【EXO カイ】突然の入隊発表!K-POPアイドルの電撃入隊は今後も続く予想?

EXO,カイ,熱愛 クリスタル,破局公式発表,スホ 嫉妬,ドラマ

みなさん、こんにちは!

今回はEXO「カイ」について、突然入隊が発表されたことやファンたちの「メン崩」、今後も電撃入隊が続く可能性があることなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

目次

EXO「カイ(KAI)」プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿

ステージ名:KAI(カイ)

本名:キム・ジョンイン

ハングル表記:김종인

出身地:韓国・ソウル特別市

生年月日:1993年1月14日生まれ

血液型:A型

身長:183cm

兄弟構成:姉2人

特技:クラシックバレエ、ジャズダンス、ヒップホップ、ポッピングダンス、ロッキング

ボーイズグループ「EXO(エクソ)」のメインダンサーとして、高いダンススキルと特技を生かした鮮やかなパフォーマンスを見せつける「カイ」くん。

グループの顔として、センターを任されることも多いメンバーです。

クールでシャイで照れ屋でぶっきらぼうな性格であるため誤解されがちですが、笑顔がとっても可愛らしくて情も深く、思いやりのある性格。

とても純粋で感情が表に出やすいタイプのカイくんは、涙もろい一面もあり、そんなところがファンの心をくすぐると言われていますね!

大人っぽいルックスですが実際にはマンネラインで、甘えん坊な一面もあるなどさまざまな魅力があふれるメンバー。

ステージ上と普段の姿のオンオフが白黒はっきりしていて、まるで別人のように表情を変えることのできるまさに”カリスマ的存在”です!

カイくんは二人の姉をとても大切にしていることで知られており、「もし彼女ができても彼女より姉のほうが大切」と語っていたこともあるほど。

また、お姉さんも「テレビで活躍するカイの姿を見ることができてとても幸せだ」と、カイくんのことをとても可愛く、そして誇りに思っているようです。

身長は183センチとかなりの長身メンバーで、過去には福士蒼汰さんに似ていると言われていたこともあるイケメン!

メインダンサーをつとめているだけあって、メンバーで一番ダンスがうまいため”ダンスマシーン”と呼ばれているんですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿

ハイレベルなダンスパフォーマンスを披露することから、EXOのコンサートではカイくんが一人でダンスを披露するステージもあるほど。

メンバーも認めるメインダンサーということがよくわかりますよね・・・!

ステージ以外では眠たそうにぼーっとした様子を見せるカイくんが、本番になるとガラッと表情を変え、挑発的で情熱的でとても魅力的にダンスをこなす姿のギャップはたまりません!

カイくんはバレエを小学校4年生のときからやっていたそうなので、その経験もカイくんのダンスの美しさに繋がっているのでしょう。

”EXOといえばカイ”、”カイがいなければEXOではない!”とまで言われるほど、大きな存在感とオーラを放っていながら、普段はとてもクールでシャイな性格のカイくん。

家族の前でもクールで冷静な姿が多いことから、お姉さんに「ファンに愛想を振りまいているなんて信じられない」と言われることもあるそうですよ(笑)。

「SHINee」のテミンくんと、デビュー前からとても仲が良いという親友関係として知られていますね!

EXO「カイ」、突然の電撃入隊発表にファン大ショック

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿

5月3日、そんなEXOのメンバー「カイ」くんの電撃入隊が発表され話題になっています。

SMエンターテインメントは3日、ファンコミュニティーで「カイは今年予定されているEXOの活動再開に向けて準備していましたが、兵務庁の規定変更により5月11日に陸軍訓練所に入所して基礎軍事訓練を受けた後、社会服務要員(兵役代替服務制度の一つ)として代替服務することになりました」と発表しました。

静かに入所したいというカイくんの意思を尊重し、場所や時間は公開せず、当日のイベントも行わないとのこと。

これにより、EXO全員での活動は一定部分が制限される見通しとなりました。

SMは、EXOの活動に関しては内容がまとまり次第案内すると説明しています。

カイくんは3日に行ったインスタグラムのライブ配信で「たくさん準備したのに残念だ」と話し、言葉に詰まる様子で涙を見せる場面もあったことから、注目を集めていたんですよね。

EXOは、去る2月5日にベッキョンくんが除隊しており、4月には日本で約5年ぶりにファンクラブイベントを開催したばかり。

今年デビュー11周年を向けるEXOは、“完全体”でのカムバックに向けてアルバム準備中で、ファンもグループ活動を心待ちにしていました。

そんな中で、突然に発表されたカイくんの電撃入隊という衝撃的なニュースに、ファンもショックを隠し切れない様子を見せていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿

カイくんが入隊するにあたり、配属されることが明らかとなったのは「社会服務要員」。

この「社会服務要員」ですが、よく聞くこのシステムって一体どのようなものなのでしょうか?

カイくんが配属するという「社会服務要員」とは、兵役判定検査で「4級(補充役)」の判定を受けた人が現役兵の代替として公的機関で勤務する制度のこと。

区役所や福祉施設などに所属し、自宅から配属先まで通うことになる兵役制度のことなのだそうです。

韓国男性は「兵役判定検査」というものを受けるのですが、そこで兵役等級(1級~7級)が決定されるのだとか。

この兵役等級を具体的に見ると、「1級から3級までが現役兵」「4級が補充役」「5級が第二国民役」「6級は兵役免除」「7級は兵役判定検査の再診」となるとのこと。

カイくんが社会服務要員となったのは、足や腰のヘルニアなどの健康上の理由や、2018年に父親が亡くなった理由などが関わっているのではないかと言われています。

EXOの中でもダンサーとして活動する中でケガをすることも多く、2016年には音楽活動に参加できなかったこともあったんですよね。

また、カイくんの家族は母親と姉2人で、一家を支える大黒柱がカイくんということになることから、社会服務要員の理由になったのではないかとも言われているようです。

2023年2月5日にメンバーのベッキョンくんが除隊したことで、EXOは2019年以降初めて”完全体”の状態が可能になりました。

ファンからは、約5年ぶりとなる完全体でのカムバック活動が期待されていました。

カイくんの入隊が迫っていることはファンのあいだでも共通認識だったようですが、あまりにも突然の発表にファンたちもショックを隠せなかったようです。

そして、この戸惑いはカイくん本人にとっても同様だったようで、事務所からの発表と同日に行ったライブ配信では涙を浮かべるシーンも見られていました。

https://twitter.com/nunnaeri/status/1653747176592535552?s=20

3日、カイくんは自身のSNSを通じて生配信を行いました。

「いつもカーゴパンツや帽子は身につけないと言っていたけれど、軍隊に行くことになりました。もっと活動できていたら良かったけれど、時間が早すぎる」と、入隊の話をしたカイくん。

カイくんは11日に陸軍訓練所に入所し、基礎軍事訓練を受けてから社会服務要員として服務します。

当初、今年のカムバックが予定されていたものの、兵務庁の規定変更で入隊することになったそう。

入隊を知らせたライブのなかでカイくんは、

「今回も時間はすぐ過ぎると思う。僕はいいと思っている。ダンスを始めてから、8歳からずっとやってきたけど、いつの間にか歌手になって、歌手になるとダンスと歌が好きだけどファンに会うのがもっと好きになった」

「僕も今日知った。あまりにも突然だったからファンのことが心配だった。行く前に会えたらいいけれど」

「経験したことがないので、どう準備すればいいか分からず、準備したところで何が変わるのだろうか。とりあえず大丈夫だ。時間はすぐ過ぎるだろうし、僕もすぐ戻ってくる」

「頑張る。準備していたものが多くて残念だけど、帰ってきてまた見せればいい。僕はどこにも行かない。いつもここにいる。もう離れることもないだろう」

と、自身の心境を涙を交えながら明かしていました。

カムバックの準備もしていた中で突然の入隊決定・・・心の準備もまだ追いつかないでしょうし、カイくんの複雑な心境がとても伝わってきますよね。

今後もアイドルたちの電撃入隊が続く可能性はある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿

突然の電撃入隊に戸惑いを見せているカイくんとファンですが、これはどうやら事務所も同じだったようです。

というのも、事務所が発表したコメントの中に「最近兵務庁規定の変更で」という、気になる説明があったことが注目されていたんですよね。

韓国メディアでは、「兵務庁の規定について本庁と地方庁の解釈の相違があり、これを正す過程で今回の事態が起きたものと分析される」と伝えられているそう。

兵務庁とは、徴兵などの業務を行う役所のことで、現行の入営規定では計5回の延期申請が可能で、そのうち2回は芸能活動を含む「その他の理由」を使うことができるのだとか。

この「5回のうち2回だけ芸能活動で延期できる」という本庁規定は、法ではなく、あくまでも規定だったことから、運用は各地方兵務庁のもと多少柔軟に行われていたそうです。

そのため、業界関係者の大半はこれまで、芸能人の入営延期可能回数を「最大5回」と認識して活動計画を立ててきたそうなんですよね。

メディアによると、カイくんは3月13日に発売したソロアルバム『Rover』を通じて2回目の入営延期申請を行っており、最近3回目の申請をする予定だったと見られています。

所属事務所も「まだ延期申請ができる」と認識していたのですが、すでに芸能活動による延期を2回申請済みだったカイくんは、3回目の申請は却下とされてしまったのではないかと言われているそう。

この対応について、SMは「兵務庁規定の変更」と説明したと思われます。

そのような規定が急に厳しくなった理由について、ネットではこれまでに複数の芸能人による兵役免除議論が起きたのが理由になっていると言われているのだとか。

規定が厳しくなった結果、カイくんは予定していた活動を中断せざるを得ない状況となってしまい、突然の軍入隊を発表する事態となったのです。

SMエンターテインメントはこれまで、所属アーティストの軍入隊の発表を少なくとも1カ月前に告知してきていました。

しかし今回、カイくんの場合は入隊日直前での発表。

それだけに、カイくん自身もファンも、気持ちを整理する時間を十分に与えられぬまま、入隊日を迎えることとなってしまいました。

EXOのメンバーで次に入隊を迎えるのは、カイくんと同じ1994年生まれのマンネ「セフン」くん。

これでセフンくんも、いつ入隊が電撃発表されるのかわからないという状況になってしまいましたね。

また、この事態はEXOだけに留まらず、入隊が囁かれているK-POPアイドルにも影響を与えているよう。

ファンたちは、推しの入隊がいつ発表されるのか・・・と緊張の日々を過ごすことになり、突然の発表によるファンの「メンブン(メン崩/メンタル崩壊)」も懸念されているようです。

まとめ

今回はEXO「カイ」について、突然入隊が発表されたことやファンたちに与えた衝撃、今後も電撃入隊が続く可能性があることなどをまとめてご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・EXO カイが突然の入隊を電撃発表!

・規定が変わったことから突然の発表となった!

・カイはEXOでカムバ準備中だった!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)