとボイストレーナーの講師としても活動されています。

『maikey』というTwitterアカウントではダンススタジオのことはもちろん、ニキ関連のことも度々ツイートされている為、本物のニキのお母さんであることが分かっていました。

このことはENGENEならば周知の事実で、ニキのお母さんのアカウントをフォローしているファンはかなり多くいますよね。

そこで今回の『ソヌイジり』で炎上した件がお母さんの耳にも入ったようで、Twitterアカウントから「まだ子供なんです。そばで支えてやりたいけど、本人が選んだ道。信じて、親として出来ることを精一杯していきます。どうか暖かく見守ってやって下さい」とツイート。

しかしこれが火に油を注ぐ結果となってしまったのです…。

ですが、ニキのお母さんの元にもニキに対する批判や「教育をちゃんとしろ」などといった過激なDMやコメントが届いていたんだそう。

中には直接スタジオにクレームの電話を入れたファンもいたというから驚きです。

流石にそこまでするのはどうかと思いますし、同じENGENEとしては悲しいですよね。

一部のファンの行き過ぎた行動によりお母さんが自ら声を上げる形になったのでしょうが、そのことでまたもや炎上を招いてしまったのでした。

しかし、ニキとソヌの信頼関係の強さを指摘する声や、これらの炎上騒動は「一部のファンが燃料投下し騒いでいるだけに過ぎない」という意見も多く見られています。

韓国アイドルは大半が宿舎での共同生活を経験しますし、活動が長くなるほど一緒にいる時間が増え、家族のような関係になるという話も良く耳にしますよね。

実際ニキは「ソヌヒョンが居なかったらすごく辛かったと思う」と語っていたこともあるくらい慕っていますし、ファンには見えない関係性や絆があるのではないかと思います。

賛否両論あるでしょうが、ファンとしては今後も彼らが笑顔で活動できるよう応援していきたいですね♪

最後に

いかがでしたか?

今回は、ENHYPENニキの炎上騒動をまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?

コメントを残してくれると嬉しいです。

おすすめ記事(広告を含む)